ボルト コクリ。 速報!アニメBORUTO第146話 感想・ネタバレ!【脱獄、決行!!】

【次回の『BORUTO

引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」公式HP アニメBORUTO 第143話『コクリを狙った犯人』の見どころ~ちょっとネタバレ! アニメBORUTO第143話『コクリを狙った犯人』の見どころは… 前回、アニメBORUTO第142話のストーリーから、コクリを招き入れたボルトたちの雑居房にコクリ襲撃犯がいる可能性が出てきたのでしたね。 ボルト、サラダ、ミツキたちは性格もバラバラでチームワークも発揮できない。 さらに上忍たちが派手な活躍を見せる中、下忍は猫探しや工事現場の手伝いなど地域に密着した任務ばかり。 アライが看守から聞き出した情報を分析したボルトとミツキは、自分たちの雑居房にいる囚人の中に木札を盗みコクリを襲った犯人がいるという結論でした。 』のあらすじ・感想~ネタバレ有? アニメBORUTO公式HPの 第146話『脱獄、決行! サラダ、ミツキとともにスリーマンセルのチームとなって、数々の任務をこなしていく毎日が始まる!のだが…? 様々な任務をこなしていくなかでボルトは、忍者の仕事の意味やチームワークを学び成長していく。

もっと

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

第144話「コクリの秘密」では、コクリの護衛を始めて数日、ボルトたちは何とか順調に任務を進めていた。 意識を取り戻したサラダは、出口を探して深い穴の底をさまよいますが、水位がどんどん上がってきて窮地に陥ります。 これからは三人一組(スリーマンセル)のチームとなって、数々の任務をこなしていく毎日が始まる! のだが…。 ボルト、ミツキ対双頭の巨犬の戦い 旧貯水槽を目指して地下道を進むボルトたちは、何者かの鳴き声に気付いて警戒します。 Twitterでは、第七班の結束の固さに改めて感動したとの声多数!• ベンガが執務室の扉を開けると部下の刑務官(ハイエかな?)が受話器を上げてどこかへ連絡しようとしています。 ケダマに助けられたことを知ったサラダは、礼を述べた後に自分を助けた理由を尋ねます。

