ドリー ファンク ジュニア。 ドリー・ファンクJr.が“日本人最後の弟子”西村修とシングルマッチで激突!「こんなコンディション良い77歳見たことない!」

日本プロレス時代のライバルを語る!ドリー・ファンクjr.トークショー in 闘道館

そのシニアの夢は二人の息子、ジュニアとテリーをNWA世界王者にする事だった。 テリーは、ご存知のように全日本に1972年に初参加し、83年8月に全日本のリングで現役を引退したが、84年8月に復帰します。 これをヒントにしたシニアは、内側に回転する事を連続で行い、それを人間に極める事をスパーリングで行い、ここにスピニング・トー・ホールドが完成した。 また、にはでも兄弟タッグを結成。 ハーリー・レイスはほとんど車椅子状態ですし、ザ・デストロイヤーも大腿骨と骨盤の関節を人工関節に置き換える手術を受けています。 、地元オカラで行われた傘下ののNXT LIVEに来訪、リング上でとハグをした。 先達レスラーからも評価が高く、やは「対戦する度に成長している」と語った。

もっと

ジャンボ鶴田のコーチがドリーファンクJr.ではなくカール・ゴッチ...

よりに参加。 1974年1月、、と共に馬場の全日本プロレスに参戦している。 合体攻撃として、ロープに振ってからのがあった。 かか…」と話している。 NWA内部でも実力者として知られ、死去する直前の2月にはNWA臨時総会を開催させての加盟を(一つの地区からの加盟プロモーターは原則一人だったにもかかわらず)押し込んでいる。

もっと

バーン・ガニア

優勝 : 2回• fuanku -• 2月11日、においてを破りを獲得。 以後、日本プロレス時代はジャイアント馬場とのタッグ「BI砲」で一時代を築くも、1971 年12月に日本プロレスから追放処分を受け、翌1972年3月6日に大田区体育館で新日本プロレスを旗揚げした。 ジミーの正体は、当時ドリーが目をかけていたである。 、テリー現役復帰、チーム再結成。 ・のでも優勝し、にはインターナショナル・ヘビー級王者にも輝いている。

もっと

ジャンボ鶴田のコーチがドリーファンクJr.ではなくカール・ゴッチ...

:(インダクターは) 関連項目 [ ]• 馬場さんとの試合においては、1970年7月大阪府立体育館での試合が忘れられない。 ドリーは77歳ながら現在もリングに上がり続けており、昨年8月に両国国技館で行われた全日本プロレス45周年記念大会ではヒロ斎藤とタッグを組み、渕正信&ザ・グレート・カブキを相手にスピニング・トーホールドで勝利するなど未だ衰えぬ実力を見せている。 以来、米国を代表するレスラーとなり、実力世界一と謳われた時期もあった。 フットボール上がりのエリックはタフでスピニング・トゥ・ホールドを仕掛けると下からアイアン・クローで攻められた。 プレゼンターはであった。 しかし、シニアはスパーリング以外では、決してこの技を試合で使う事はなかった。 1963年 AWAマットの帝王となるバーン・ガニアが来た時は、父(ドリー・ファンク・シニア)とボブ・ガイゲル、そしてガニアで自宅のマットでレスリングのイロハを教わったという。

もっと

ドリー・ファンク・ジュニアやテリー・ファンクが2001年に新日本プロレスに初...

俺のプロレスラーとして節目となった一戦」と振り返った。 NWAフロリダTV王座:2回• 3月1日、全日本プロレス大会にてを行った。 外国人レスラーで馬場と一定期間コンビを組んで日本で活動したのはドリー、、だけである。

もっと

ドリー・ファンク・ジュニアやテリー・ファンクが2001年に新日本プロレスに初...

試合は、ロックアップからの押し込み合いから両者ともにかち上げ式のエルボーで打ち合っていき、これを制したドリーがサーフボードストレッチで西村をじっくりと痛めつけていくクラシカルな展開。 インサイドワーク ロープ際に詰められた際、「片手で相手の首を抱え込むと同時に、もう片方の手でロープを掴んで軽くジャンプして尻をロープ上に乗せ、反動を利用して後方に半回転しつつ相手をリング外に投げ落とす」という、独特のインサイドワークをよく使ったが、ジャイアント馬場がこれを仕掛けられた際にマットの無い場所に落ちてしまい大腿部を骨折、長期欠場することになった。 脚注 [ ] []• 1969年2月11日にジン・キニスキーを破りNWA世界王者になり、年間300試合をこなすようになってくる。 私は良い機会だと思いスピニング・トー・ホールドを教えてもらおうと思って、寝っころがってジュニアに右足を差し出し「スピニング・トー・ホールドを教えて下さい」と言ったのだが、ジュニアの答えは「No」だった。

もっと

スタン・ハンセンが語る!「だから全日本と馬場はスゴかった」(柳澤 健)

NWAフロリダ・タッグ王座 : 1回• 獲得タイトル [ ]• 唯一、褒められたのはやはりNWAのチャンピオンになった時だった。 89年5月、リック・フレアーとリッキー・スティムボートのNWA王座戦に採点ジャッジとして参加します。 猪木は、アメリカン・アマチュアレスラーのイメージがありテクニックがすばらしかった。 決勝ラウンドは、孤軍奮闘の猪木が恐怖のツープラトンスープレックス(2人がかりの原爆風車投げ)で叩きつけられ、リング上に大の字で惨敗。 今回は自他共に認めるファンクス・ファンであるセブンさんによるファンクスの2大必殺技二本立て!兄貴のジュニアはもちろんスピニング・トーホールドです。 :(インダクターは) 関連項目 [ ]• この対決が一躍大人気を得たのは1977年のの最終戦。

もっと

ジャンボ鶴田のコーチがドリーファンクJr.ではなくカール・ゴッチ...

この件などのドリー・ファンク・シニアの恩義を馬場は長く忘れず、社長室の机にはシニアの写真が置いてあったという。 父親の、弟のも著名なプロレスラーである。

もっと