スカイライン 370gt。 日産 スカイライン 3.7 370GT タイプSP 55thリミテッドの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

スカイライン 370GT タイプP(日産)の中古車

また、スポーツフロントバンパーとスポーツサイドシルスポイラーを全車に標準装備。 5Lエンジンを搭載。 今回発売する70周年記念特別仕様車第2弾「70th-II」では、車内における空気・臭い・日差しに対するお客様の不満をクルマの中の環境問題ととらえ、それらを解決する新装備「室内環境パッケージ」を共通特別装備として採用した。

もっと

スカイライン 370GT タイプSP(日産)の中古車

前席下が狭く、足をあまり前に出せないのがやや難点。 FR・2L搭載車はGTのみの設定。 さらに、セダン250GTと、クーペ370GTをベースに装備を厳選した廉価モデル「Aパッケージ」を設定。 セダンのラインアップは、ハイブリッドシステムを搭載した「350GT ハイブリッド」、「350GT FOUR ハイブリッド」、それぞれに「タイプP」、「タイプSP」、高出力・低燃費・軽量なターボチャージャー付ガソリンエンジン搭載の「200GT-t」、LDP(車線逸脱防止支援システム)、LDW(車線逸脱警報)装備の「200GT-t タイプP」、スポーツフロントバンパー装備の「200GT-t タイプSP」を設定。 角度調整機構付きリヤスポイラーやオプションで用意されるカーボン製アンダーパネルなど、エアロチューンも高レベルで行われる。 組み合わされるミッションはゲトラグ製の6MTのみ。 3列シート• 5L DOHC(RB25DE)搭載GTS25タイプXをベースとする装備充実モデル。

もっと

スカイライン 370GT タイプSPの中古車を探すなら【グーネット中古車】|日産の中古車情報

世界初の先進運転支援技術「プロパイロット 2. プレミアムグレードには、高機能シートとなるコンフォートパッケージやスカイラインスーパーサウンドシステムなど標準セットする。 ATについては当初、から採用されたものとほぼ同一の製 JR507E型マニュアルモード付フルレンジ電子制御5速ATが採用されていた が、2008年12月の一部改良により、先にに採用されていた同じくジヤトコ製 のマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATに変更された。 スポーティな2ドアクーペに一層磨きのかかった迫力ある1755mmのワイドボディは、5速ミッションを介して、電子制御トルクスプリット4WD(アテーサE-TS)方式をとる。 中古車市場には歴代のスカイラインが掲載されているが、スカイラインはセダンやクーペなど車の形も時代によって変化しているため、現在は販売されていないレアなスカイラインも中古車であれば手に入れることができる。 普段ハンガーを積んでおくよりスマートで、コレが結構使えそう。 インテリアは運転席にドライビングに集中できる高い機能性と高揚感を、助手席と後席にはゆとりの空間と上質な快適さをそれぞれ提供。

もっと

スカイライン 370GT タイプP(日産)の中古車

駆動方式はFRを基本に、トルクスプリット4WDのアテーサE-TSも用意。 ボディカラーには、全グレードに「オーロラフレアブルーパール(2P)」を追加し、合計9色用意。 常にその時代の最先端の技術を採用し、進化し続けてきた。 スカイライン(SKYLINE)は日産自動車により製造・販売されている乗用車であり、日産車の中で最も長い歴史を持つ車種である。 セダン3. ミディアムクラスの輸入SUVを検討している人は、あるいはセダンじゃ落ち着き過ぎだけどクーペはちょっと……というスカイライン党の方も、目を向けてみる価値はありそうだ。 内装に関してもターボ車と同じブルーイッシュグレー・ダブルブリスター仕様を採用している。

もっと

日産スカイライン 370GT タイプSP (FR/7AT)【ブリーフテスト】 日産スカイライン 370GT タイプSP (FR/7AT)

バランスは上々と言える。 5リッターエンジンがバルブ作動角・リフト量連続可変システム(VVEL)を備えた3. 5L車はCVT-M8搭載の「350GT-8」と6速MTが選べる「350GTプレミアム」、2. V35型スカイラインは、ボディタイプは、全幅1750mmの3ナンバー4ドアセダンと、1815mmとよりワイドボディとする2ドアクーペの2タイプ。

もっと