高齢 者 障害 者 等 の 移動 等 の 円滑 化 の 促進 に関する 法律。 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律

6 道路管理者は、道路特定事業計画を定めたときは、遅滞なく、これを公表するとともに、関係する市町村、施設設置管理者及び公安委員会並びに前項に規定する工作物又は施設の管理者に送付しなければならない。 )及び一般乗用旅客自動車運送事業者 ニ 自動車ターミナル法(昭和三十四年法律第百三十六号)によるバスターミナル事業を営む者 ホ 海上運送法(昭和二十四年法律第百八十七号)による一般旅客定期航路事業(日本の国籍を有する者及び日本の法令により設立された法人その他の団体以外の者が営む同法による対外旅客定期航路事業を除く。 一 基本構想を作成しようとする市町村 二 関係する施設設置管理者、公安委員会その他基本構想に定めようとする特定事業その他の事業を実施すると見込まれる者 三 高齢者、障害者等、学識経験者その他の当該市町村が必要と認める者 3 第一項の規定により協議会を組織する市町村は、同項に規定する協議を行う旨を前項第二号に掲げる者に通知するものとする。

もっと

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律とは

)に係る特定建築物(以下「認定特定建築物」という。 既存建物の対応 [編集 ] 既存建物の増改築(用途変更を含む)つまり建築確認が伴うものは、当法の対象となる。 法施行規則第8条に掲げる図書• ) 義務基準(移動等円滑化基準) 確認審査機関で確認申請の図書と一緒に提出してください。

もっと

大田区ホームページ:大田区の移動等円滑化(街なか“すいすい”)の推進

)、(一般公共の用に供されるものに限る。 )は,あらかじめその計画内容について市長と協議するよう努めなければならない。 ) ト イからヘまでに掲げる者以外の者で次号イ、ニ又はホに掲げる旅客施設を設置し、又は管理するもの 五 旅客施設 次に掲げる施設であって、公共交通機関を利用する旅客の乗降、待合いその他の用に供するものをいう。 自動車の停留又は駐車のための施設• 二十一 重点整備地区 次に掲げる要件に該当する地区をいう。 第十七条第三項第一号を除き、以下同じ。

もっと

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律|条文|法令リード

)若しくは前項の政令で定める法令の規定若しくは同項の規定による届出に係る旅客施設について前条第一項の規定に違反している事実があり、又は新設旅客施設等について同条第二項の規定に違反している事実があると認めるときは、公共交通事業者等に対し、当該違反を是正するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。 30 施行• 第七項において同じ。 8 前項の場合には、市町村は、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和三十年法律第百七十九号)の規定の適用については、同法第二条第三項に規定する補助事業者等とみなす。

もっと

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律

)を有する者 (土地区画整理法第98条第1項 (大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法 (昭和50年法律第67号。 第32条において同じ。

もっと

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律施行令第一条第二号に規定する旅客施設を利用する高齢者及び障害者の人数の算定に関する命令の全文・条文

)が定められたときは、前条第一項、同法第十二条ただし書及び第十五条並びに昭和三十九年道路法改正法附則第三項の規定にかかわらず、市町村は、単独で又は他の市町村若しくは道路管理者と共同して、国道又は都道府県道に係る道路特定事業計画を作成し、これに基づき、当該道路特定事業を実施するものとする。 5 道路管理者は、道路特定事業計画において、道路法第二十条第一項に規定する他の工作物について実施し、又は同法第二十三条第一項の規定に基づき実施する道路特定事業について定めるときは、あらかじめ、当該道路特定事業を実施する工作物又は施設の管理者と協議しなければならない。 以下同じ。 以下同じ。 )は、当該認定を受けた計画の変更(主務省令で定める軽微な変更を除く。 )を定めることができる。

もっと

千葉市:高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)

以下同じ。

もっと