ジョン レノン woman。 <歌詞和訳>Woman

ジュリアン・レノン、最近発見されたガンへの恐怖について明かす

この曲ではイエスだけに限らず、ジョン・レノンはブッダ、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ギータ(*訳注:紀元前約200年に作られたサンスクリットの叙事詩に組み込まれた神聖な神の歌)など、彼が全く信じていない偶像の名前を上げている。 若い頃は当然のことながら、ここで歌われているようなことを、 言葉の意味として頭では理解できても実感は伴わない。

もっと

ジョン・レノン/ウーマン(和訳)

この曲の発表後は、より大きな論争が起こったが、この曲の続編となるような「God Part 2」を、1988年にがアルバム『(邦題:魂の叫び)』に収録している。

もっと

Woman 和訳 ジョン・レノン

 ジョン・レノンの2ndアルバム「 Imagine」 1971年 の表題曲です。

もっと

自然と音楽を愛する者:Woman ジョン・レノン

個人秘書の () 1973年4月1日、ジョンはヨーコとニューヨークで会見を開き、架空の国家「」の建国を宣言した。 僕はそれを攻撃したわけでもなければ、貶めたわけでもない。 ジョン・レノンのソロ・デビュー作、『(邦題;ジョンの魂)』は、1970年の9月末、アビイ・ロードで1ケ月以上かけてレコーディングされた。 母の死 [ ] 最初の妻の 1958年7月15日、非番の警察官が運転する車が母・ジュリアをはねて死亡させる事件が起こった。 ハリー・ニルソンとも「」を共作した。 このインタヴューの一部は2001年にリリースされたアルバム『ミルク・アンド・ハニー』のリマスター盤に収録されている• 「心の壁、愛の橋」ではストリングス、ホーンも多用した編曲を行った。

もっと

John Lennon(ジョン・レノン)|生誕80周年記念の新ベスト・アルバム!ソロ作品で最重要の楽曲が全く新たなリミックスを経てニュー・コレクションとして発売

カバー曲の「」「」も出している。 ジョン・レノンは主張することを決して怖れなかった。

もっと