もっと

アニメ ボルト 感想 コクリを狙った犯人

そんなこと、キミの立場なら今更聞く必要もないんじゃないか? ツキヨは、サラダが偽の記者であることを見抜いて、鋭い突っ込みを入れてきます。 このあと、ボルトの脱獄に気付いて地下道に入ったケダマがサラダの窮地を救います。 適当なこと言ってるんじゃないぞ、田舎盗賊が! カマタは、自分に疑いをかけてきたアライの出自を暴露して嘲笑します。 無事に鬼灯城の脱出口までたどり着いたものの… 旧貯水槽を出て先へと急いだボルトたちは、どうにか無事に地下道の鬼灯城境界線までたどり着くことができました。 アニメ ボルトの感想です コクリを狙った犯人を突き止めるために 本編 独房が大騒ぎに 職員が持っていた木札が消えたと それが3日前 その後コクリが襲われた 木札をとったやつがコクリを襲った犯人かもしれない そしてロックダウンが起き木札探しに これにより囚人たちの自由時間が奪われると ボルトはここで調べたいことがあると発言 持ち物を見ると ミツキはこの中に木札を隠し持ってるやつがいると 医療監房でコクリが襲われた カマタはそれが何なのかというが話はまず最後まで さっき職員から3日前なくなった 木札をとったやつがコクリを襲った犯人 それができた奴はいるのか ミツキはあの時倒れたボルトを運ぶため職員が来た あの時なら可能性があると ここ以外の監獄は全部閉まっていた ほかの囚人たちは全員中にいた つまりこの中に木札を奪いコクリを襲った犯人がいるということになる コクリは怯えるがボルトは俺たちに任せろと カマタはなぜ俺たちが疑われなきゃいけないというが コクリ曰くだれがツキヨの仲間かわからないからだと ツキヨのことは知られているか コクリはそいつに命を狙われている ツキヨとコクリのいざこざは思ったより根が深い ツキヨは動けない自分の代わりに仲間を使ってコクリを始末しようとしたのだろうと カマタはたとえそうだとしても俺たちだけを疑う理由があるのかと コクリはボルトが自分を守るために来たとか言ってしまう 口を滑らせてしまったコクリ ボルトは友だといってごまかすことに アライは初めて聞いたと ボルトが医療監房に行った理由も何となく説明はついたと カマタはまだ疑ってるがアライは信じられるということに そう言ってると看守長のベンガがやってきてこれから囚人たちを調べると 木札を持ってるやつがいたら独房のやつらも連帯責任で懲罰房に入れ刑期を伸ばすとか 嫌なら犯人を差し出せと そして看守たちが動き出す カマタは懲罰房なんて御免だと アライも刑期が伸びるのは勘弁だと 面倒なことになる前に解決しようというボルトたち そのころサラダはムジョウにツキヨとの面会を それなら護衛をつけようと それだけ危険人物ということだ 本来貉盗賊団のような凶悪な奴らは団員同士の連携を防ぐために別々に収監する コクリがその一味だと知っていれば サラダは隠されてたのだから仕方ないと 奴には気を許さないことだと ボルトたち コクリが襲撃者の顔は見てないのかというが 背後から一瞬だったからと ボルトもすでに犯人が逃げられていたと カマタはそれだけいい条件でありながら始末できなかったのかと笑う お前が犯人なのかと聞くボルトだが当然違うというカマタ それより早くしないとベンガたちがやってくる 奴は調べてる最中か 困ったなというコクリだがお前がもちこんだことだと そもそもツキヨになぜ命を狙われてるのかが疑問だと よほどのことをしたのかというが まあ確かにそうだが アライが余計なことは言わないほうがいいと カマタは儲け話にはすぐ食いつく詐欺野郎だと だから下手に秘密は教えないほうがいいという アライとカマタがもめるが腕っぷしは弱いらしい こんな小心者が刺客とは思えないが 自分が有利なら強気に出てくるような奴だと とにかくまずみんなの持ち物を調べようと 看守たちが来る前に ケダマに質問するが無言 アライはケダマが関係のないふりをして平気で人を裏切るような奴だと ミツキはまずみんなの寝床を調べると 隠すとしたらそこぐらいしかないと アライはずいぶん協力的だな それに対しカマタは嫌がってる 他人に自分の寝床を見せるのがいやだと 人に見られたら困るものでもあるのかと この状況だと疑われても仕方ないか カマタはしょっちゅう看守のカイヤのところに行ってると 怪しいことをしてても不思議はない それに対しアライというのは一匹オオカミを気取って悪いことをしてたが 大国に出たらすぐ捕まったそうだ アライは昨日の休憩中医療監房を見てたと 周りを気にしながら 一匹オオカミを気取ってたやつがツキヨの犬になってたのかと 喧嘩になりそうだがミツキが止め 事実はどうなのか アライは食堂に行ってただけだと しかし証明できる方法はない 鬼灯城で信用できる人間はいないからと 最もそれはカマタにも言えることだが コクリはいつもビビってるな アライはその時間調達屋に会ってたと 欲しいものがあって接触したと だがそれに対し答えたのはチョコ 甘いもの好きだからと現物を見せることに 調達屋に後で聞いてみろと ある意味ここで一番信用できる相手か だが今は会えないしなぜ隠してたのか いい大人が甘いもの好きっていうのは そうこういってると看守たちが近づいてきた もう時間がない そのころサラダはツキヨに面会を ツキヨはかわいらしいお嬢さんだとか何とか言ってる あなたと貉強盗団の立場を教えてほしいというが そんなこと今更必要ない それより君のことを教えてほしいとか なぜ記者の真似事をしてるのかと ツキヨはサラダが忍びだと気づいてるのか ボルトたちのほうはまだもめている カマタは頑なに調べさせようとしない 騒ぎを終わらせたいだろうに カマタはいつもベッドでこそこそしている ボルトに止められそうになるが コクリが調べたのはケダマのところ だが勝手に触るなと 協力するとは言ってないと しかし落ちたシーツをめくると出てきたのは 木札 ケダマはなぜかとつぶやいてるが アライはケダマが刺客だと あんたは相変わらずの卑怯者だと ケダマは一時期ほかの囚人から一目置かれていた だが実は看守とつるんで囚人たちを見張っていたと そして脱獄していた友を売ったクズだと ケダマが犯人だろうと 否定しようとしても信用はできない 自分が信用されてないのは認めるが 誰かの指図を受けるつもりはないと だけどミツキは決めつけるより言い分を聞いたほうがいいと だがアライはケダマのいうことに耳を貸すなと この男は油断ならない奴だと カマタは時間がないからさっさと看守に引き渡そうと でもコクリはケダマの話に興味があると 貉強盗団についても何か知ってるかもしれないからと アライはそんなもの人に聞かなくてもコクリのほうが詳しいだろうというが ミツキはそれに疑問を 何でコクリが貉強盗団に詳しいと知ってるのか アライはコクリが貉強盗団の一員だから当然だろというが ミツキは誰もそんなこと言ってないと カマタは驚いている コクリはここに来るまでの過去を秘密にしてたに関わらず アライはそれを知っていた つまりコクリの情報を得ている 最初から会話を進めていたアライ みんなを誘導してたってことか だが木札はどうなのか アライが隠し持ってた 少しの間奴は毛布を持っていた 看守が来てみんなの注意がそれている間に木札をケダマのところにもっていった つまりアライが犯人だってことか もうごまかせなくなったアライはコクリを始末しようとするが ケダマに殴り飛ばされミツキに拘束される いろいろ考えてたようだがすでに遅かったか そしてこの後アライを看守たちに引き渡し木札を返却 ミツキは看守にこれで解決ですよねと言うと ロックダウンは解除された その後ツキヨのことをしっかりと見張ってくれと ミツキはケダマに感謝する ケダマはなぜ俺の話を聞こうと思ったのかと あなたが戸惑ってるように見えたから何かあると思った カマタはコクリの素性を聞いて人は見かけによらないと 宝を持ってないのかなんて聞いたり コクリの素性を知ってカマタは態度をころっと変えている ムジョウはベンガにこのようなことがないようにと ベンガはボルトとコクリには何かがあるのではというが ムジョウははぐらかす ベンガにもいろいろ裏があるからだろうな ボルトはアライが刺客だった 人は見かけによらないと感じた コクリも強盗団の金を持ち出して逃げた 俺たちの知らない側面があるってこと 次回に続く コクリが信用できるのかどうか見極めろ. サラダを交えて脱獄計画を練るが、その様子をケダマに見られてしまう。 収支クールな言葉遣いで、ケダマの言い分を聞こうと言い出すミツキにボルトも賛成します。 アライの説明によれば、かつてケダマは、囚人たちに一目置かれる存在だったようです。

もっと

速報!アニメBORUTO第143話 感想・ネタバレ!【コクリを狙った犯人】

何でそんなに嫌がるんだよ、人に見られたら困るものでもあるのか? アライは、急に態度をカエタカマタの様子に疑惑の目を向け、彼が屡々、看守・ハイエのところへ行ってる理由を問いただします。

もっと