イタリア 校長。 イタリアの校長先生のメッセージが話題:報道ステーション【2020/03/05】

イタリア・ミラノの校長先生の「休校発表」に全世界が感動した理由(ドメニコ・スキラーチェ)

このような出来事での最大のリスクの一つは、社会生活や人間関係に「毒を盛ること」と、市民生活を野蛮にすることです。 今回の取材で分かったのは、縮めるのは物理的な距離ではなく、心の距離だということ。 『婚約者(いいなづけ)』 の舞台は、 欧州で大流行したペスト禍に見舞われた1630年のミラノ。

もっと

イタリア ミラノの校長先生のメッセージがすばらしい!

この手の危機に打ち勝つ際の最大のリスクについては、マンゾーニやボッカッチョ(ルネッサンス期の詩人)が教えてくれています。 このメッセージは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休校となっているミラノ市内の高校の校長、ドメニコ・スキラーチェさんが、学校のホームページに「生徒への手紙」として掲載したものです。 マスクは病気の人のためのものです。

もっと

イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?

「社会生活に回る毒と市民生活の荒廃。 16世紀や17世紀の時と比べて、私たちには進歩した現代医学があり、 それはさらなる進歩を続けており、信頼性もある。 では近いうちに、学校でみなさんを待っています。

もっと

新型コロナ:理性の大切さに気づくイタリアの高校の校長先生の手紙

体調に問題がないなら、家に閉じこもる理由はありません。 スキラーチェ校長は、この中でペストで混乱した17世紀のミラノを描いた文豪マンゾーニの作品を紹介し、「外国人への恐怖、感染源のヒステリックな捜索や、専門家の軽視、デマ、必需品の略奪。 「この痛みはいつか、皆さんの財産になるでしょう」という言葉に、救われる一冊だ。 目に見えない敵によって脅かされていると感じる時には、同じ人間同士なのに、他人を脅威や潜在的な侵略者のように見たりする危険があるというのが先祖から受け継いだ本能なのです。 は 病気 びょうきの 人 ひとのための 物 ものです。 校長は「混乱している今だからこそ『婚約者』を読んでほしい」 「本の中にはミラノのいろんな通りの名前が出てくる。

もっと

デマに振り回されるな! イタリアの校長のメッセージが話題に

折しも日本では、3月2日から全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校となり、またデマによってトイレットペーパーの買い占めが問題になっていたとき。 2020年5月1日、イタリアの校長先生からのメッセージを収録した書籍が刊行しました。 森林破壊が進み、気候変動が起こる。

もっと

ミラノの校長が生徒に送ったメッセージ♪ : ローマより愛をこめて

17世紀と比べて 私たちには現代の医学があり進歩し、 正確になりました。 死亡者数が100人を超えた3月4日には、国内のすべての小学校から大学までを休校にしています。 価格は税別1,000円。 外国人への恐怖、権力同士の争い、感染源のヒステリックな捜索、専門家への軽蔑、デマ、ばかげた治療法、必需品の盗難、医療機関の緊急事態・・・。

もっと

イタリア・ミラノの校長先生の「休校発表」に全世界が感動した理由(ドメニコ・スキラーチェ)

「 アフターコロナは、以前と同じ生活をすることはできません。 3月の休校日はです。

もっと