大阪 都 構想 住民 投票 予想。 大阪都構想の住民投票 事前予想の「賛成派優位」は盤石か?:日経ビジネス電子版

大前研一「大阪都構想は原点に戻れ」 松下幸之助の言葉を思い出せ

東京都も同様に違う自治制度についてもそれぞれの地域に抱えている問題も異なっているのではないか。 改めて大阪都構想の発端となったのはで大阪府と大阪市のライバル関係が原因であって大阪市が主導権を握ったことが事実であるものの市町村との連携が大事であって、群馬県が何かをアクションを起こすときに市町村と連携しないと絵に描いた餅になってしまう。

もっと

しつこい大阪都構想2020に住民投票でサヨナラして大阪を良くできるか?

この住民投票結果を受け、橋下氏は政界を引退した。

もっと

大阪市:大阪都構想にかかる住民投票について (…>お寄せいただいた「市民の声」>その他)

42% 大阪都構想の是非を問う住民投票をめぐり、大阪市選管は正午現在の投票率を発表。 それを示すように、大阪都構想の世論調査は2019年6月を最後に行われていません。

もっと

大阪都構想の住民投票 事前予想の「賛成派優位」は盤石か?:日経ビジネス電子版

大阪の維新改革の場合は、橋下徹氏が知事に就任した2008年から始めて今も続き、まだ課題は尽きない。 二重行政って言っても、人に言わせやバカみたいな無駄遣いはいけないものの、今の時代は議会もあるため優秀なマスコミの皆さんもみえますんで、そんな無駄遣い候みたいなのは大体なく二重行政でこれがいかんというのは政治のほうではないか。 こうした「バーチャル大阪都」の実績の積み上げが今回の2度目の挑戦の背景にある。 共産党の1名は反対した。

もっと

「勝っても負けても辞めるつもりだろう」松井市長の都構想住民投票への心境を辛坊治郎が分析

(市長) 「大阪都構想の住民投票にの発端は県と基礎自治体との間に『二重行政、税金の無駄遣い』この指摘が発端。 住民投票の結果については「住民投票の結果は大阪市民が判断した結果ではなかろうか。 天王寺区の「クレオ大阪中央」では約370人が参加。

もっと

大阪都構想:大阪はなぜ2回目の住民投票に挑戦するのか?(上山信一)

11月1日(日)に大阪市で行なわれる住民投票を見るためだ。 官民問わず、大きな組織には立ち消えの改革、理想的過ぎて挫折した改革、間違った目標に向けた改革、などが転がっている。 現に一緒になって府市協調でという施策には、府市協調と謳っていなくても、多くの部分を共催している点もある。 「「株価に影響」懸念を無視 吉村知事「イソジン会見」前夜の「暴走メール」」 ご存じのとおり、吉村洋文・大阪府知事は8月4日の会見でポビドンヨードを含むうがい薬をズラリと並べて「コロナに効く」などとぶち上げ失笑と非難を浴びたが、じつは会見直前の7月31日におこなわれた松井一郎・大阪市長や松山晃文・大阪はびきの医療センター次世代創薬創生センター長らとの面談において、吉村知事と松井市長がこんなやりとりを交わしていたことが、府民による情報公開請求によって判明したと伝えたのだ。 。

もっと