フォレスト エナジー。 合同会社フォレストエナジー

フォレストエナジー

これまで秋田県と宮崎県で事業を実現しており、小規模でもエネルギー効率の高い優れたガス化技術を有するオーストリアのSyncraft Engineering GmbHやフィンランドのVolter Oyとの提携を通じて、中山間地域を対象にエネルギー事業を開発・運営する体制を整えています。 身近な自然資源をエネルギーとして使うことで、良い森林を育てつつ自然エネルギー利用を高めることができる。

もっと

バイオマス発電を行っている企業と発電所の出力、燃料などのリスト

この間、主に小売やテクノロジー業界への投資を担当し、あきんどスシローやドラッグイレブン等の社外取締役に就任し経営変革を支援。 分散電源としての木質バイオマス発電 分散型電源の特性の一つは自立していることなので、木質バイオマスを燃料にする場合は地産地消型、つまり地元の木質資源を使っていることがポイントになります。 フォレストエナジー、超小型の木質バイオマス熱電併給設備を製造するフィンランドのVolter Oyと輸入販売契約締結 種類 ビジネスカテゴリ. 2020年8月には、NTTアノードエナジーとの資本業務提携を発表。 フォレストエナジーは国内のウッドチップを主燃料とする木質バイオマス発電所の開発、投資、運営を手掛ける会社で、これまで宮崎県で5MW、秋田県で20MWの発電所の事業化と運営に関わってきました。

もっと

NTTファシリティーズ、和歌山県で計画中の木質バイオマス発電事業に参加

2016年にはスウェーデンのCortus Energy AB(本社:Kista, Sweden、CEO:Rolf Ljunggren、以下「Cortus」)と2,000kWの木質バイオマスCHP技術で提携、2017年にはオーストリアのSyncraft Engineering GmbH(本社:Schwaz, Austria、CEO:Marcel Huber、以下「Syncraft」)と300kW~1,600kWの木質バイオマスCHP技術で提携しています。 2020年8月31日 フォレストエナジー株式会社 NTTアノードエナジー株式会社 NTTアノードエナジー株式会社との資本業務提携について フォレストエナジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:沼 真吾、以下「フォレストエナジー」)とNTTアノードエナジー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 高間 徹、以下 「NTT アノードエナジー」)、は、再生可能エネルギーによる持続可能な社会を推進するべく、この度、国内木質等バイオマス発電事業における資本業務提携を行うことといたしました。 フォレストエナジーは、地産地消型の木質バイオマス発電所を運営する地域自然エネルギー会社です。 これら施設の運営者がVolter40を導入する魅力は4つあります。 再生可能エネルギー事業に関与する前は、15年間のプライベート・エクイティ投資経験を有す。 売電収入は年間約1200万円から6億3000万円。

もっと

フォレストエナジー

ブース番号 A4-12 農研機構で行なっているバイオマス研究に関し、木質バイオマスの燃焼前処理技術、貯湯式のハウス暖房 システム、乳牛への堆肥発酵熱の温水変換給与技術等について、パネルおよび実機の展示、紹介。 Volterの主力製品は、ウッドチップで稼働する発電出力40kW、熱供給100kWのCHPプラント「Volter40 Indoor」。 Syncraftの技術を採用した和歌山県新宮市の発電所(1,760kW)は2020年冬に商業運転を予定しており、この他にも全国各地で新たな発電所の準備を進めています。 Syncraftの技術を採用した和歌山県新宮市の発電所(1,760kW)は2020年冬に商業運転を予定しており、この他にも全国各地で新たな発電所の準備を進めています。

もっと