サプライ チェーン コロナ。 アフターコロナに求められるサプライチェーンの維持とBCP対策

サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金について採択スケジュールの変更をお知らせします (METI/経済産業省)

マクロで見れば、海外の輸入に頼ることは、チェーンの数もリードタイムも長くなってしまいますから、1-2年先の需要を読み、在庫の振動を収束させることは簡単なことではありません。 コロナ危機後、これらの議論が盛んになった印象だ。 特に、自動車のような数万点の部品が必要となる製品などにおいては、たった1つ部品が届かないだけで製品が完成できず出荷がすることができない、という状況に陥ってしまいました。

もっと

第1節 新型コロナウイルスの感染拡大とサプライチェーンのリスク:生産体制、物流、人の移動:通商白書2020年版(METI/経済産業省)

具体的には、配送のための特殊な箱を用意し、ドライアイスで温度を下げる。 以上の様に、多くの大企業や中堅企業は対策を取っていますが、その対策は、それでも限られていることが多く、また大きなコストも掛かります。 他方、メキシコにおいては、中国からの自動車部品の輸入が中国向けの自動車部品の輸出よりも大きくなり、2010年から2019年の間に中国からの自動車部品の輸入が4倍以上に大きく拡大した。 また、収穫期の期限などの問題に対しても、もし地域内や業界内で融通が利けば、事業者と実習生のそれぞれにメリットを出せるでしょう。 そのサプライチェーンの寸断や需要の減少により、日本では生産活動の停滞が見られている。

もっと

コロナ禍について考える「食のサプライチェーンへの影響」 News & Topics|チェンジ・エージェント

関連リンク• いずれにしても、当然のことながら産業によってサプライチェーンに与える影響などの状況は大きく異なるので、ここではいくつか代表例を取り上げてみよう。 こうした状況下で、将来の生産分業体制を論じるにあたっては、多面的に評価する姿勢が重要となる。 本節では、これらサプライチェーンの構成要素の特性を踏まえた上で、新型コロナウイルスの感染拡大を通じて顕在化した課題を示す。

もっと

新型コロナワクチンは届くのか、試されるサプライチェーン

サプライチェーンは生産から販売まで多くの組織が関与して成り立っており、それを管理する組織を設計する際は、全体の組織構成上の位置づけ、与えられる権限、担当する人材など、留意する点は多いことがその背景にあると考えられる。 危機意識を抱いた企業の担当者は、複数の国々や自国内に供給元を確保すべく奔走していることだろう。 そこで、弊社もコロナ禍の製造業を支援することを目的に、日本国内における受発注マッチングを促進する活ための取組みをいくつか始めましたのでご紹介させていただきます。 加えて、コロナ禍での対応のような突発事象でもSCMを機能させるためには、管理組織が、瞬時に状況を把握し、適切に対応できるようになっていることが必要であり、そのためには、(IT面での課題としても挙げられた)電子タグ等のIoTを活用した「サプライチェーンの可視化」が喫緊の課題である。 この傾向は企業の規模や業種による偏りはなく、広く組織強化、業務改革、デジタル化推進が必要との課題認識がなされていると考えられる。

もっと