古今亭 まめ 菊。 お知らせ

演舞場発 東寄席 第五十一回

先付けには、本日の江戸伝統野菜、後関晩生小松菜のお浸し。 没 享年77 | + 滝川鯉かん 初代 本名不詳 寄席音曲の大看板であった。 初代三遊亭圓菊 - 後の。 日本橋馬喰町で奉公人をしている奉公人の清蔵は、幾代太夫という吉原の遊女の錦絵に一目惚れしてしまいます。 年数は西暦 赤字名は故人 紫の注(数字)は下にコメントあり 八代目 桂 文楽 注1 九代目 桂 文楽(小益) 38年生、57年入門 71年文楽没後、 円蔵門下へ 73年真打ち、92年に襲名 三代目 柳家小満ん(小勇) 注27 42年生、61年入門 72年文楽没後、 小さん門下へ 75年真打ち 柳家さん生(小勇) 57年生、77年入門 93年真打ち 柳家一九(小まめ、小満女) 57年生、80年入門 95年真打ち 五代目 古今亭志ん生 注2 二代目 古今亭円菊(むかし家今松) 29年生、53年入門 66年真打ち 古今亭志ん弥(菊弥) 50年生、73年入門 87年真打ち 古今亭菊輔(菊坊、菊正) 60年生、79年入門 95年真打ち 古今亭菊若(菊ぼう) 64年生、88年入門 古今亭菊之丞 古今亭菊朗 真打昇進して「菊志ん」 古今亭菊六 2012年秋、真打に昇進して「文菊」に 二代目 古今亭志ん朝(朝太) 注22 38年生、57年入門 62年真打ち、2001年没 六代目 古今亭志ん橋(志ん太) 44年生、69年入門 82年真打ち 古今亭志ん輔(朝助、朝太) 53年生、72年入門 85年真打ち 古今亭右朝(志ん八) 48年生、75年入門 88年真打ち 古今亭志ん上(志ん坊) 52年生、77年入門 93年真打ち 古今亭志ん駒 古今亭志ん五(志ん三) 49年生、66年入門 73年志ん生没後、志ん朝門下へ 82年真打ち 六代目 三遊亭円生 注3 五代目 三遊亭円楽(全生) 注13 33年生、55年入門 62年真打ち 三遊亭鳳楽(楽松) 注35 47年生、65年入門 79年真打ち 三遊亭楽松 三遊亭鳳好 三遊亭鳳志 六代目 三遊亭円橘(朝治) 45年生、66年三遊亭小円朝に入門 73年小円朝没後、円楽門下へ 80年真打ち 三遊亭好楽(林家九蔵) 46年生、66年林家正蔵に入門 81年真打ち 83年正蔵没後円楽門下へ(改名) 三遊亭好太郎 61年生、85年入門 92年真打ち 三遊亭兼好(好二郎) 三遊亭楽太郎 注36 50年生、70年入門 81年真打ち 2010年、六代目「円楽」襲名 三遊亭小円楽 三遊亭竜楽 58年生、86年入門 92年真打ち 三遊亭楽麻呂(青楽、エンゼル) 63年生、82年入門 91年真打ち 三遊亭楽春(竹楽) 63年生、85年入門 92年真打ち 三遊亭楽之介 三遊亭大楽 三遊亭王楽(好楽の息子、父とは兄弟弟子になる) 六代目 三遊亭円窓(吉生) 40年生、59年 春風亭柳枝に入門 69年真打ち 三遊亭窓里 59年生、80年入門 96年真打ち 三遊亭萬窓(窓樹) 三遊亭円弥 36年生、58年 春風亭柳枝に入門 72年真打ち 川柳川柳(さん生) 31年生、55年入門 74年真打ち、78年に 円生門下離脱 三遊亭円丈(ぬう生) 44年生、64年入門 78年真打ち 三遊亭白鳥(新型、新潟) 63年生、86年入門 02年真打ち 三遊亭小田原丈 71年生、90年入門 五代目 柳家小さん (小きん、小三治) 注4 15年生、33年先代 小さんに入門 47年真打ち 95年人間国宝指定、2002年没 柳家小せん 五代目 立川談志(小よし、小えん) 注21 36年生、52年入門 63年真打ち 師匠と意見対立から「立川流」設立 立川流は別項へ記載 十代目 鈴々舎馬風(柳家かえる) 