中国 損害 賠償 世界。 英独仏も、世界に広がる中国への賠償請求の動き 新型コロナが生み出した世界の新たな対立構造(1/3)

英右翼政治評論家「中国にコロナでの賠償金支払わせるため砲艦派遣すべき」―中国メディア|レコードチャイナ

国際社会は一致団結して中国に対する圧力を強め、責任を追及しなければならない」とは石平氏。 この事実を上司に報告したところ当局を恐れて何もしなかったという。 国家免除とは、国際法上、外国領土内にある主権国家の行為を、国内法の適用から免除する事をいう。 テキサス州やネバダ州など複数の州で訴訟が提起されているが、そのうちフロリダ州では、中国政府を相手取って「当初の対応が遅すぎたために、米国民や米国企業に計り知れない危害を与えた」として弁護士が集団訴訟を起こした()。 ドイツの著名なウイルス学者のアレクサンダー・ケクレ氏も先ごろ、『現在、世界的にまん延しているウイルスは武漢のウイルスではない。 フロリダの集団訴訟には、2020年の大統領選を争うドナルド・トランプとジョー・バイデンの関係者が加わり、アメリカ以外にも世界40カ国から10000人以上が原告団に加わる動きとなっている。

もっと

中国は世界各国から損害賠償請求されるのか。アメリカ、最悪、戦争を想定?

1,090件のビュー 2020年11月24日 に投稿された• 安倍首相をはじめとする日本政府のみなさまは、大変だと思いますが、ぜひとも世界の流れに取り残されないよう、素早い決断をお願いいたします。 このような賠償請求額について、中国外務省報道官は記者会見で、「中国政府は速やかにWHOや米国を含む関係国・地域に新型ウイルスの情報を提供してきた。 3京ウォンなんて、亡くなった人々の命と比べたら、雀の涙だ。 それにしても王族150人も感染するとかって、おかしいわぁ〜。 プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし) 元『週刊東洋経済』編集長。 新型コロナウィルスで世界中が中国に賠償請求 新型コロナウィルスの蔓延を受けて、世界中が中国に謝罪と損害賠償を請求する流れになっています。 中国に損害賠償請求すれば、取り戻せるだろ。

もっと

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。 普段は観光客でにぎわうローマのスペイン階段も閑散(ロイター) 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスをめぐって、中国が責任転嫁に必死だ。 370件のビュー 2020年4月3日 に投稿された• 米国などでは、今回のコロナに限り中国を主権免除の適用除外にする動きもありますが、日本ではそこまではできないでしょう」 ならば、より現実的なのは情報の隠匿に加担したとして中国企業を訴えること。 共産党の奴ら、今まで散々、悪い事ばかりやって来たからな。 各国メディアによると、インドでは弁護士団体などが20兆ドルの賠償を求める請願書をに提出した。 マレー氏は今年5月にも、英紙TheSunへの寄稿で、「中国は代償を払うべきだ」と主張していたが、今回は新たに「制裁」と「砲艦」という言葉を使っている。 英シンクタンクが「中国はイギリスに47兆円を補償すべき」と報告• 中国人が、結婚式と葬式という人生の「二大イベント」を他人に見せびらかすのは有名である。

もっと

激変するコロナ後の時代、中国共産党が恐れる「世界制覇の挫折」(長谷川 幸洋)

石平氏は「昨年末、武漢市で未知のウイルスが検出された段階で適切な処置をしていれば、感染爆発は防げた。 左な発言なら誰でもできるわけで、そんなことではならず者に舐められてしまうわ。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

もっと

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

戦争です。

もっと

新型コロナウイルス/孤立する中国の賠償責任問題

死者だけで30万人を超え、感染者は100万人をオーバー・・・ 世界経済は、4ヵ月間オールストップ・・・ グローバル企業の数十社だけ合わせても数百兆ウォンが消えたのに・・・ 世界中で訴訟を起こして、中国を粉々に解体しろ!!! 中国は、全世界の迷惑国家だ。 発議された法案についてSCMPは「新型コロナウィルス・パンデミックで世論が良くないだけに国民に合法的な観点で働いている事を見せようとする議員の政治的試み」と分析した。 中国、建国以来の危機へ 中国は、新型コロナウイルスで1949年の建国以来の危機に直面している。 そして、以前にこんなニュースが。 現時点で中国への新型コロナウィルスの賠償請求の総額は、なんと100兆ドル以上、日本円に直すと1京円にも上る金額となりました。 訴状は首都カイロにある中国大使館に届けられたという 【加藤博太郎氏】 弁護士。 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は6日、英国の右翼政治評論家のダグラス・マレー氏が再び、新型コロナウイルスの感染拡大の責任は中国にあるとし、損害の賠償金を中国に支払わせるべきと主張していると報じた。

もっと