平素 より 格別 の ご 高配 を 賜り 厚く 御礼 申し上げ ます。 お勧め文例集

「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

「平素より」の部分を「いつも」に変えるとカジュアルな要素が強まります。 (本文) 敬具」 ビジネス文書や手紙ではほんとうに「ご高配」をよく使います。 例文「お心遣いをいただき大変恐縮でございます」 ビジネスメールの場合、シンプルなフレーズではなくよりかしこまった表現を使うと好感度UP。 前文として「貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」などの安否の挨拶や「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」など感謝の挨拶を書いた時には、主文の後の末文で「結びの挨拶」を入れます。

もっと

個別学習のセルモ

ただ、かしこまった文書で、普段からメールをやり取りする取引先や社内では、相手に違和感を与えてしまいます。 最期に「結びの言葉」など「末文」で締め括ります。 また、こういった敬語表現については緩急をつけて使ってこそ効果を発揮するものです。 そして文頭に入れる「頭語」も前文の大切な要素です。 厚く御礼申し上げますは単に「ありがとう」と言うよりも強い感謝の意味を示しています。

もっと

メールや手紙で用いる「ご高配を賜り」の意味とは? 使い方や類語表現を解説【ビジネス用語】

平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」• 新規開校情報• このたびは、告知内容の件でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。 「いつもありがとうございます」という表現よりもフォーマルな響きがあります。 賜りたく(いただきたく)はお願いの中でも 自分の勝手な都合をどうにかしてくれという気持ちが入っているので、それを一言詫びる文章を入れて使った方がいいでしょう。

もっと

個別学習のセルモ

ビジネス文書で「平素は」を使用するのは、大切な内容や特別に丁寧にしたい場合に限定して普段のやり取りは、普段のやり取りは、「いつもお世話になっています」くらいのもっとフランクな書き出しの方がいいでしょう。 」などの感謝の挨拶は、「お詫び」の手紙の場合は不要です。 そのため「平素は格別のご高配を賜り」という表現は「いつも特段素晴らしい指導とサポートをいただき」という内容を意味します。 3月に使われる時候の挨拶は他にも多くありますが、実際の気候とちぐはぐにならないように注意して使います。 例文「いつもお世話になり、誠にありがとうございます」• 「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 「ご高配を賜り」は、広い意味での感謝を述べる際に使うことのできる便利な言葉ですが、主に書き言葉で使用するものです。

もっと

挨拶文/手紙/年賀状での「厚く御礼申し上げます」の使い方と例文

「ご愛顧を賜り、お礼申し上げます」 意味「お世話になりありがとう」• これらの時候の挨拶の後に、安否の挨拶、そして「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」と感謝の挨拶がつづきます。 お礼(を)申し上げます = ありがとう これらの単語を合体させて意味を考えます。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 6-1.お心遣い 「」の意味は「配慮、祝儀(お金)」という意味で、以下のようなシーンで使います。

もっと