モナコ 対 パリ sg。 モナコに逆転負けを喫したパリSGは、“危険水域”に? 仏有名紙は「薄汚い時期」と辛辣評価【現地発】

フランスリーグスコア速報 パリSG対モナコ : ciag.uprm.edu

プレミア [12月7日 22:24]• 確かに「ファイナル8」で驀進してバイエルンに敗れた後、クラブ内はギクシャクだらけになった。 ブンデス [12月8日 7:53]• さらに、スポーツディレクターのレオナルドとトゥヘル監督の確執も悪化した。 同35分にはMFラフィーニャがPA内右でMFユスフ・フォファナにスライディングで倒され、PKを獲得する。

もっと

モナコに逆転負けを喫したパリSGは、“危険水域”に? 仏有名紙は「薄汚い時期」と辛辣評価【現地発】(SOCCER DIGEST Web)

このイビサ組が次々とコロナウィルスに感染し、シーズン序盤はほとんど主力を欠いてのスタートになった。 前週末に開催されたPSGとのアウェーゲームで、リードされながらも追いつき3-3のドローに持ち込んだモナコだったが、わずか3日後に行われた再戦では、前の試合で見せたような脅威を一切与えられなかった。 ブンデス [12月6日 0:17]• しかもエムバペもネイマールも、2022年6月に切れる契約の更新に応じていない。 このイビサ組が次々とコロナウィルスに感染し、シーズン序盤はほとんど主力を欠いてのスタートになった。 ところが、エムバペがベンチに下がった後半、モナコの猛反撃に遭遇したパリSGは、あえなく瓦解。 プレミア [12月7日 22:24]• セリエA [11月30日 11:30]• ケビン・フォラントの2得点で追いつかれ、試合終盤にはディアロがPKを献上して逆転。

もっと

モナコに逆転負けを喫したパリSGは、“危険水域”に? 仏有名紙は「薄汚い時期」と辛辣評価【現地発】(SOCCER DIGEST Web)

年が明けて2021年になれば、ふたりとも違約金の額が下がってくる。 ボール支配率はモナコがわずかに優勢だったが、リトリートしたPSGの守備ブロックには安定感があり、モナコはアタッキングサードで相手に脅威を与えることができなかった。 試合内容も冴えず、魂がどこかに消えてしまった。 輝かしい実績を持つセスクも33歳となった。

もっと

セスクはPSG撃破の主役になった。ムバッペの2得点も霞む輝き、33歳に与えられた活躍の場は?【分析コラム】(フットボールチャンネル)

ホームのパルク・デ・プランスにRBライプツィヒを迎え撃つパリSGは、危険水域を脱出し、美しい海へ再出発できるだろうか。 モナコ戦でPKを献上し、決定的に瓦解したアブドゥー・ディアロと、やはり同戦で攻略されっぱなしだったレイヴィン・クルザワに、また頼るしかなさそうだからだ。 SDは「監督解任など検討もしていない」と否定したが、どうも晴れやかとは言い難く、パリSGは今シーズンのCL第3節までで1勝2敗と、グループ3位に留まっている。 スペイン [12月7日 19:26]• スペイン [12月8日 8:05]• 深刻なのは、今シーズンが始まって以来パリSGが、リーグ・アン11試合中3試合に敗北、CLを含めると14試合で5試合に敗北している、という事実だ。 SDは「監督解任など検討もしていない」と否定したが、どうも晴れやかとは言い難く、パリSGは今シーズンのCL第3節までで1勝2敗と、グループ3位に留まっている。 9試合ぶりの黒星を喫し、連勝は8でストップ。 休みがないまま昨シーズンがずっと続いているような感覚…」と、珍しくぼやきのような言葉を漏らした。

もっと

PSGがモナコに逆転負け、欧州CL控え痛手

チームも2-0で、余裕のハーフタイムを迎えた。 後半39分にキッカーを務めたのはセスク。 スペイン [12月7日 8:29]• スペイン [12月8日 8:05]• ブンデス 長谷部引退か「夏には終わりを迎える」監督が明かす []• 開幕前後にチームを襲ったコロナショックは静まったが、短かったオフのしわ寄せが来た。 プレミア [12月7日 10:53]• スペイン [12月8日 10:06]• プレミア [12月1日 20:30]• 休みがないまま昨シーズンがずっと続いているような感覚…」と、珍しくぼやきのような言葉を漏らした。 モナコはこのPKをセスクが決めて逆転に成功。 ベルギー [12月8日 8:14]• パリSGは前半25分、カウンターからMFアンヘル・ディ・マリアがスルーパスを送ると、スピードに乗って抜け出したFWキリアン・ムバッペがGKとの1対1から右足で叩き込み、敵地で先制に成功。 先制点を決めて喜ぶパリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペ(2020年11月20日撮影)。

もっと