自由 民主党 本部。 自由民主党 (日本)

自由民主党執行部

直近2回以上連続で小選挙区敗退し比例復活となった者については、次の総選挙まで1年ごとに審査を繰り返し、最悪の場合は支部長交代という形で政界から引退させることも視野に入れる。 「」も参照 小選挙区での敗北が1回の者については選挙終了後に選挙区支部長に再任するが暫定的なものとし、1年後に活動内容の審査を行い総裁と幹事長の許可を得て正式なものとなる。 大臣経験者を含む現職国会議員の離党が相次ぎ、2010年(平成22年)6月までの1年弱で現職国会議員の離党者が15人に上った。 しかし、これらは総理総裁であった石橋、池田が病気のために首相はおろか自民党総裁など政治家としての公務が難しい状況であったこと、3、4ヶ月前の総裁選で岸、佐藤が現総裁に次ぐ2位であったこと、岸、佐藤両者とも総裁から後継総裁に指名され次期総裁就任が目されていたこと、岸、佐藤両者とも首相就任から1ヶ月して自民党総裁に正式に就任していることから、また麻生の総裁辞任直後 に若林が首相候補となったのは、大敗によって自民党議員が首相になれないことが確実視されていたこと、大敗の責任を取る形で麻生執行部の退任がすでに決定している中で後継総裁はまだ選出されていなかったこと、に先立って麻生が総裁を辞任することで総裁に代わる自民党が全員一致で投票できる候補として若林を自民党の首相候補としたことという事情によるもので、総総分離体制が持続されていた、もしくはそれを視野に入れた選出とはみなされていない。 広報宣伝用として「明るい太陽のもとで、自由にのびのびと暮らす人びと」と名づけたを用いている。 1部では、県 […]. 総裁を一度退任した人物の再就任を制限する規定はなく、(第21代・第25代)が再就任した唯一の例となっている。

もっと

自由民主党本部食堂

内閣不信任案が可決されて国会が解散となっての1993年(平成5年)のでは、自民党は解散時勢力を維持したものの過半数にはとうてい届かず、保守3新党が大勝した。 以後、直後からに至る激しい党内抗争の中で、櫻内が党内融和に奔走した実績が買われ、櫻内は続く鈴木政権でも続投することになる。 は、自由民主党が政権復帰して与党になった時点での総裁。 総裁は副総裁をほぼ常設するだけでなく、派閥バランスを重視して派閥領袖などの政治家を指名することが多く、の党役員人事では、五大派閥への回帰に向けての配慮が見られる。 現在米国政府はこの事実を認めているが、他方で自民党はこれを否定している。 その一方、細川内閣はを柱とした政治改革関連法案の成立を目指し、1994年(平成6年)1月29日に自民党の要求を容れる形で修正案を可決した。

もっと

自由民主党 (日本)

田中自身より年上の鈴木善幸(条件ポストの経験は総務会長のみ )や、田中と同年齢の中曽根(外相および蔵相を未経験 )については、総裁に擁立する立場に回っている。 (昭和54年)以降、24年間にわたり踏襲され、その後も概ね維持されている。 党員証も支部預かりとなって本人には渡されず、当時の機関紙だった「自由新報」も各個人まで届かなかった。

もっと

自由民主党本部食堂

(1950年-1955年)と(1954年-1955年)のによる誕生以来、(1945年-1996年)と約40年に及ぶ保革対立の政治構造である「」を形成した。 と参議院で多数派が異なる構図になった()ことで与野党の対立が激化、政策の決定、実行のスピードが遅くなった。 しかし、(平成21年)ので下野後の同年9月28日に新たに総裁となったは、翌29日にさっそく組織再編に着手し、選挙対策委員会は選挙対策局に変更格下げした。

もっと

自由民主党幹事長

その後、民主党を離党し無所属で活動していたが入党したことで、27年ぶりに参院単独過半数に達した。 さらに田中は離党しながらも党内外から一本釣りをする最大派閥のオーナーとしてふるまい続け、のちの政治改革運動と自民党の下野につながってゆく。 また、党友組織のも結成した。 1983年(昭和58年)10月12日、はロッキード事件に関して田中角栄に有罪判決を下した。 このうち、党員資格停止、党内役職停止は最大2年までの期限付きとする。 政策 [ ] 1955年結党時 [ ] 1955年の結党時には、「立党宣言」、「綱領」、「党の性格」、「党の使命」、「党の政綱」の5文書を作成した。

もっと

自由民主党執行部

役員会を招集し、議長として運営に当たる。 小選挙区制では1つの選挙区で党の候補者は1人に限られるため、幹事長の公認権が以前に比べて増した。

もっと

自由民主党執行部

1976年(昭和51年)2月にはが発覚した。 83歳の宮澤は引退を表明した一方、85歳の中曽根が頑強に抵抗して話題となった。 また、党則第6条2項により、総裁が任期中に欠けた場合で緊急の事態により正規の総裁選挙が行えない場合には、「党大会に代わる両院議員総会」において、所属する全ての現職国会議員(衆議院議員・参議院議員)及び各47連合の代表者による投票によって新総裁を選出する場合もある。

もっと

自由民主党本部食堂

6月22日に行われた衆参同日選挙の結果は大平が死去したものの自民党の勝利となり、衆参ともに過半数の議席を確保し安定多数を得た。

もっと

自由民主党幹事長

なお、結成直前の1954年(昭和29年)から1964年(昭和39年)まで、(以下米国、具体的にはおよび)の反共政策に基づいて(CIA)の支援を受けていたことが後年明らかになった。 首相主導体制の構築により党が政府の方針に従うことが増え、党内での政策形成がかつてほど重要ではなくなっていった、近年における自民党の変化もある。 2004年(平成16年)7月のを控え、制度改革が争点となった。

もっと