アステカ 文明。 2012年人類滅亡説Ⅲ~アステカ・マヤ・インカ~

5分でわかるアステカの歴史!生贄は本当にあった!?場所や滅亡なども解説!

が、ケツァルコアトルがテスカトリポカを矛でつくと、テスカトリポカは海に落ちてしまい、復活したときにはジャガー(大熊座)になっていた。 興味深いのは、彼らは 何千年も部族間の交流を絶ち、繁殖したこと。 これらは、2万年前に最も寒くなったの終わり、1万年前に相当する時期に当たる。 ティアワナコは、標高3810mのチチカカ湖周辺にあった都市国家だ。

もっと

一発理解!マヤ、アステカ、インカの違いを分かりやすく解説!

アステカの首都テノチティトランは、歴史上、最も壮麗な都市として知られている。

もっと

アステカ文化とは

各月は20日でなりたち、1日ごとに異なる神の名で呼ばれた。 期に欧米的価値観を意味することが強かった「文明」の用法は、やがて明治期後半に「西洋文明」との対比のなかで「東洋文明」が認識されるようになり、非西洋の精神的・物質的文化の総体も「文明」と呼ばれるようになり、変化していった。 は 、、、、、の5つに分類している。 世界の終わりの話目次 第1部 世紀末と終末論 第2部 神話・終末文書に描かれた終末 第1章 円環的な歴史の中の終末 第2章 直線的歴史と終末 第3章 異教の終末文書 第4章 千年王国思想 第三部 19世紀の世紀末と終末観 《内容》 教団拡大のために凶悪な犯罪もいとわない《鬼神真教》の教祖・サヤ婆(鬼塚サヤ)の孫として生まれた鬼塚宏樹(主人公=私)は鬼塚一族の残酷な行為を嫌って一族の家から逃亡し、裏切り者として追われる身になる。 湖の豊富な栄養分を利用して、生産性の高い畑を作っていました。 ところが、そこで、インカ軍の猛烈な抵抗をうけて、撤退する。 短期計算法は『チラム・バラムの書』にも利用されているもので、93600日を1周期とするものだが、これは次のような計算に基づいていた。

もっと

一発理解!マヤ、アステカ、インカの違いを分かりやすく解説!

モクテスマ2世は儀礼の強化などにより貴族と平民の間の差を確立する政策を取った。 そのため人々は日常的に人身御供を行い生贄になった者の心臓を神に捧げた。 とくに、 問題解決力と精神力は驚嘆に値する。 しかし、ケツァルコアトルはテスカトリポカによって追われ、嵐によって世界は滅びました。 階段が114段もあるピラミッドの元で、市場(いちば)が開かれ、毎日数千人が集まったという。

もっと