元 寇 鎌倉 武士。 「赤坂・鳥飼」元寇文永の役、博多を巡る鎌倉武士団の戦い現地レポート

【悲報】鎌倉武士団、モンゴルより鬼畜だった

ちなみに1度目の侵略を 文永の役、2度目の侵略を 弘安の役といいます。 各御家人で準備です。 実際には、鍛え抜かれた「武士」「御家人」たちの活躍によって、「元」の軍団は撃退されたのです。 それどころか元軍は、この2度目の襲来では日本へまともに上陸することもできなかったのだ。

もっと

元寇で怖いのは神風でも、火薬でもなく鎌倉武士団

元寇の戦では、日本の侍が元軍よりも圧倒的に士気が高く、強かったはずです。 最大である2000人の兵が上陸するとなると当時の記録から1隻当たりの兵員輸送能力からみて17隻の戦艦が必要になり、戦艦がそれぞれ1艘牽引している上陸用舟艇「抜都魯」計17艘で浜へ向かって上陸開始。

もっと

元寇よりも鎌倉武士がヤバい|しんたろーたりー【#ろりラジ】|note

同じ日本人を盾にされては、鎌倉武士たちは攻撃できないだろうと考えたのでした。 災害続きの中、1221年に後鳥羽上皇が西国の武士と共に鎌倉幕府の討伐を試みたのが承久の乱です。 1331年6月、後醍醐天皇が鎌倉幕府を打倒する元弘の乱を起こしました。 なので上陸した部隊はほぼ壊滅状態、僅かな一部の兵が命からがら上陸地点である百道原へ逃れ、そこから母船へと帰り着いたというのが実情じゃなかったでしょうか。

もっと

「赤坂・鳥飼」元寇文永の役、博多を巡る鎌倉武士団の戦い現地レポート

1234年、金がモンゴル帝国に滅ぼされると、南宋がモンゴル帝国の脅威にさらされる事態に。 日本軍は、元軍の約半数の兵力にも関わらず勝利を収めた。 何これ。 出航から数えれば元軍は3ヶ月も海上で過ごしていたことになる。 この「文永の役」から帰還した元軍の総司令官「クドゥン」という将軍は、捕虜「200名」の男女を、高麗王に贈呈しています。

もっと

【朗報】元寇の鎌倉武士、言うほどキ◯ガイではなかった

時宗はその魂胆を見抜いていたのかもしれない。 現在の西陣と藤崎の北方にある海岸線と思われ、ここには元寇防塁が残っているために当時の海岸線がとても分かりやすくなっています。 元の軍隊は、東路軍の船900艘と江南軍の船3500艘、計4400艘の大軍でしたが、前者は高麗、後者は宋の兵士が多く戦意はさほど高くなかったようです。 そして運命の1274年1月、元の皇帝フビライは日本侵攻の命令を出し、元・高麗(朝鮮)連合軍が出陣。 先遣隊である東路軍は防塁に阻まれ、博多湾からの上陸を諦めざるをえなかった。 鎌倉武士団は騎兵である武士を中心とした小集団が集まり、大集団による集団戦で戦うのが一般的でした。

もっと