Ntt ドコモ 会社 概要。 ドコモ完全子会社化を巡る懸念、総務省の「検討会議」で議論へ

NTTグループ

電気通信事業• 大谷和子……株式会社日本総合研究所 執行役員 法務部長 (主査)• 約2時間後の17時58分に復旧した。

もっと

ドコモを子会社化するNTTがGAFAに肩を並べる条件とは

NTTビジネスアソシエグループ• 11月4日 - 「FOMA」サービスが 3000万契約突破。 ドコモは2007年5月より「 」という旗印で顧客獲得を狙ったが、2007年8月度に、創業以来2度目の純減 -22,900 となった。 9月1日 - 「サービス」に対し「」サービスが適用。 教育研修の企画・実施及び教育支援システムの企画・開発・販売・運営• 6月1日 - 「」を開始。 各種イベントの企画、運営、立案及び制作に関する業務• 例えばドコモが1ユーザー当たり月1千円を値下げすると、年間5千億円近い収益が吹き飛ぶ。 」を設立。 ドコモショップと同様に、NTTドコモと契約した運営会社が運営しており、地域毎に呼び名が異なる。

もっと

ドコモ完全子会社化を巡る懸念、総務省の「検討会議」で議論へ

また、政府によるものとして、移動体業務の分社化がなされた。 )は、のサービスを提供する、日本最大の MNO である。 顧客の顔が見えてない企業にGAFAのようなイノベーションが起こせるとはとても思えないのだ。 7月1日 - iモードサービス「」を開始。 (平成8年)• 前各号に付帯関連する一切の業務 役員 代表取締役社長 鳥越 隆 取締役 西田 文比古 取締役 小林 宏幸 取締役 根岸 卓也 取締役 前川 祐賀子 取締役 玉地 明 取締役 両川 英樹 取締役(非常勤) 山本 恭子 取締役(非常勤) 池田 佳隆 監査役(非常勤) 荻原 健 監査役(非常勤) 炭谷 正樹 監査役(非常勤) 鈴木 康一 主な取引先 官公庁• iモード全盛時代はドコモとしての方向性がしっかりとしており、新サービスや新端末を投入し、世間からも注目される企業であった。 6月30日 - 「」サービスを終了。 10月1日 - サービス「mopera」を開始。

もっと

世界市場で崖っぷちのNTT、ドコモ完全子会社化は“生き残る最後のチャンス”

その他 番組 時間 備考 30秒 以前のシリーズでスポンサーについていたかは不明。 11月19日 - ユーザーエージェント型サービス「」が開始。 また、2008年6月にはiモード基本料金を他社と横並びの月額315円に改定した。 使用されているサーバーはUNIX系、そしてWindowsサーバであるが、 使用割合(台数)は後者の方が多い [ ]。 リアカバー(各携帯電話端末によって異なる)• 2011年冬モデル以降は「Xi」対応の音声通信端末が発売された。

もっと

NTTグループ

28社が提出した意見書の概要 武田良太総務大臣は11月20日の会見で、「NTTドコモの完全子会社化を目的とした株式公開買い付けが成立した。 4月1日 - 「パケ・ホーダイダブル」利用によるPC接続等のパケット料金が定額へ変更。 2009年度末における、日本電信電話株式会社(持株会社)の会社案内記載の連結子会社として536社となっている。 2月 - 携帯電話・自動車電話サービス契約数 100万突破。 NTTがNTTドコモを完全子会社することが9月29日に決定した。

もっと