甲斐 メシ。 #甲斐メシ プロジェクト

「辺境メシ」: 甲斐毅彦記者の「多事放論」

遅ればせながら、金豚亭も10日から参加させていただいております。 信玄豚や信玄鳥などでだしをとっているというこだわり様です。 同じようにコロナの影響をもろに受けているホテルや旅館業の方々も取り組みやすい企画だと思います。 問い合わせは山梨放送ラジオ編成業務部、電話055(231)3249。 偽サイトは、弊社とは関係なく、許可なく記事や写真を転載しています。

もっと

丸の内「りょうり屋 恩の時」さんの金のらうめん(甲府まちメシブログ vol.7)

山梨の食材を一皿でまんべんなく楽しめる一品。 今後は減席・時短営業を続けながら、県をはじめとする行政機関の指針を遵守しながらイートイン営業にも力を入れていきたいと思っています。 。 オススメメニューを聞きました。 事務所のサイトでは「11月17日、当社所属アーティストである甲斐翔真が新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたことをご報告いたします」として、「出演中の舞台共演者の新型コロナウイルス感染報告を受け、PCR検査を受検したところ、11月17日に甲斐自身も陽性であると判断されました」と説明。 オススメは新メニューの甲州牛のハヤシライス。

もっと

甲斐メシ食エストへ参加 ! コロナとの共生を考えるいい機会に

一人でも多くの皆さまに韓国料理の美味しさを知っていただきたいと思っています。 偽サイトは画面では判断できません。

もっと

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール: 食べて支援次はお店で 「#甲斐メシ」第2弾

参考: 余談ですが、今回の企画名クエスト(食エスト)には、「探索」「遠征」といった意味がありますよね。 今後とも金豚亭をよろしくお願いいたします。 同じように食べるのが無理であっても、この本を読めば、「食」の可動域を広げてみようという勇気が湧いてくること請け合いです。 山梨日日新聞と山梨放送、アドブレーン社は7月1日から、新型コロナウイルスの影響で消費が落ち込んでいる県内の飲食店を支援する企画「#甲斐メシプロジェクト」の第2弾をスタートする。

もっと