盆 と 正月 が 一緒 に 来 た よう。 盆と正月が一緒に来たよう(ぼんとしょうがつがいっしょにきたよう)

マナーうんちく話1981《「盆と正月が一緒に来たよう。」この意味は?では「月雪花は一度に眺められぬ」は?》 :マナー講師 平松幹夫 [マイベストプロ岡山]

そして少し古い資料ですが、日本には仏教系の信者は8000万人以上、神道系は1億人以上いるといわれています。 特に都市部ではそうですし、核家族化が進み、お仏壇がないお宅も珍しくないしお寺さんに行くという習慣のない家も多いわけです。 これは「新年を迎える正月はめでたく、お盆を加えると更にめでたくなるだろう」という誤解から、誤用が広まったと考えられています。 よう=様と思われる。

もっと

盆と正月

是非みなさんもこの言葉を活用してみてください。 「お正月」は新しい年の始まりを祝い、幸せを祈念します。 また「」や「目が回る」なども、非常に忙しくせわしない状態を表すので類義語と言えるでしょう。 故郷を離れた親戚などが集まる時期。 なぜそれぞれの行事があるのか、どうしてそうするのか、 色々なことを学び、実践しながら色々なことを感じました。 冒頭に書いた 「盆と正月が一緒に来たような日」とは… この日食べた料理を時系列で書くと。 「盆と正月が一緒に来たようだ」 という言葉を聞いたことはありませんか? 昔々、江戸時代の頃、都市部の商家を中心に 「藪入り(やぶいり)」という 奉公人のお盆休みとお正月休みの習慣が広まりました。

もっと

マナーうんちく話1981《「盆と正月が一緒に来たよう。」この意味は?では「月雪花は一度に眺められぬ」は?》 :マナー講師 平松幹夫 [マイベストプロ岡山]

盆踊りは本来仏教行事です。

もっと

盆と正月が一緒に来たようだ

このことから、「嬉しいことが重なること」を「盆と正月が一緒に来たよう」と表現しました。 結婚して初めて触れた、という方もいらっしゃるかもしれません。 また喜ばしい出来事が重なって、大変めでたい時にも使います。

もっと

盆と正月が一緒に来たよう

新年を迎える正月はめでたいことであり、盆を加えると更にめでたくなるだろうという誤解から、誤用が広まったと考えられる。

もっと

盆と正月

一般には仏教行事と考えられていますが、本当は神道行事でした。 お正月について お正月は、日本を代表する神道行事です。

もっと

盆と正月

リーズナブルなので何軒か利用した事がある。 【語源・由来】 お盆と正月は特別な行事とされているので、準備にも忙しく、また人が集まることもあるのでにぎやかになるということ。 また日本には「三大名園」があり、それぞれ特徴があります。 普通に「稚鮎フライ¥580」と書かれていても(ふ~ん…)って感じだけど… 「今が旬!稚鮎フライ¥580」と書かれると頼んでみるかな?といった気持になるから不思議だ。 ビジネスでもプライベートでも使用しますが、前者は「決算報告の資料作りで大変忙しい時に、大口の契約が取れた時」などは、にわかに忙しくなるので「盆と正月が同時に来た」と表現します。 語源 [ ] 先祖供養の行事である(初秋の)と、新年を迎えるは、いずれも行事が多く、印象が強いことから、それが重複すれば更に忙しくなるだろうという想像による。 全ての四期支払い日が一緒に来たのと同じ忙しさである。

もっと