日本 風土 病。 なぜ日本人は承認欲求という“病”にかかりやすいのか。『承認欲求の呪縛』著者インタビュー

かつて九州地方で“風土病”と恐れられた血液のがん母乳の授乳制限で防げることがわかってきた

野兎病(やとびょう) 野兎病は細菌の1種である野兎病菌 Francisella tularensis の感染によって 引き起こされる突然の高熱・頭痛・悪寒・筋肉痛などを伴う急性熱性疾患です。 体臭は魚のような生臭い臭い、便臭、生ゴミの臭い、下水道の臭いなど様々である。 突破口 明治時代になり、原因の調査が行われたが不明のままであった。 だが、脳や神経の専門家たちの間では、この「常識」に真っ向から反する事例が、長年語り継がれ、人知れず研究されてきた。 日本住血吸虫においては「宮入貝(ミヤイリガイ)」という巻き貝がこれに該当した。 同様に桂田の行った動物実験でも、経皮感染を示す結果であった。 この甲府盆地内でのともいえる有病地の偏り は流行末期まで続いた。

もっと

地方病との闘い、日本住血吸虫

虫体の発見によってこの奇病が寄生虫病であると確定はしたが、の体長が1センチから2センチほどある日本住血吸虫のヒトへの感染経路、しかも消化器系ではなく血管内に寄生する生態メカニズム()の解明が次の課題であった。 やがての頃になると、甲府盆地の人々の間でこの奇病に因んだが生まれた。

もっと

地方病 (日本住血吸虫症)

戦後すぐに米国で開発された特効薬である。 藤浪鑑によるウシを利用した比較感染実験 経口感染 予防 経口感染 予防せず 経皮感染 予防 丙グループ 2頭 ウシ小屋に隔離して小屋の外には出さない。

もっと

風土病とは

太田肇さん(以下、太田):「周囲から認められたい」「自分を価値ある存在と認めたい」という承認欲求があると思います。

もっと

5つの感染症

下流域の千葉県・のごく一部。 学名にそのままツツガムシと書いてあることからもわかるように、ツツガムシ病の研究には日本人が貢献しています。 だが実は、遠い昔から、原因不明の「認知症多発」に苦しんでいる人々がいた。 患者には脳の委縮も見られる。

もっと