ヒエロニムス マシン。 [mixi]ヒエロニムス・マシン

ヒエロニムスとは

紙に描かれた回路図だけで、対象の相手に念を送れる、のだそうです。 たとえばヒエロニムスが最初に特許として提出した鉱物検知器の場合をみてみよう。 パネル裏面には製図用紙が糊づけしてあり最初のところにはインクでらせん状のコイル図が描かれ、その1方の端はナイロン糸で象徴的コンデンサーを経由して象徳的真空管の陽極側に接続されていた。 害虫を駆除するだけでよいのであれば、比較的簡単です。

もっと

ヒエロニムスの超次元マシン

独特の世界観を築き、北方ルネサンスのなかでも我が道を突き進んだボスの精神や作風は、その後(ブリューゲル・父)へと受け継がれていきました。 ボスの修業時代についての明確な情報はないものの、父親の工房で製作技術を身に付けたとされている。 それは、まるで夢物語のように感じられるかもしれないが、電源スイッチを切っても、装置が作動するのである。 その後、1591年に競売にかけられた『快楽の園』をフェリペ2世が買い取り、エル・エスコリアル修道院に奉納。

もっと

オカルト農法・・・

なお、ヒエロニムスは1946年にこの発明を「鉱物放射検知器」として申請し、2年後にアメリカで特許番号2482773を取得している。

もっと

ヒエロニムスの超次元マシン

生前の史料に乏しく、生涯には不明な点が多いものの、父のもとで絵画の修行をしたと推察され、富裕な家の娘との結婚により街のキリスト教友愛団体である「聖母マリア兄弟会」に所属、名士としても活動しながら会の依頼で絵画の制作活動を行っていたと考えられている。 いかがでしょうか。

もっと

ヒエロニムスとは

そして私は、試行錯誤の末、 ヒエロニムスマシンの製作及び作動させることに成功しました。 彼の使用した奇妙な装置は、サイオニクス装置、あるいは〝ヒエロニムス・マシン〟として現在では広く知られている。 サイオニクス装置が感光乳剤の遺伝パターンと同調すると、植物や生物に影響を与えるのに都合の良い放射の型を正確に発信するようになる。 この驚くべき内容の報告書は500部ほど印刷され、医者や科学者たちにひそかに配布された……。 例えば:害虫やなにかの変化があったかを. 英名ジェロームJerome。 あまりに強大なパワーのため?個人が利用するには危険すぎるから?もしかしたら、秘密裏に各国家が研究に鎬を削っているのかもしれません。 それが人体の感覚を使用することであることは、もうすでにお気づきだろう。

もっと

ヒエロニムスマシン (Hieronymus machine)...

〔図1 58頁〕がその構造図の概略である。 第101話に登場。 人間の精神活動を助ける上で、早くから役立ったものである。 そしてあらゆる物質のエロプティック放射線は写真フィルムに捕えることができ、検知装置は物質に対しても写真に対しても同じように反応するのである。 これが「おまじない」になるのかはわかりませんが、 もし成功しましたら、こちらのトピックにご報告してくださるとありがたいです。

もっと

ヒエロニムスマシーン(アクリル板)装置の販売です!

いったいなぜなのでしょうか。

もっと

オカルト農法・・・

さて、プレートの上には実物のほかに置くことができるものがある。 また実験者がもっと後の時期に精神を集中したところ、今度は満開のゆりの花の模様が写っていた。 簡潔に言われても分かり難いと思いますが、これは陰陽道にも取り入れられています。 装置の原型は1920年頃までに完成し、その後20年ほど改良が続けられた。 力はさらに端子(D)から粗いスリッ卜(E)を通りぬけ、プリズム(F)を屈折しなから通過する。 操作者が銅に精神を集中させているとき、プラスチック板に触れている指が何かにはり着くような感じを受けたなら、その鉱物標本中には銅が存在することを確認したことになる。

もっと