建築 基準 法 43 条 2 項 2 号。 千葉市:法43条2項2号(旧法43条1項ただし書)許可、法43条2項1号認定について

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

これを、建築基準法第43条第2項 第2号許可といいます。 また、一定の許可基準を満たす建築物は「建築審査会における包括同意取扱い」(包括同意基準)として一括して建築審査会の同意を得ており、迅速な事務処理を図っています。 )において2メートル以上接する敷地で、次の各号に該当するもの。 一 その敷地が幅員四メートル以上の道(道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省で定める基準に適合するものに限る。 一 その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有する建築物であること。 敷地が幅員4メートル以上の道に2メートル以上接する建築物のうち、利用者が少数であるものとしてその用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準に適合するもので、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるもの 2. 二 令第百四十四条の四第一項各号に掲げる基準に適合する道であること。 条文の変更だけで内容は変わりがないのですが、市役所の方もついつい「43条但書」などと言ってしまう場合も有るようなので、物件調査の際には気を付けておく必要が有ります。

もっと

建築基準法の道路と43条2項1号・2号(ただし書き)

従って、通常の建築確認申請より比較的長い打合せ期間と、建築審査会の同意が必要となりますので、許可を受けるまでに相当の時間を要します。 同じエリアにある土地でも、建物を建てられる土地と建てられない土地とでは、利用価値や経済的価値に雲泥の差が出ます。 建築計画概要書 市庁舎2階「よこはま建築情報センター」で取得できます。 ) に二メートル以上接しなければならない。 )第43条において、「建築物の敷地は道路に2m以上接しなければならない。 ・基準1 法施行規則第10条の3第4項第2号関係 建築物の敷地が、法上の道路(以下「道路」という。 建築基準法第43条第2項第2号の許可とは 建築基準法(以下「法」という。

もっと

建築基準法の道路と43条2項1号・2号(ただし書き)

第四十四条第一項を除き、以下同じ。 なお、東京都多摩建築指導事務所の所管区域はです。

もっと

建築基準法第43条第2項第1号認定及び第2項第2号許可(敷地等と道路との関係)|足立区

町中を歩いていると、一見すると道路に見えて建築基準法上の道路ではない……といったことがよくあります。 以下「法」という。

もっと

建築基準法の道路と43条2項1号・2号(ただし書き)

許可申請は最終的に建築審査会の同意を得て許可となります。 公道と私道を問わず、こういった道路は、2項道路とかみなし道路と呼ばれています。 ) 1 認定基準 建築基準法施行規則(以下「省令」という。 一・二(略) 第2項 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する建築物については、適用しない。 5 道路種別の相談について 福岡市では、建築基準法の道路種別について、建築指導課道路判定係(市庁舎4階)の窓口で相談を受付けています。

もっと

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

具体的な建築計画に対して事前相談で提示した許可条件に合致しているかを確認します。 この場合、建築審査会の同意及び許可(申請)は不要となる代わりに、認定(申請)が必要となります。 調査対象の物件が第43条第2項規定によって建築されたものである場合、道路地図を閲覧すると、前面の通路が「建築不可」の赤色で塗られていることもあります。 配置図• 第四十四条第一項を除き、以下同じ。 なお、「道」とは、一般の通行の用に供されている道路状空地のことを言います。 5m以下とするもの。

もっと

福岡市 建築基準法上の道路扱いについて

スポンサーリンク 第43条 建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。 () 区域線図については各区土木事務所に備えてある道水路等境界明示図・復元図に代えることが出来ます。 しかし、 建築基準法第43条第2項規定による建築は、無接道でありながら建築が許可されたものであり、建築のつど認定や許可を得る必要があります。 (「」をご参考ください。 付近見取図• 二 その敷地が農道その他これに類する公共の用に供する道(幅員四メートル以上のものに限る。 )第10条の3第1項、第2項及び第3項を満足し、次の認定基準を満たす必要があります。

もっと

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

掲載日:2020年3月3日 法第43条第2項第1号認定及び第2号許可 注意事項(はじめにお読みください。 こちらも関連する建築基準法施行規則も以下に挙げておきます。 一 その敷地が幅員4メートル以上の道(道 路に該当するものを除き、避難及び通行の 安全上必要な国土交通省令で定める基準に 適合するものに限る。 申し込み後,現地を確認し,認定(許可)基準に適合する敷地かどうかを判断します。 建築基準法では、幅が4m以上の 道路に2m以上接道していなければ、原則として土地の上に建物が建てられないことになっています。

もっと