Ana 破綻。 王道歩んだANAの大誤算

航空会社の破綻とマイル

最近は、経営がヤバ谷園になってくると、副業OKになってくる感じですねぇ。 トンネルを脱するまで航空業界はどこも苦しいでしょうが何とか耐えて、 また、空に羽ばたいて欲しいですね。

もっと

コロナショックでANA破綻寸前!?でも、富裕層は資産大幅増。

一方、そうではないホワイトカラーが膨大に存在している。 このような状況では、航空業界各社の業績が回復するはずはありませんので、に有効なワクチンが開発され、一般に流通するまでは、以前のような利益を出すことは非常に難しいでしょう。

もっと

コロナショックでANA破綻寸前!?でも、富裕層は資産大幅増。

2013年度には同様の条件で希望退職を募り40人が応じたが、今回の募集人員の規模に定めはない。 4倍ほどあります。

もっと

“9割減便”のJALとANA「どっちが危ない?」「現金が底をつくまであと何カ月?」

なお未定であった配当は予想通りに無配となりました。 他の日本企業もそうだが、現場に厳しく、出向しなさいと言っている本社部門やセールス部門、あるいは関連会社、役員、ここにもメスを入れられるかどうかだと思う。 3月期より更に需要が下落し国内国際旅客は約9割減、国際貨物も約6割減と非常に厳しいで状態です。

もっと

【コロナショック】どうなる全日空(9202)今後の株価、業績、倒産確率を予想

ですが。 ANAが2019年に導入した世界最大の旅客機・A380は、戦略が裏目に出た象徴となった(撮影:梅谷秀司) コロナ危機の到来前、大手2社の経営は順風満帆だった。 いくら飛行機を飛ばさず、CAさんを休業にしても、 飛行機の整備費用や 賃借料、 一般社員の人件費等、 固定費は掛かり続けます。 ある意味例外かも知れません。 加えて、2社とも我が国を代表する航空会社であり、かつてJALも国に救済してもらったことから、当たり前ですがそう簡単には潰れない(国が潰させない)でしょう。

もっと

【コロナショック】どうなる全日空(9202)今後の株価、業績、倒産確率を予想

また、逆にものすごい勢いで経営を拡大している会社では、黒字でも現金の調達が間に合わずに経営が苦しくなることもあります。 拡大路線だったANAと堅実なJAL 一言でいうと、 JALは経営破綻後は堅実に再建をしてきた一方、ANAは好景気やインバウンド客の盛り上がりを背景にイケイケドンドンで規模を拡大させてきました。 そのシナリオは、2021年3月期の国際旅客収入を前期比10~20%程度、国内旅客収入は前期比55~65%程度とし、それを合算すると前期比35~45%程度にとどまります。 長距離国際線で使用している大型機35機を削減するなど構造改革も併せて発表され、抜本的な改革が不可避となっています。 詳細は後述しますが、 1Qの売上や利益は史上最低最悪の水準であり、仮にそれが年度末まで続いたとしてもなお現金が尽きる状況は回避できます。 しかし、航空路・マイレージサービスとも、子会社であるスイスのクロスエアーが引き継ぎ、「スイス・インターナショナルエアラインズ」として引継ぎました。

もっと

JAL,ANA実質破綻で日本独特のエアライン文化は完全終了するだろう

つまり、Covid-19のパンデミックが収まったとして、パンデミック以前の状態に戻るものと、戻らないものがあると考えられるのです。 政府との交渉窓口となる定期航空協会(平子裕志会長=ANA社長)は主力メンバーのANAHDとJALと協議し、政府保証での無担保融資の要請を決めた。 ソフトバンク、メルカリ、リクルートホールディングス、新生銀行、日本オラクル、富士通、コニカミノルタ、日産自動車、丸紅、エイチ・アイ・エス、カゴメなどなど。 せっせと働かなくても、寝てたらいつの間にか資産が増えてしまうという人たちが、ごく僅かいるんですねぇ。 ANAの場合、上記表からわかる通り 既に有利子負債が多く、自己資本比率も低いです。 ANAグループの絶望を深めたのは、そんな分かり切った決算数値ではない。

もっと