ゼロ から トースター を 作っ て みた 結果。 「ゼロからトースターを作ってみた結果」を読んだ

「ゼロからトースターを作ってみた結果」は現代人全員が読むべき名著

そのブログは結構ウケたらしいのですが、 文章が圧倒的に面白い! すごく軽いテンポで読めるし、間に挟む欧米っぽいジョークの数々もたまりません。 難しい言い方をすれば、本書には現代世界の批評的な意味がある。 例えば何気ないスタンドライト一つにしたって 勿論家のトースターにしろ 作ろうと思ったらとてつもなく大変だし一人では満足のいくものは作れないと思う。 空気を圧縮・膨張させて熱交換を行って冷却と加熱を行う、というのは、学校で物理学の授業を受けた人の多くは知っている知識です。

もっと

ゼロからトースターを作ってみた結果 新潮文庫 : トーマス トウェイツ

」-ダグラス アダムス『ほとんど無害』 少し前、21世紀になるまでは、車も家電も壊れたらまずは自分たちで直す、又は故障原因を特定するのが当たり前だった。 94ポンド(約500円)の製品を完全に再現することを目指してみよう。 手に触れることができて、臭いを嗅ぐことができて、時には痛みを与えるように実在感を増す。 そこで作者は3つのルールを決めた。 鉱山に行って鉄鉱石を採取し、溶鉱炉を自作して、個人的に製鉄をやってしまいます。 鉄鉱石を 取りに行き、文献を調べて道具を工夫し産業革命以前の溶鉱炉を自宅 の裏庭に再現して鉄を取り出そうとする。

もっと

『ゼロからトースターを作ってみた結果』を読んでみた結果

。 タイトルからしてあたりの企画のようだが、まさにそのような企画であって、そのような企画のようにおもしろい本である。 密閉のためにフタの内側についているゴムはどこから来たのか。 それまでのイメージでは、なんだかもっとどんよりとした空気感を想像したいましたが、現地では「貧しさ」の印象とは違うものを抱きました。

もっと

トースターをめぐる冒険〜トーマス・トウェイツ『ゼロからトースターを作ってみた結果』

必要と不必要の境目くらいの物(あったら便利くらいのもの)• 時間にして9カ月、移動距離にして3060キロ、金額にして1187.54ポンド(約15万円)をかけ、地中から原材料を掘り出すところから、加工・組み立てまで、全部自分の力でトースターを作る過程を紹介する。

もっと

ゼロからトースターを作ってみた結果

欲しいのはトースターであって、誰がどうやって作ったかには関心を持たないし、朝食に美味しい食パンが食べられるならそれでいいと思っている。

もっと

ゼロからトースターを作ってみた結果|So Komie|note

いや、廃棄プラスチックは「原材料」とはいえないと考える人もいるだろうことは分かっている。 どこかの工場の誰かが作ったトースターを購入して使うだけ(たぶん作ったのは中国人の陳さんと楊さんほか数十名だろう)。

もっと