39年生、56年入門 73年真打ち 鈴々舎馬桜(立川談生) 49年生、69年談志に入門 82年真打ち 十代目 柳家小三治(さん治) 注26 39年生、59年入門 69年真打ち 柳家喜多八(小より、小八) 注34 49年生、77年入門 93年真打ち 柳家一琴(横目家助平) 67年生、88年入門 柳家三三 注43 九代目 入船亭扇橋(柳家さん八) 31年生、57年 桂 三木助に入門 70年真打ち 入船亭扇遊(扇好) 53年生、72年入門 85年真打ち 入船亭扇治(扇べい) 62年生、86年入門 入船亭扇辰(扇たつ) 64年生、89年入門 入船亭扇好 柳家さん八 柳家三語楼(小太郎、小えん) 47年生、63年入門 76年真打ち 柳家さん喬(小稲) 注31 48年生、67年入門 81年真打ち 柳家喬太郎(さん坊) 注41 63年生、89年入門 00年真打ち 柳家小太郎 柳家さん若 柳家さん坊 三代目 柳家権太楼(さん光) 注33 47年生、70年 柳家つば女に入門 82年真打ち 柳家三太楼(さん太) 注42 65年生、88年入門 02年真打ち 柳家小権太 六代目 柳家つば女(小きん) 38年生、58年入門 73年真打ち 柳家小里ん(小たけ) 48年生、69年入門 83年真打ち 柳家小えん(みのる、みの助) 53年生、75年入門 85年真打ち 四代目 桂 三木助 (小太郎、小きん) 57年生、77年入門 85年真打ち 夢月亭清麿(雪之丞、歌麿) 50年生、73年 柳家つばめに入門 74年つばめ没後、 小さん門下へ 89年真打ち 柳亭市馬(小幸、さん好) 61年生、80年入門 93年真打ち 柳家花録(九太郎、小緑) 71年生、87年入門 94年真打ち 林家彦六(林家正蔵) 注5 林家木久蔵(木久男) 37年生、60年 桂 三木助に入門 73年真打ち 林家彦いち(きく兵衛) 69年生、89年入門 林家きく姫 70年生、87年入門 林家正雀(繁蔵) 51年生、74年入門 82年彦六没後、橘家文蔵門下へ 83年真打ち 春風亭柳朝 春風亭一朝(朝太郎) 50年生、68年入門 82年真打ち 春風亭小朝(小あさ) 注38 55年生、70年入門 80年真打ち 橘家円太郎(あさり) 62年生、82年入門 97年真打ち 五明楼玉の輔(あさ市) 66年生、85年入門 98年真打ち 春風亭正朝 53年生、75年入門 85年真打ち 春風亭勢朝 62年生、78年入門 96年真打ち いなせ家半七(朝吉、茶々丸) 59年生、80年入門 96年真打ち 立川談志 立川流Aコ-ス 立川左談次(談奈) 50年生、68年入門 82年真打ち 立川ぜん馬(孔志、朝寝坊のらく) 注37 48年生、71年入門 82年真打ち 立川談四楼(寸志) 51年生、70年入門 84年真打ち 立川談之助(談Q) 53年生、74年入門 92年真打ち 二代目 快楽亭ブラック(ワシントン以来改名多数) 52年生、69年入門(72年~78年桂三枝門下) 92年真打ち 立川志の輔 54年生、82年入門 90年真打ち 立川志らく 63年生、85年入門 95年真打ち 立川談春 66年生、84年入門 97年真打ち 立川笑志 63年生、88年入門 立川談生 65年生、92年入門 立川文都 立川談志 立川流Bコ-ス 立川藤志楼(高田文夫) 立川(ビ-トたけし) 立川(ミッキ-カ-チス) 古今亭今輔 注6 四代目 桂 米丸(今児) 25年生、46年入門 49年真打ち 桂 歌丸(今児) 36年生、51年入門 68年真打ち 桂 歌春(歌はち) 49年生、70年桂枝太郎に入門 79年枝太郎没後、歌丸門下へ 85年真打ち 桂 米助 48年生、67年入門 81年真打ち 桂 竹丸 