レジェンド 自動 運転。 【2020年7月】ホンダ新型レジェンドが「マイナーチェンジ」で自動運転レベル3に進化か!?【手放し目離し運転】

世界初! 自動運転レベル3装置を搭載したホンダ「レジェンド」を2020年度内に発売へ

レベル3の自動運転機能というのは、特定条件下において、ドライバーは前方を注視したり、ステアリングを握っていなくてもシステムが自動で運転できる。 ホンダは11日、高速道路など一定の条件の下、前方を見ずにハンドルから手を離したまま運転できる自動運転技術「レベル3」を搭載した高級セダン「レジェンド」を2021年3月までに発売すると発表した。 さらに「ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)」に渋滞追従機能を追加。 現行レジェンド 出典 比較してみると、フロントバンパー下部、ロアグリルやフォグランプまわりのデザインが変更されているように見えます。 この中には、走行環境条件を外れる前には運転を引き継ぐ警報を発してそれまでは安全運行を継続すること、引き継がれない時は安全に停車すること、ドライバーを監視するドライバーモニタリングを搭載すること、不正アクセス防止のためのサイバーセキュリティ確保の対策を講じること、作動状態の記録装置を装着すること、ドライバーが対応できない状態になった時刻なども記録すること、自動運転車のステッカーをボディの後部に貼ることなどが定められている。 非装着車の運転と同様、ドライバーは常に前方や周囲を注視して、車両の動きを監視する必要があるからだ。

もっと

ホンダ、自動運転レベル3の「レジェンド」を2020年度内発売へ 世界初の型式指定取得

新型レジェンドのテストカーが多数目撃 すでに、 自動運転技術のテストをしていると思われる新型レジェンドのテストカーが多数日本国内でも目撃されています。 前述のように今回のマイナーチェンジで二度目ですが、新型レジェンドは約2年半ぶりのテコ入れが行われる計算。 また自動運転を使用した時刻や運転の引き継ぎに関するアラーム発報時刻、ドライバーが運転対応できない状態になっていた時間などがを6か月間記録保存することとされています。 企業が全自動運転機能を実際問題として使用する機会は少ないでしょうから、環境性能が高いクラリティを選ばず敢えて新型レジェンドを選択するメリットや必要性は薄そう。 高速道路上でカーナビに従い、出口まで法定速度で走行する。 レベル3は高速道路など「特定条件下の自動運転」を認められたクルマで、高速道路の渋滞時など限られた条件下では自動運転システムがドライバーに代わって運転する。

もっと

【ホンダ新型レジェンド】2021年1月「レベル3自動運転!」マイナーチェンジ発売!最新情報、燃費、発売日と価格は?

レベル2までは自動運転といっても、ドライバーが前方や周辺の状況を監視する必要があり、自動ブレーキなどのシステムは文字通りドライバーを支援する存在だ。

もっと

世界初! 自動運転レベル3装置を搭載したホンダ「レジェンド」を2020年度内に発売へ

ホンダが実用化するのは、渋滞時にアクセルやハンドルの操作が不要で、前方から目を離すことも可能な技術。 ドライバーは自動運転中に周囲に気を払う必要はなく、他の作業を行うことも可能になります。

もっと

自動運転「レベル3」 ホンダの「世界初」、アピールに一役買う国交省の目論見は: J

また、レベル3車の市販は世界初だが、レベル2との技術的な差は小さいとされる。 [筆者:渡辺 陽一郎]. 改正法では自動運転レベル3の実用化に必要な自動運行装置が保安基準(昭和26年運輸省令67号)の対象装置として新たに加えられた。 自動運転車 レベル1 運転支援、自動ブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシストなど 自動運転車 レベル2 高度な運転支援、レーンキープアシストにアクティブクルーズコントロールが可能で遅い車がいる場合にウィンカー等で操作で自動で追い越しを行う。 前回のマイナーチェンジは内外装がガラッと刷新されてエンジン周りも強化されたんですが、今回はそういったテコ入れはなさそうです。 これがレベル3になれば、運転の主体がシステムに移行します。

もっと