進撃 の 巨人 124 話 ネタバレ。 【ネタバレ】進撃の巨人 126話『矜持』 あらすじと感想

最新ネタバレ『進撃の巨人』127

ファルコが「で、お前さっきから何してんだ?」と聞くと、ガビは「これ?いいでしょ」とダイナマイトの束を見せていく。 青ざめて怯える少年を見たリヴァイは、サシャの弟だと言って少年を助けようとします。

もっと

【進撃の巨人】117話ネタバレ!エレンが戦鎚の能力でライナーと戦う

アルミンは硬化したアニにずっと語りかけてきましたが、これは超大型巨人を引き継いだ後から始まったようです。 そして例えエレンがジークを裏切っていても、イェーガー派が脊髄液でこの島を支配するなら、私達は一生この島ではお尋ね者だと呟きます。

もっと

【ネタバレ】進撃の巨人 125話『夕焼け』 あらすじと感想

じゃあエレンを止めるかと話すジャン。 アルミンは、その子を殺すとなれば、ライナーや車力の巨人と新たな争いを生むことになると言いますが、コニーは自分の母はどうでもいいってことかと胸ぐらを掴みます。 おそらくこれから超ダークな展開になる(気がする)ので、その前にモグモグゴォクンのようなものをもっと見たい、というのが僕の意見。 しかしそんなエレンの思いを受けたメンバーもやはりそう簡単ではなく、 ファルコをどうするかで揉めてしまう事に。 ハンジとリヴァイ、マーレと共闘 逃亡したハンジのその後 前回、ハンジとリヴァイが生存していることが判明しましたが、場面はハンジがリヴァイを連れて逃亡した後、ハンジは木の陰から追っ手を狙撃しています。 ライナーはアルミン達に戦わなくていい…と言い、ただし何も手出しするなと付け加えます。 ジーク 「すべての「道」が交わる座標・・・だと思う」 「おそらく始祖を継承した王家はここに来たんだろう」 「始祖の力を行使する際に」 エレン 「・・・兄さん」 ジーク 「待ちくたびれたぞ・・・エレン」 「お前が回復し目を覚ますまで、何年もここに座っていたような気がする」 エレン 「何年も・・・経った・・・のか?」 ジーク 「・・・よくわからないが、ここでの全ては一瞬の出来事だ」 「お前の首はガビに吹っ飛ばされたが・・・お前が完全に事切れる前に俺と接触を果たした・・・成功したんだよ・・・」 「俺達は・・・始祖の力を手に入れた・・・」 エレンは自分達以外に人がいることに気づきます。

もっと

【進撃の巨人】91話のネタバレ【スラバ要塞の戦いに顎の巨人が登場】|サブかる

また、イェレナとオニャンポコンの罪状を読み上げ、今にも処刑しようとしています。 首の鎖は地面と繋がっているため身動きができないジーク。 そこから始まった座標の世界では、ユミルの経歴やグリシャの記憶など様々な角度から新事実?が明かされましたが、結局エレンが 始祖の巨人の力を掌握する展開となりました。 母親の浮気相手がエルディア人でその二人の間に生まれた事、生まれて間もない時に親に捨てられた事、自分と似たような理由で収容所に入った男に引き取られた事、その男にマーレの戦士として鍛え上げられた事などです。 スポンサーリンク ジャン激昂 ライナーはマルコが何故食われているのだろう、そしてよくもマルコを…と、その巨人を殺した。

もっと

【ネタバレ】進撃の巨人 126話『矜持』 あらすじと感想

冷静に見守るミカサと、少し焦っているようにも見えるアルミン。 オニャンポコンが反論しようと後ろを向いた瞬間、後ろにいたジャンは手元が狂ったのか二人を撃ち損ねてしまいます。

もっと