ハイ コンテクスト 文化。 ハイコンテクストとローコンテクストの興味深いお話し

日本はハイコンテクスト文化?コミュニケーション向上に必要な意識変革

困っているんだよね」 部下D「大丈夫です。 日本に里帰りするごとに実感する、窮屈な感じ。

もっと

異文化理解力を向上させるために必要な要素①コミュニケーションについての理解~ハイコンテクストかローコンテクストか~

そういう価値観がまだまだ根強いということを理解しておきなさい、というアドバイスだった。 便利なんだけれども、本当にそれ要る??っていう。 ただこの場合はハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化について、お互いが理解をしていればお互いに気を使うことができます。 ここでいう『コンテクスト』とはコミュニケーションの前提となる、言語や、共通の知識・価値観・ロジックなどを指すと言います。 アレについて何も分からない人からすると、ちんぷんかんぷんの話です。 ローコンテクスト型コミュニケーションでは、先に述べたように「言語」による情報伝達が主となります。 フランスは本当に「ローコンテクスト」な社会です。

もっと

日本人が曖昧を好むのはなんで?〜ハイコンテクストとローコンテクスト文化の違い〜

はっきりという文化だからこそ、こういうシンプルかつ明確な敬語を使うことが大切になってくるわけですね。 ところがその環境が整わないと、今度は一転してコミュニケーションが滞ってしまいます。 その答えもこのハイコンテクスト・ローコンテクストの識別で導き出すことができます。

もっと

ハイコンテクストとローコンテクストの興味深いお話し

頭で理解することよりも、ローコンテ クスト社会で、自分の言いたいことが 全く伝わらないという経験をすること です。

もっと

これからはハイコンテクストとローコンテクストのコミュニケーションを使い分けて成果を出す時代に

ここまで読んでくださった方はわかると思いますが、アメリカはローコンですので、ハイコンの考えを彼に期待してもほぼ無駄です。 それらの違いは、コミュニケーションが「コンテクスト依存型」か「言語依存型」かにあるとも言える。 逆に、相手の気持ちを推し量ることを苦手とする傾向になります。 高文脈文化では、より抽象的な表現での会話が可能であるが受け手の誤解などによる情報伝達の齟齬も生じうる。

もっと