185 系 グリーン 車。 「サフィール踊り子」と「185系踊り子」に乗ってみた。令和と昭和を特急列車でつなぐ旅

令和の今、昭和国鉄グリーン車に乗る (グリーン車50周年記念) 2019年5月17日

1枚のグリーン券で乗り通せるから今日もに乗る。 近年では特急踊り子も改正の度に定期列車の本数が漸減傾向で、一部は波動輸送に転用されていますがそれでも余剰車が発生し2013年よりついに廃車が始まりました。 ぴかぴかの令和製。 車体帯色は緑。 沿革 [ ] 運用開始・東海道線153系を置き換え [ ] 153系との併結運用 1月から順次入線し に配置された。

もっと

185系 踊り子 グリーン車

この年の「シュプール号」では、「シュプール上越号」のうち2号・3号が田町電車区の185系B編成からグリーン車を外した6両編成で運行されたが、この年から新設された「シュプール草津・万座」は新前橋電車区の185系が運用されることになった。 リクライニング発動時に、座面が連動して奥の部分が沈み込んで手前側がせり上がるような構造になっています。 塗装デザインを考慮し、0番台車両は側面の車両番号表示を従来位置から移動して緑色帯と干渉を避けた。 冷房は普通車とは異なり切継ぎ等は行なわず先に冷房装置部分以外全てをマスキングして銀色を吹き、乾燥後に塗屋根化しています。 また、短編成での小単位輸送に用いることを念頭に置いている ほか、徹底したコストダウンも図られた。 185系踊り子は1981年からデビュー。 意外と違うということが知らない人もいるみたいですね。

もっと

特急「踊り子」と「スーパービュー踊り子」乗り比べ

EF63との横軽区間での運用 1997年9月30日限りで信越本線の横川と軽井沢の区間は廃止となったが 、廃止直前まで高崎と軽井沢を結ぶ普通列車として185系が運用され、185系は定期普通列車では最後にを越えた形式となり 、その折り返しに設定された臨時回送列車に使用された185系が最後に碓氷峠を越えた旅客車両となった。 温水にも対応しており、利用者サイドで温度をいじることも可能です。 1990年頃、の被害を受けたキハ185-8が中間車代用として使用された。 外部塗装デザインは湘南色をあしらったブロックパターンへ変更された。 185系の最大の特徴は当初より通勤輸送との共用を図った点で、当然ながら特急運用に重点が置かれているものの通勤輸送も考慮に入れた構造で車体は20m級・幅1000mmの側扉・2ドア、通路幅確保の観点から115系と同様の一般的な断面形状となり、座席は東海道線の普電に多数充当されることから折り返し時の負担軽減の意味もあり転向クロスシートが採用されるなど、従来の特急形電車とはかなりポリシーに違いが見られます。 今回は185系が登場した経緯や運用の変遷、今後の予定をまとめました。

もっと

座席探訪 185系 特急「踊り子」/「湘南ライナー」

200番台は1982年度増備の2次車49両は冷房がAU75Gに変更されています。 全国的にも貴重な国鉄のグリーン車標準座席のR27が、改良されながらも現役で残っています。 2号車には4人用セミが4区画設置されている。 絨毯が敷かれているのは通路部分のみ。

もっと