煩わ せる 意味。 「煩わす」はへりくだる言葉ですか?

「煩わせる」の敬語表現・煩わせるの使い方と例文・別の敬語表現

まとめ 「お手を煩わせて」や「お心を煩わせて」のように、自分の心情を相手に伝えることができる言葉は、ビジネスシーンのうえで使うことの多い言葉のひとつです。 「お手を煩わせる」は、「手を煩わせる」の丁寧な表現です。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「お手を煩わせる」の 詳しい意味と正しい使い方、そしてビジネスシーンで活用することが出来る例文をご紹介しました。 ご厄介になる• 2.「お手を煩わせる」の意味 「煩う」には、「面倒」や「思い悩む」といった意味があります。 類語は何かと振り返る事のできるような余裕を持ちましょう。 【例文】 ・〇〇様の お手を煩わせることや、ご苦労をおかけすることもあるかと思いますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。 日常的にも使われていますが、ビジネスシーンにおいて、会話やメールでもよく目にする言葉でしょう。

もっと

お 手 を 煩わ せる

本当に相手に面倒なことをしてしまい、謝らなければいけない状況のときにも「お手を煩わせる」という言葉が使えます。

もっと

お 手 を 煩わ せる

この場合、「手」ではなく「心」、つまり「面倒をかける」や「手間をかける」のではなく、「心配させる」や「気を遣わせる」という意味の言葉になります。 類語を知っておけば、場面やシチュエーションごとに合わせて使う事ができます。 「患う」は「病気にかかる」という意味なので、「病気を患う」とすると意味が重なってしまいます。 「お心を煩わせてしまい申し訳ありません」 「お手を煩わせる」という言葉とは違いますが、「お心を煩わせる」という言葉もあります。 つまり、『 何らかの理由により、匂いや空気が流れている、もしくは空中や水面の上に流れている』ことを指す言葉が『漂わせる』の意味となります。

もっと

「煩わせる」の意味と使い方・読み方・言い換え・尊敬語・類語

謙譲語や丁寧語では? 「煩わせる」というのは「相手に手間や面倒をかけること」を意味する言葉であるとご紹介しました。 思い煩う• ただ、「お手を煩わせる」「お手を煩わせて」は「申し訳ない」という気持ちを表現する敬語であり、謝罪する場面で利用されることが多いため、大変なご迷惑をおかけしているのに「お手数・お手間」を使ってしまうと、相手によっては更にマイナスな印象を持たれてしまうかもしれません。 普通のことを頼んだだけなら「お手数・お手間をおかけして」でもよいですが、予定外のことで相手にご迷惑をかけたなら、「お手を煩わせる」を使った方がふさわしいということになります。

もっと

「お手を煩わせる」の意味と使い方は?ビジネスで使える例文を教えて!

具体的には「お手を煩わせてしまい、申し訳ありません」や「お手を煩わせて恐縮ですが」といった形で使います。 例えば「(病気を)煩う」、「思い煩う」、「煩雑」といった言葉がその用例に当たります。 」などがあり、これは主にメールで用いられます。 「お手を煩わせるわけにはいきません」 「お手を煩わせるわけにはいきません」は、相手が自分にたいして手助けなどを申し出た際に、丁寧に断るための言葉として使うことができます。 」で締めるのは少し大げさな印象があるかもしれません。 言葉を使う自分と相手が理解して、使い慣れているような言葉を選ぶようにしましょう。

もっと