国土 交通 省 雨量。 雨量

気象庁|解析雨量

いっ水式雨量計 転倒ます型雨量計を主体にした計器で、受雪部が水槽になっていて、その中に一定量の不凍液(オイル)を入れ、周囲からヒーターで一定温度に保温できるようになっているものです。 観測方法 1.地上雨量 地上雨量は、現在一般的に、「転倒ます型雨量計」という観測機器で測定されています。 気象庁予報部業務課 気象台やアメダスの気象観測資料(過去データ) 気象庁観測部計画課 過去に大きな災害が発生したときの気象情報の解説 気象庁観測部計画課 取水制限/給水制限/水源の状況 水管理・国土保全局水資源部水資源計画課総合水資源管理戦略室 道路に関する防災情報及び災害情報など 道路局環境安全・防災課 道路防災対策室 道路情報提供システム 道路局道路交通 管理課 ITS推進室 事前通行規制区間の位置情報 道路局環境安全・防災課 道路防災対策室 東京都に設置された雨量データから得られる 降雨情報 下水道部 下水道事業課 大阪市に設置された雨量データから得られる 降雨情報 下水道部 下水道事業課 神戸市に設置された雨量データから得られる 降雨情報 下水道部 下水道事業課 気象庁が地震発生後速やかに震度等を発表する情報 気象庁地震火山部 管理課 津波による災害の発生が予想される場合に気象庁が発表する警報・注意報 気象庁地震火山部 管理課 噴火等による災害の発生が予想される場合等に気象庁が発表する警報・予報 気象庁地震火山部 管理課 東海地震の発生のおそれがある場合等に気象庁が発表する情報 気象庁地震火山部 管理課 全国の地殻変動情報 1. 2.レーダ雨量 レーダ雨量の観測方法については、「レーダ雨量」をご覧ください。 距離変化グラフ 国土地理院企画部 企画調整課 海上保安庁が行う、海底地殻変動観測の概要、観測に使用される海底基準局の設置場所などの情報を提供 海上保安庁海洋情報部海洋調査課 海上保安庁が行った、我が国沿岸域の活断層調査の結果明らかとなった、各海域の断層の状況、地質構造図などの情報を提供 海上保安庁海洋情報部海洋調査課 地震・津波・地殻変動・火山情報 /河川・道路等の地震計 ネットワーク情報 国土交通省が全国約700ヶ所に設置している地震計で計測震度4以上が観測された場合に、地震計の観測情報(最大加速度、SI値)を提供 国土技術政策 総合研究所(危機管理技術研究センター). 台風や梅雨末期の大雨では、局地的に1日あたり300~500ミリを越える雨が降ることも珍しくありません。 この欠点を解消するため、次のような観測機器を使用することがあります。

もっと

リアルタイム雨量・河川水位観測情報

利用上の留意点• 一方、レーダ雨量計を用いて面的な雨量分布を捉えたものを「レーダ雨量」と呼びます。 レーダーの電波が雨雲以外のものから反射されることなどが原因で、実際の降水よりもはるかに強い降水が表示されることがあります。 解析雨量や速報版解析雨量を利用すると、雨量計の観測網にかからないような局所的な強雨も把握することができるので、的確な防災対応に役立ちます。 現在、雨水に限定した「雨量」でなく、氷雪を含めた「降水量」を観測することが原則となっています。

もっと

大分県 雨量・水位観測情報

通常、降水は雨と雪に大別されます。

もっと

国土交通省 防災情報提供センター 防災情報の提供元一覧

すなわち、「降った雨水が、別の場所に流れ出さず、蒸発せず、地面などにしみこまない状態で、どのくらいの深さになるか」ということを表しています。 速報版解析雨量では、10分前のレーダーと雨量計の関係をその時刻のレーダーと組み合わせることで、迅速に雨量分布を提供します。 また、災害発生リスクの高まりを示す土壌雨量指数、表面雨量指数、流域雨量指数の算出や、これらを用いた大雨・洪水警報の危険度分布を求めるためにも利用されます。

もっと

リアルタイム雨量・河川水位観測情報

。 降雪寒冷地で使用されている雨量計は、冬季にはヒーターにより雪を溶かしてから降水量を測るように作られています。 実際は、この雨水が川や排水路などにどっと集まってくるわけですから、浸水被害の可能性もある大雨と言えます。 転倒ます型雨量計 雨量計は、まず直径20cmの円形状の受水口で、降水を機器の中にとらえます。

もっと

気象庁|解析雨量

国土交通省 防災情報提供センター 防災情報の提供元一覧 防災情報の提供元一覧 提供情報名 情報の概要 所管組織名 国土交通省の保有する雨量データを統合して提供 水管理・国土保全局 道路局 気象庁 国土交通省の保有するレーダー情報と雨量情報を重ね合わせて提供 水管理・国土保全局 道路局 気象庁 国土交通省(気象庁・海上保安庁はのぞく)の災害情報のとりまとめを提供 水管理・国土保全局防災課 国土交通省(気象庁・海上保安庁はのぞく)の災害情報のうち、河川災害関係のとりまとめを提供 水管理・国土保全局 国土交通省(気象庁・海上保安庁はのぞく)の災害情報のうち、土砂災害関係のとりまとめを提供 水管理・国土保全局砂防部 国土交通省(気象庁・海上保安庁はのぞく)の災害情報のうち、道路災害関係のとりまとめを提供 道路局環境安全・防災課 国土交通省(気象庁・海上保安庁はのぞく)の災害情報のうち、北海道関係の災害のとりまとめを提供 北海道開発局 レーダ雨量、テレメータ雨量、テレメータ水位、ダム情報等を提供 水管理・国土保全局河川計画課 雨量や河川水位、水質等、水文と水質に関する観測データを提供 水管理・国土保全局河川計画課 水管理・国土保全局河川環境課 河川がはん濫した場合に浸水が想定される区域及び水深を公表 水管理・国土保全局治水課 全国の各種ハザードマップ(洪水、津波、土砂災害等)情報を提供 水管理・国土保全局 国土地理院 XRAIN-GIS版のレーダ雨量情報を提供 水管理・国土保全局河川計画課 気象庁が大雨や暴風などによって重大な災害や災害のおそれがある時に発表 気象庁予報部業務課 降水量、雷、竜巻が発生する可能性及び雷の激しさ、竜巻等激しい突風が発生する可能性について、 それぞれ分布図形式で行う予報。 1mm(または0. このような状況は、「たった10cmだから大したことはない」と思われるかもしれませんが、仮に流れ出さなければ、田畑や道路や建物の上など、あたり一面に10cm溜まることになります。 解析雨量は両者の長所を活かし、レーダーによる観測をアメダスや他機関の雨量計による観測で補正して、面的に隙間のないより正確な雨量分布を得ています。 受水口は「ろうと」のようになっています。

もっと