ドイツ ゲーム 大賞。 2020年ドイツ年間ボードゲーム大賞ノミネート作品の紹介とレビュー

ドイツゲーム大賞

プレイしてみたら感想を追記したいと思います。 ボードゲームの映画祭みたいなもので、受賞作品とノミネート作品を見る限り、面白さや手軽なボードゲームも、多数選出されている点から、アメリカのアカデミー賞が近そうだといえます。 Magic school• ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)とは ドイツ年間ゲーム大賞とは ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres,SDJ)は、 ドイツで選定されるアナログボードゲームの賞であり、1979年から始まりました。 でも、もし自分でこのボードゲームを思いついて形にできていたら、もしかしたら日本ボードゲーム初のSDJになっていたかもしれません。 なんとなく「ウノ」をイメージしてもらえれば分かりやすいでしょうか。 同じ場所に止まったら相手を振り出しに戻せる。 この賞の存在によって、ドイツの玩具業界は質の高いボードゲームをつくることに力を入れ、「ドイツボードゲーム」という独自のジャンルを発展させた。

もっと

ドイツゲーム大賞

ただ、あまり期待しすぎると反動が酷いので、心を無にしてからプレイしてみたいですね 笑 Youtubeのプレイ動画を見てみましたが、パーティゲーム要素が強いはずなのに、思ったより盛り上がりに欠けそうかなという印象も受けました。 日本のみならず世界中が注目している大賞作品を受賞するのはどれになるでしょうか? ほぼ、すべての作品が日本語化されて出るようなので、発売されたら順次遊んでいきたいと思います。 でも実際には「ドイツゲーム」のことを指しています。

もっと

【ドイツ年間ゲーム大賞2019】ノミネート作品一覧|『Just One』『L.A.M.A』『Werewords』など3部門9作品!

国内最大のボードゲーム情報サイト「Table Games in the World」を運営。

もっと

ドイツ年間ゲーム大賞 Spiel des Jahres 受賞作品リスト

最近は対戦系のゲームばかりやっていたので、協力系のゲームもたまには良いかなと。

もっと