安倍 総理 病院。 安倍首相は本当に病気なのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず、「敵基地攻撃能力保有」ぶちあげ最後のレガシーづくりにやる気満々|LITERA/リテラ

安倍首相、再び病院入り 医師の指示で「追加検査」:時事ドットコム

安倍首相は、難病である「潰瘍性大腸炎」を患っていることを以前から公表しており、第一次安倍内閣も、潰瘍性大腸炎の悪化によって退陣したことを明かしていた。 幹事長経験者の幹事長代理就任も異例の事であった。

もっと

安倍総理も悩まされた潰瘍性大腸炎の症状・治療法 [胃腸の病気] All About

」と書かれている。 また菅官房長官は記者会見で記者団から「安倍総理大臣の体調や新型コロナウイルスへの対応を踏まえ内閣改造を行わないこともあるのか」と問われ、「閣僚の人事は総理大臣の専権事項であり、私からコメントすることは差し控える」と述べました。

もっと

安倍首相 再び病院訪問「追加的な検査 体調管理に万全期す」

その過程で、散歩道にあったパン屋さんは消え、自分の住む町や季節ごとの和菓子を作る日本のお菓子屋さんをもっと知りたくなるストーリーとなった。

もっと

安倍総理の病気 潰瘍性大腸炎とは

第1次安倍内閣ではが検討されていた。 からは「米国の反共和国制裁・圧迫策動に追従してる」として名指しで「安倍の輩」「忠犬」と批判されている。 この見方は、熱狂的な安倍首相「信者」である支持層が「安倍さんはこんなに頑張っているのに!」というツイートを多く投稿していることとも符号する。 2019年5月にを無条件で行う用意があることも表明するも朝鮮中央通信は「面の皮が厚い安倍は方針を変更したかのように喧伝して執拗に平壌の扉を叩くが、わが国への敵視政策は変わっていない」と批判し 、同年11月には弾道ミサイルの発射を非難したことに対して朝鮮中央通信は「安倍は世界で唯一無二の、史上最もばかな人間」と罵倒した。

もっと