57年生、81年入門 93年真打ち 桂 円右(寿輔) 23年生、41年 橘ノ円に入門 47年、 今輔に師事 55年真打ち 古今亭寿輔(右詩夫) 44年生、68年入門 83年真打ち 十代目 金原亭馬生 注11 金原亭伯楽(桂太) 39年生、61年入門 73年真打ち 五街道雲助(駒七) 注32 48年生、68年入門 81年真打ち 五街道佐助 五街道喜助 十一代目 金原亭馬生(馬治) 49年生、69年入門 82年 馬生没後、伯楽門下へ 87年真打ち(99年襲名) 金原亭世之助(駒平) 57年生、76年入門 82年 馬生没後、伯楽門下へ 初音家左橋(小駒) 56年生、79年入門 82年 馬生没後、伯楽門下へ 95年真打ち 三代目 三遊亭円歌(歌奴) 29年生、45年入門 注7 58年真打ち 三遊亭歌之介(歌吾、きん歌) 59年生、78年入門 87年真打ち 三遊亭歌武蔵 三遊亭歌る多(歌代) 62年生、81年入門 93年真打ち 八代目 橘家円蔵 (月の家円鏡) 34年生、53年入門 注24 65年真打ち 六代目 月の家円鏡(升蔵、小円鏡) 45年生、66年現・円蔵に入門 82年真打ち 橘家蔵之助(かがみ、鷹蔵) 57年生、81年入門 96年真打ち 三代目 三遊亭金馬 四代目 三遊亭金馬(小金馬) 29年生、41年入門 57年真打ち 三代目 三遊亭小金馬(勝馬) 49年生、68年入門 82年真打ち 三遊亭金時 62年生、86年入門 96年真打ち 三遊亭金太 69年生、91年入門 三遊亭遊三(とん馬) 38年生、55年三遊亭円馬に入門 64年真打ち 三遊亭小遊三(遊吉) 47年生、69年入門 83年真打ち 三遊亭遊馬 八代目 三笑亭可楽 三笑亭夢楽 25年生、49年 今輔に入門 51年 可楽門下へ 58年真打ち 三笑亭夢丸(夢八) 45年生、63年入門 78年真打ち 三笑亭夢太郎(夢二) 48年生、67年入門 81年真打ち 三笑亭夢之助(夢九) 49年生、68年入門 83年真打ち 三笑亭楽輔 九代目 三笑亭可楽(可勇) 36年生、55年入門 69年浮世亭写楽で真打ち 92年襲名 春風亭柳橋 注8 春風亭柳昇(柳之介) 20年生、46年入門 58年真打ち 春風亭小柳枝 二代目 昔々亭桃太郎(昇太) 45年生、66年入門 81年真打ち 春風亭鯉昇(愛橋) 53年生、73年春風亭小柳枝に入門 79年 春風亭柳昇門下へ 90年真打ち 春風亭昇太(昇八) 59年生、82年入門 92年真打ち 春風亭柳桜(柳太郎) 52年生、79年入門 93年真打ち 春風亭柳八 67年生、86年入門 春風亭柳好 九代目 春風亭小柳枝 36年生、65年入門 76年 柳昇門下へ 78年真打ち 三遊亭小円馬 三遊亭円馬 三遊亭栄馬 44年生、67年入門 81年真打ち 四代目 柳亭痴楽 注9 五代目 柳亭痴楽(痴太郎、小痴楽) 51年生、68年入門 83年真打ち、96年襲名 柳亭楽輔 53年生、72年入門 73年 痴楽没後、夢楽門下へ 87年真打ち 雷門助六 九代目 雷門助六(花助、五郎) 47年生、65年入門 81年真打ち 95年襲名 春雨や雷蔵(助三) 51年生、68年入門 83年真打ち 九代目 桂 文治 十代目 桂 文治(伸治) 24年生、46年 桂小文治に入門 58年真打ち 桂 福丸(なか治、小福) 54年生、79年入門 88年真打ち 桂 平治(がた治) 67年生、86年入門 99年真打ち 二代目 桂 小南 注10 二代目 桂 文朝(小西) 42年生、52年に入門 70年真打ち 桂 南喬(南笑) 47年生、63年三代目 金馬に入門 77年真打ち 桂 南なん 57年生、77年入門 91年真打ち 林家三平 林家こん平 