袖 振り 合う も 多 生 の 縁。 誤字等の館:袖触れ合うも多少の縁

袖振り合うも多生の縁

そして 式の後はジャルジェ家の庭で お披露目のパーティーを開いた。 ひとつ特別なものとしては、「 袖触り合う」という表記があります。 仏教とは無関係な「一般の会話」に登場するような言葉とはとても言えませんから、知られていないのも無理はありません。 これは、仏教の考え方をベースにしており、「多生」とは何度も生まれ変わることを表し、「多生の縁」は前世で結ばれた縁のことです。

もっと

「袖振り合うも多生(たしょう)の縁」 : 日本語、どうでしょう?

量が多いの意。 重要なのは、後半が「 多生」になっていること。 「縁もゆかりも無い人」「縁もゆかりも無い場所」などと言い、無意識に、前世からの因縁さえないという意味をふまえて使っていることがあるかもしれません。 ……という解釈で納得している方、ご注意を。 前世・現世・来世の結縁 現世の過去・現在・未来の因果 目の前の出来事と繋がるそうしたものを思い出させてくれる言葉です。

もっと

「袖振り合うも多生の縁」とは?意味や使い方をご紹介

ビジネスの場面においては、初対面の人とのコミュニケーションを図る糸口として使うこともできます。 《成語林》 改めてこの語を辞書で引いて、ちょっとビックリしました。 こんな遠くの国に生まれた女性が ヨーロッパで結婚して その孫が再びこの国を助けに来るなんて」 「おいおい 助けるだなんて 大げさな。 「すり合う」は「擦り合う」または「摺り合う」とも書き、触れ合う、すれ違うという意味で、「振り合う」と同じ意味である。 例えばセミナーなどで一緒になった初対面の人に対して、「袖振り合うも多生の縁と言いますから、ここでお会いしたのも偶然ではないかもしれませんね」などと言ったり、「袖振り合うも多生の縁ですから、今後ともよろしくお願いします」と挨拶することができます。 しばらく考えてから答えると、センセイは眉をしかめながら首を横に振った。 その由来をふまえた上で、正しい漢字の書き方について解説してゆきます。

もっと

「袖振り合うも多生の縁」とは?意味や使い方を解説!

仏教の教えを特に意識しなくとも、人と人は見えない縁で結ばれているという考え方を、自然に日本人は持っているのではないでしょうか。 日本人とは、かくも「別の言葉との取り違え」に弱いのでしょうか。

もっと

袖すり合うも他生の縁とは

つまり、生まれ変わる前の前世からのめぐり合わせでここにふれあったのであり、偶然ではない、ということを「袖振り合うも多生の縁」は表しています。 (袖の振り合わせも他生の縁) 【出典】 - 【注意】 「袖振り合うも多少の縁」と書くのは誤り。 この部分には特に深い意味はないのですが、「多生の縁」の部分を支えるのが仏教の教えです。 「 多少」が間違いであることを知っていても、この「 他生」が正解だと思っている人は非常に多いです。 [実例]• わたしは少しばかり大きな声をあげた。

もっと

【袖振り合うも多生の縁】(そでふりあうも たしょうのえん)

合は,人の下に一がついた文字+口の会意文字。 まとめ 「袖振り合うも多生の縁」は仏教の教えに由来することわざです。 中にはヒドイのもある。 道で人とすれ違い、袖が触れ合うようなことでも、それは多かれ少なかれ「縁」である。 かたぎは相手にせんのや。 「振り合う」と「触れ合う」が同じ意味だとすると それは「振る」という動詞にもともと「触れる」という意味があるという事なのか それとも、「振り合う」とは現代語でいえば「揺らしあう」という意味だが 互いの袖を揺らし合っているというのは即ち袖同士に接触があったと考えられ 結果的に「触れ合う」と同じ意味になるということなのか それとも、そもそも「振り合う」は「触れ合う」とは別の意味をあらわすのか。

もっと