国有 財産 特別 措置 法。 国有財産法施行令

国有財産法施行令

公布年月日:昭和23年6月30日• ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。 )、同法第71条、第74条及び第75条の改正規定、同法第76条を削り、第77条を第76条とする改正規定、同法第78条の改正規定、同条を第77条とし、同条の次に一条を加える改正規定、同法第83条の改正規定並びに同法第85条の改正規定 (「1万円」を「20万円」に改める部分を除く。 3 管理受託者は、その管理の委託を受けた旧軍用財産の管理の費用を負担しなければならない。 第十条第二項中「第十八条第四項」を「第十八条第七項」に改める。 改正:• これらに関して、市町村において判断がつかない場合にあっては、都道府県に照会するものとする。 なお、やむを得ない事情により当該期限までに特定作業がしきれなかったものが生じた場合にあっては別途措置を講じる予定である。

もっと

国有財産の効率的な活用を推進するための国有財産法等の一部を改正する法律

(買受けの勧奨)第十一条 各省各庁の長は、法第十条の二の規定により特定普通財産を当該財産の権利者等(同条に規定する権利者等をいう。

もっと

国有財産の効率的な活用を推進するための国有財産法等の一部を改正する法律

附 則 (平成二三年九月二二日政令第二九六号) この政令は、平成二十三年十月一日から施行する。 また、地方分権一括法施行後においてその管理が市町村の自治事務となる準用河川にあっては、地方分権一括法第433条により新たに設けられる河川法第100条の2第2項又は地方分権一括法附則第137条第4項の規定により、その用に供される国有財産は、当該準用河川の管理者である市町村に無償で貸し付けられたものとみなすこととされている。

もっと

平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法

台帳に関する特例を定めたもの• 改正:• )並びに同法附則第2条及び第13条の11第1項の改正規定並びに第22条の規定並びに附則第20条 (第1項ただし書を除く。 )並びに附則第52条 (介護保険法施行法 (平成9年法律第124号)第56条の改正規定を除く。 国の庁舎等の使用調整等に関する特別措置法、• (平成二十八年法律第十九号)•。 )及び第6条の規定並びに附則第4条から第10条まで、第19条から第21条まで、第35条 (第1号に係る部分に限る。 以下同じ。 別画面で表示されます。 この場合において、国有財産法第二十九条中「買受人」とあるのは、「譲渡、貸付又は譲与を受けた者」と読み替えるものとする。

もっと