バイエル 教則 本。 『バイエルの謎 日本文化になった教則本』

サンプル表示

どうしてこの音はこの指番号になっているのかということを常に考えながら練習する習慣をつけることは大切なことです。 ピアノの勉強には、その最初の段階で、正しい指導を受けるということが、何よりもたいせつなことがらです。 あなたなりの指導方法を見つけてください。

もっと

バイエル教則本を使う理由で…。

バイエルはどちらに属するでしょうか。 バイエルはピアノ初心者必携の教則本であり、ピアノを習うならバイエルから、というのが常識だった。 あと、ピアノの先生とか親に怒られるのも嫌でしたね。 迂闊に議論すると、うっかり、バイエルやハノンを否定する発言をしてしまうかも。 バイエルなどの教則本の【名前】にこだわる必要はない なぜ質問者様は「バイエル」という【名前】にこだわるのでしょうか。 音大志望の場合は、昔の上記のような道をたどるのが殆どです。

もっと

初心者にバイエルは使わない!? ピアノのレッスンを通して思うこと№4

それでも後半になると続かないです。

もっと

サンプル表示

正直、つまらなかった。 今日では有名なモーツァルトの作品でも20部とか30部とかが普通であった。 亡くなる10か月前のバイエルの状態は、どうだったのか。 表題は、チェルニー風に翻訳すると『バイエル初級40番連弾練習曲』(40 Lectionen fur den Elementarunterricht auf dem Pianoforte zu 4 Handen)である。 ポジション移動が必要ということは、楽譜に書いてある指番号をきちんと守って弾くことが必要不可欠になってきます。

もっと

『バイエルの謎 日本文化になった教則本』

なので私は、曲を抜粋して使用します。 そのため、古いやり方やみんながやっている方法にわざわざ従う必要はないでしょう。 練習に使用したのは、赤い表紙のバイエル教則本。 出版社の方で順次、出版していったと考えることも出来るが、バイエルの場合、作品番号は作曲順を判断するのに当てにならない可能性の方が大きい、と言わざるをえない。 バイエル(1803~1863)の教則本は、いまでも日本ではさかんに用いられています。

もっと

サンプル表示

一次資料がないために偽物の伝記が出回り、研究者のあいだでも、著名な作曲家の仮名ではないかとか、複数の人物の合作だったのではないかといった憶測が流れたこともあったらしい。 速くて難しいところを練習すれば同じことだととあるピアニストも言っていました。 私も他の先生の指導を見て、盗むところは盗んでいます。 人の名前なのです。 ところが、ドイツにある版元のショット社にも、元ハプスブルク家の図書館にも、どこを探しても初版はない。 またそんな事で親戚関係が崩れるなんてこともありますまい。

もっと

バイエルピアノ教則本について

確かにオリジナルの本だと手間もかかるし、親からなにそれ?と思われてしまうという先生の言うことも理解しました。 バイエルでは作品番号、出版年月日、プレート番号の関係がかなり複雑である。 バイエルが何者だったのかも、なぜ日本で普及したのかもほとんど知らなかった。 40番のどの練習曲を見ても才気といったものが全く感じられない。 なのに、なぜまだ使うか?要は自分で考えることをしない、いわゆる「思考停止」の状態だと思われます。 要はその先生に、どれだけのピアノ教師歴、もしくは音楽に対する解釈力があるかどうかだと存じます。 バイエルの早過ぎた死で最も痛手を被ったのは出版社だったのである。

もっと