吉行 耕平。 吉行耕平 「The Park」 / BLD Gallery

吉行耕平 「The Park」 / BLD Gallery

そして、その真実が分かった瞬間、ふと、誰もが自分の背後に何者かの視線があるのではないかと気になりだす・・・。 時を経て、00年代半ば頃から写真集『ドキュメント・公園』が、主に海外の写真集コレクターの間で話題になり始めました。 1978年:フリーカメラマンとして活動を開始。 シカゴ現代写真美術館 Museum of Contemporary Photography,Chicago,IL• 79年、個展「公園」(駒井画廊)開催。 アメリカ・ニューヨークで高い評価を受けている吉行氏。 すなわち、もはや美の司祭はどこにもいなくなり、構築的な美の基準は崩壊した。

もっと

吉行耕平/Kohei Yoshiyuki: The Park [Special Edition]

フェア• 第5回現代アートビエンナーレ、第7回ビエンナーン、「Darkside」展 、 、「To Night:Contemporary Representations of the Night」 ニューヨーク、The Hunter College Art Galleries他 等に《公園》シリーズを出品。 というのも、89年に刊行されたサブカル本「ミッドナイトフォーカス」で紹介されている写真と、今年の9月、ニューヨークのギャラリーに飾られていた吉行氏の写真は、全く同じもので、何ら変わるところがないからである。 これから出る本をさがす• これから出る本をさがす• 吉行氏の写真もそうですが、カメラが女の子たちのあいだで流行っているのも、写真というものが、階級といったものを壊していく文化装置だからではないかなあー。 サブカルチャーがファインアートの形成に影響したということは、過去のジャポニズムにおいても当てはまる。 サンフランシスコ近代美術館 San Francisco Museum of Modern Art,San Francisco,CA• ジャンルでさがす• ヒューストン美術館 Museum of Fine Arts,Houston,Houston,TX• 現在、進行しているのは、ちょうどそれとは正反対のプロセスだ。

もっと

吉行耕平

主なコレクション [編集 ]• 海外マガジン• YOSSI MILOとの共同刊行。

もっと

PLACE M : 吉行耕平 : 公園 1971

本書は、吉行の2冊目の写真集となり、月刊誌の連載を中心にまとめられたもの。 同年個展に「The Park and Love Hotel」 、、Douglas Udell Gallery 開催。 07年にニューヨークで開催された海外初の個展は、『ニューヨーク・タイムズ』はじめ多くのメディアでとりあげられ、以降、世界各地で個展が開催され、さまざまなグループ展やアート・フェスティヴァルで展示され、現在に至っています。 吉行氏の作品は、その共犯構造を見事に暴いているという意味で、「これこそ写真の中の写真である」(荒木経惟)という評価も生まれてくるのだ。

もっと

吉行耕平

DVD• 覗きとは異なるアプローチとなった1部は、アラーキーを思わせ、エロティックでありながらアート写真のような雰囲気を醸し出しています。 しかし、女は何も気づかずに悶え続けている。 ニューヨーク近代美術館 Museum of Modern Art,New York,NY• ちょうどその頃のヨーロッパでは、新興ブルジョアジーというパトロンの誕生によって「ファインアート(純粋芸術)」が成立しつつあったが、印象派の画家たちは、極東の小国、日本のサブカルチャーを取り込みつつ、それを触媒としながら新しいファインアートの様式を創りあげていったのだ。 海外マガジン• 構築的な美の基準というものを信じている人々にとっては、村上隆の創るフィギュアや吉行耕平のノゾキ写真が「芸術」や「美」を標榜することは、我慢がならないことかもしれない。 「公園 7971-1978」が展示される中でのトークショーです。

もっと

The Park 1971

本人は写真家ではなく、映像作家を目指して広島より上京したと語っている。 今年の9月、ニューヨークの「 」で吉行氏の作品を集めた「the Park」(公園)というタイトルの個展が開催され、大評判になっている。 1980年:1971年から1978年までの写真による、写真集『ドキュメント公園』 せぶん社 を出版。 サブカルがアートの輪郭を溶解させる 「芸術」の世界は、つい最近まで、一部の目利きが、少数の価値ある作品を独占するという、希少性に基づく原則に支配されていた。

もっと

吉行耕平「The Park」:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

道路工事の指の動きに女は体をのけそらして応え、喘ぐような歓びの声がもれた。 東京・のPlace Mで個展「公園1971-1978」、蒼穹舎ギャラリーで新作による個展「沼」を同時開催。 となれば、現在の日本発のサブカルブームは、美や芸術をオタクや一般の人々の手元に取り返すための反乱とはいえないか。 2007年:写真集『ドキュメント公園』掲載作品を新たにプリントし、海外での初の個展「The Park」を、Yossi Milo Galleryで開催、同時にのHatje Cantz社とYossi Milo Galleryの共同出版により、写真集『Kohei Yoshiyuki:The Park』が刊行される。 この写真集や本は、、吉行耕平氏のファンだという青舐(あおなめ)さんという女子大生から、彼女がオークションで1万5千円で競り落としたという「ミッドナイトフォーカス」という本を見せてもらった。

もっと

吉行耕平「The Park」:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

サイン入り短冊付き。 芸術至上主義者にいわせれば、サブカル本に掲載された吉行氏の写真作品には、もともと「芸術的価値」が存在したのであり、それを現代の目利きたちが、あらためて「発見」したのだと主張するだろう。 のぞきの「成果」だけでなく、のぞいてる人々も撮っているのがおもしろい。 (カトラー) 関連記事: たしかに、純粋芸術はもう彼岸な感じです。 ブランドも、女子高生のアイテムに成り下がっています。 作品は、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、メトロポリタン美術館など多くの美術館に収蔵されている。

もっと