アサヒ バイオ サイクル。 アサヒバイオサイクル、「ビール酵母細胞壁」由来の農業資材の効果を確認

お知らせ|アサヒカルピスウェルネス株式会社

詳しくはよりお問い合わせください。 卵で例えるなら、白身と黄身が酵母エキスで殻が酵母細胞壁という感じです。

もっと

岐阜県での水田転作事業に「ビール酵母細胞壁」由来の農業資材(肥料原料)を活用|アサヒグループホールディングス株式会社のプレスリリース

同時に、海外展開も進める考えだ。 ビール酵母の細胞壁を高温高圧で適度な大きさに分解することで還元力が付与されたためです。 抗生物質に頼らず動物の腸内環境を整え、飼料効率を高めることで、世界的にニーズの高まる安全・安心で美味しい畜産品の生産に貢献していきます。

もっと

肥料になる? ビール酵母の驚くべき効果

アサヒグループの独自技術であり、ビール製造工程で発生する副産物「ビール酵母細胞壁」由来の農業資材(肥料)を、2018年から順次、北海道・山梨県・山形県のぶどう栽培に活用している。 ESGへの取り組みに関しては「アサヒグループCSR基本方針」に基づき、テーマを「社会的価値の創造」、「社会からの期待への対応」、「企業としての土台」の3つの要素に分類して整理しています。 ビール酵母細胞壁の成分が植物病原菌の成分と似ていることから、植物は病気に感染したと勘違いしてしまう。 ボールを曲げたり止めたりと、プレーヤーが思うように扱いやすく、技術力を発揮できる」と話す。 このように、ビールの発酵過程が終わればビール醸造におけるビール酵母の役割は終わりますが、発酵後の栄養たっぷりのビール酵母をは様々な用途にに有効活用されています。 そこで、アサヒグループホールディングス株式会社と農研機構中央農業研究センターは、上述の農業資材を利用することが、農業の生産性向上とライフサイクルでの温室効果ガス排出量削減にどの程度の貢献をするかを明らかにするため、LCA(ライフサイクルアセスメント)をベースとした評価の枠組みを新たに開発し、本農業資材を用いた稲作の総合的な評価を行う事としました。 温室効果ガスの排出削減等への貢献 アサヒグループホールディングス株式会社では、これまでもビール醸造から発生する酵母の細胞壁を応用した農業資材 肥料 を開発し、これが作物の生産を飛躍的に向上することを確認してきました。

もっと

肥料になる? ビール酵母の驚くべき効果

アニマルニュートリション事業(飼料事業)のグローバルな販路を活用した海外展開も検討していきます。 ビール酵母の今後に注目! ビール発酵という本来の役目を終えたあとのビール酵母に、農作物の収穫量増加や品質向上という素晴らしい効果が期待できるなんておどろきです。 ビール酵母には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸と健康に良い成分が豊富に含まれています。 各商品や技術の紹介に加え、商品を活用したCSV活動を掲載するなど、グローバルに展開する事業を発信するプラットフォームとして活用していきます。 今、国内のゴルフ場でアサヒグループホールディングスが手掛けるある製品が人気を集めている。

もっと

肥料になる? ビール酵母の驚くべき効果

環境保全型農業の構築や温室効果ガスの排出量削減に貢献するのが狙い。 効果はそれだけではない。 アサヒバイオサイクル株式会社(本社 東京、社長 千林紀子)は、いび川農業協同組合(所在 岐阜県揖斐郡)、有限会社サポートいび(所在 岐阜県揖斐郡)、バイオシード・テクノロジーズ株式会社(本社 東京)と岐阜県揖斐郡池田町の水田跡地(約9. 「酵母エキス」はビール酵母の栄養分や旨味成分を抽出したもので、消化機能を助ける酵母の働きを利用したサプリメントや、アミノ酸が持つ旨味やコクを利用した調味料など、様々な方法で活用されています。 アサヒバイオサイクル㈱は、アサヒカルピスウェルネス社の一部と現在のアサヒバイオサイクル社を統合し、新たな体制となります。 ビール酵母で生育向上につなげる ビール酵母による発根促進効果 赤枠が『セルエナジー』を使用している。 北川:いやいや(笑)。 また、アサヒグループとしてもESG(環境・社会・ガバナンス)の取り組みを強化しており、農業資材を活用することで循環型社会構築に貢献できるということから新規事業の立ち上げに至った」 --ビール酵母細胞壁の効果は 「食品由来のため安全なうえ、植物の根の成長を促進させる。

もっと

肥料になる? ビール酵母の驚くべき効果

多くの皆さんが大好きに違いないアサヒビール。 同社はアサヒグループホールディングス(HD)の全額出資子会社で、ビール醸造の副産物「ビール酵母細胞壁」を有効活用するために3月に設立した。 ビール酵母細胞壁は、既に家畜の飼料として有効利用してきたが、より付加価値の高い用途を模索していた。

もっと