43年生、58年入門 72年真打ち 林家たい平 64年生、88年入門 00年真打ち昇進 林家こぶ平(小三平) 62年生、78年入門 80年三平没後、こん平門下へ 88年真打ち 林家ペ- 八代目 三升家小勝(勝二) 38年生、57年 三升家小勝に入門 73年真打ち <上方落語> 三代目 桂 米朝 注12 25年生、47年 桂米団治に入門 96年人間国宝に認定 月亭可朝(林家染奴、桂 小米朝) 38年生、58年 林家染丸に入門 その後米朝門下へ 月亭八方 48年生、68年入門 月亭ハッピ- 月亭ハッチ 二代目 桂 枝雀 注25 三代目 桂 南光(べかこ) 51年生、70年入門 93年襲名 桂 雀三郎(米治) 49年生、71年入門 桂 雀松 56年生、75年入門 桂 雀々 60年生、77年入門 桂 九雀 60年生、79年入門 桂 文我(雀司) 60年生、79年入門 桂 む雀 61年生、81年入門 二代目 桂 ざこば(朝丸) 47年生、61年入門 88年真打ち 桂 都丸 55年生、77年入門 桂 喜丸 56年生、81年入門 桂 出丸 二代目 桂 歌之助(扇朝) 46年生、67年入門 74年襲名 桂 米輔 50年生、70年入門 桂 小米(すずめ) 50年生、69年入門 桂 吉朝 54年生、74年入門 桂 あさ吉 桂 吉弥 桂 千朝 56年生、74年入門 桂 米二 57年生、76年入門 桂 小米朝 58年生、78年入門 桂 勢朝 61年生、79年入門 三代目 桂 春団治(小春、福団治) 30年生、47年先代 春団治入門 桂 福団次(一春、小春) 40年生、60年入門 桂 春之輔(春章) 48年生、67年入門 桂 春若 51年生、70年入門 三代目 桂 小春団治(春幸、小春) 58年生、77年入門 四代目 桂 梅団治(春秋) 57年生、80年入門 五代目 桂 文枝(あやめ、小文枝) 30年生、47年先代 文枝に入門 桂 三枝 43年生、66年入門 桂 きん枝 51年生、69年入門 桂 文珍 48年生、69年入門 桂 文太 52年生、71年入門 桂 文福 53年生、72年入門 三代目 桂 あやめ(花枝) 64年生、82年入門 六代目 笑福亭松鶴 笑福亭松之助 25年生、49年 五代目松鶴に入門 笑福亭仁鶴 37年生、61年入門 笑福亭鶴光 48年生、67年入門 笑福亭福笑 49年生、68年入門 六代目 笑福亭松喬(鶴三) 51年生、69年入門 笑福亭松枝 50年生、69年入門 笑福亭呂鶴 50年生、69年入門 笑福亭鶴瓶 51年生、72年入門 笑福亭鶴志 55年生、74年入門 三代目 林家染丸 四代目 林家小染 五代目 林家小染(染八) 63年生、82年入門 84年、小染没後染丸門下へ 96年、五代目小染襲名 四代目 林家染丸(染二) 49年生、66年入門 91年襲名 三代目 林家染二(染吉) 61年生、84年入門 98年三代目染二襲名 露の五郎(春坊、桂小春団次) 32年生、47年 二代目春団次に入門 落語家プロフィ-ル 1~12まで:パンダにとっての第一世代 21~29まで:パンダにとっての第二世代 31~39まで:パンダにとっての第三世代 41~49まで:パンダにとっての第四世代. 生 | | | | + 古今亭まめ菊 本名 林理里花 平成 6. - 理事に就任。 (脱退、フリー)• 神楽坂がん子 カテゴリー: 投稿日: 投稿者: 桜の時期も過ぎて少しずつ夏の気配も感じられる毘沙門天の境内では、早くも藤が咲き始めました。 生 | | | | + 橘ノ杏奈 本名 栗林美彩子 昭和48. 落語を愛するお客様に生かしていただいている私たちが落語を通じて恩返しをする術が今まで構築されてこなかったのです。

