据え膳 食わ ぬ は 類語。 「据え膳」の意味とは?「上げ膳」との違いや類語と対義語を解説

据え膳食わぬは男の恥 (すえぜんくわぬはおとこのはじ)とは【ピクシブ百科事典】

と表現されます。 そもそも「据え膳」は「支度の整った食事」のこと 「据え膳(すえぜん)」は、現代では「上げ膳、据え膳」」というように使われることが多いですが、もともと「すでに準備されている食事」という意味があります。 せっかく女性から一心決意をして言い寄っているのに「好意を無駄にするとは男としてやましい、後ろめたい」また「女性に恥を欠かせないように」というニュアンスを含めた意味で使うことがあります。 完全な形で準備し、食事を摂る人の前に据えることから、 もてなしの準備が十分に整っている状態で迎え入れる状況が据え膳と呼ばれています。 見合い相手から好意的な返事をもらい、両親から「据え膳食わぬは男の恥って言うでしょ」と肩を押された。

もっと

「据え膳食わぬは男の恥」はどんな意味?英語や使い方・類語も紹介

「据え膳食わぬは男の恥」の意味とは? 意味は「言い寄る女性を拒むのは男の恥」 「据え膳食わぬは男の恥」とは「女性から言い寄っているにも関わらず、その好意を受け入れないことは男として恥ずかしい」という意味を持ちます。

もっと

据え膳食わぬは男の恥の意味とは?男女の本音や正しい対処法も

現在では旅先で家事労働から解放された家族がのんびりとくつろげる環境を指していることもあると言えます。 しかし、さらに転じて、女性のほうから言い寄る、または、男性が行動に出やすいように女性が状況を整えたにもかかわらず、その誘惑に応じないのは男でありながら臆病者だ、という意味に。 正しくは 「上げ膳据え膳」です。 据え膳の由来・言葉の背景 出典: 日本に、テーブルやちゃぶ台と呼ばれる食卓が存在しなかった時代、 食事は一人膳と呼ばれる一人用の小さなお膳で取っていました。 この場合は、「他の人を働かせておきながら、自分は何もしないでいること」という意味。 この場合は、何もかも自分でやるのですから「自給自足」、「独立独歩」などが当てはまります。

もっと

【据え膳食わぬは男の恥】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

ああ無情……。 ほかにも、普段家事や育児で忙しい女性が実家に帰省をしたときに、「実家では母親が上げ膳据え膳で、とてもラクをさせてもらいました」といった使い方もできます。

もっと

「据え膳」とは?意味や使い方をご紹介

「据え膳食わぬは男の恥と言うけれど、草食男子が増えている今では、そう恥ずかしいことではない」など。 「据え膳食わぬは男の恥」という言葉のもとになった、という考える説もあります。 男女の色恋には「男性から持ちかける場合」と「女性から持ちかける場合」がありますが、このことわざでは、女性からわざわざ好意を寄せて相手に近づいている状況が舞台となります。 現在では転じて他の意味合いを持つようになりました。

もっと

「上げ膳据え膳」の意味や使い方

このように「上げ膳据え膳」とは、 他人が食事の用意や後片付けをしてくれるということから、 「自分は何もしないで家の中で大事にされて暮らすこと」という意味があります。

もっと

据え膳食わぬは男の恥の意味とは?男女の本音や正しい対処法も

こちらの意味でも、やはり「据え膳」は単独ではなく、「据え膳食わぬは男の恥」ということわざで言い回すのが一般的なようです。

もっと

「据え膳」とは?意味や使い方をご紹介

据え膳食わぬは男の恥の類語はいったいなんなのでしょうか。 もともとは、用意された食事を食べられないほど食が細いことは、男として恥ずかしいことだ、という意味だったのだとか。 お茶を出してくれたり、ごちそうを出してくれたり、いろいろなもてなしをしてくれるときに使う言葉ですよね。 昔は「男性は外で働き、女性は食膳を調えたり子育てをして家を守る」という考え方が一般的でした。 お客様が何もしなくてもいいほど、「非常に丁重に扱う」という点が、「据え膳」の類語と解釈できます。 女性が社会進出するようになり、男女平等が謳われるようになりました。

もっと

据え膳食わぬは男の恥 (すえぜんくわぬはおとこのはじ)とは【ピクシブ百科事典】

だが、双方丸く収めることもまた難しいので悩みは尽きない。 「据え膳食わぬは男の恥」で「もったいない」と揶揄する 現代では「男女の交際に至るプロセスの容易性」を揶揄する意味でも使われることもあります。 意味は「非常に丁重に扱うこと」です。 」という意味を持っていたようですが、転じて男性に好意を持っている女性と、関係を持たないのは男の恥という意味を表しています。 「至る」は「注意が行き届く」、「尽くす」は「出来る限りの努力をして、これ以上申し分がない状態まで持っていく」という意味があります。

もっと