もっと

浅草演芸ホール 11月下席 2019年11月24日

生 圓楽一門脱会 フリー | | | | | | + 三遊亭鳳志 本名 山本公一郎 昭和51. 煮物は、それぞれの食材の食感を生かし丁寧に炊いた筑前煮、ブロッコリー。 。 愛宕山を舞台に繰り広げられるお話は、大きな笑い声と拍手で幕をとじました。 - 前座となり、「 菊之丞」(初代)。 - 卒業。 返金方法は下記チケットぴあのHP内「配送引取でお引き取りされた方」に該当します。

もっと

東西落語系図

体をよじるようなコミカルなしぐさと、「圓菊節」とも言われる口調で人気を集める。 CD:古今亭文菊 名演集 2 『茶の湯』『もう半分』• 生 | | | | | | + 三遊亭ごはんつぶ 本名 岸 怜樹 昭和 8. 古今亭生次を名乗る。

もっと

古今亭まめ菊: Kazooの感激記

生 | | | | | + 三遊亭愛楽 本名 藤谷哲郎 昭和44. 聴くたびに成長してゆく前座さん見るのは何だか嬉しいもの。 なお、当日のチケット交換は18:30までにお済ませください。 3月、圓歌 四代目 襲名予定 | | | | | | + 三遊亭ありがとう 本名 古川祐樹 平成 3. 生 | | | | | + 三遊亭圓福 本名 大塚 信 昭和42. 菊之丞師匠、新春らしく白の羽織姿で登場。

もっと

古今亭駿菊が落語協会を退会するらしい

お支払いは当日受付にて承ります。 古今亭圓菊落語選(2011年、) DISC-1: 1. 詳細は以下の各サイトでご覧いただけます。 「品の良いお客様が多いから、上品なネタを. 6月 - 平成20年度 国立演芸場花形演芸会金賞受賞• 生 | | | | | | | + 三遊亭らっ好 本名 井芹洋平 平成 3. - 二ツ目昇進。 『』(2011年8月5日)• 寄席がハネたあと私の連れのおじさんたちは、お酒とあったか鍋にまっしぐらの様相です。

もっと

古今亭 落語協会 総まとめ

連日、乾燥注意報が出ており火事が心配ですが、「火の用~心」という夜廻りの声が聞けなくなりました。

もっと

お知らせ

「」シリーズ 二代目 古今亭圓菊 1(2010年、) 1. 駿菊さんは、まだ聴いたことがない。 (間違ってたらごめんなさい。

もっと

古今亭菊之丞

生 | | | | | + 三遊亭竜楽 本名 柳井淳嘉 昭和33. 今宵のお客様にもワイングラスでお召し上がりいただきました。 49才 | | + 三遊亭一圓遊 本名 滝梅三郎 圓遊 大阪・二代目 圓遊を返上して下阪したが、一圓遊は終生圓遊で通した。 個性豊かな旦那衆の人物描写、底冷えのする寒さの町内廻りと、燗酒と猪鍋を囲む番小屋の暖かさの場景表現など、かなりの力量が演者に必要とされる、この季節には必ず聴きたいネタといえます。

もっと

古今亭 落語協会 総まとめ

生 | | | | | + 三遊亭はらしょう 本名 原田 亮 昭和52. 生 | | | | | + 三遊亭圓雀 六代目 本名 葛城竜太 昭和41. 84歳没。 生 | | | | | + 三遊亭とん楽 本名 海老原守 昭和32. 奉公先の親方と「懸命に働き、貯金をしたら幾代太夫に会わせてやる」と約束した清蔵は、一年間みっちりと働き、約束を果たしてもらいます。 昔からいわれる緊張防止のおまじない…掌に「人」の字を書いて飲む…が、高座のそでから一瞬だけ見えたんです。 前回に引き続き、菊之丞師匠の一番弟子、古今亭まめ菊さんの開口一番は『道灌』です。 長男は同じく落語家の。 のちに離婚。

もっと