安倍 首相 の 健康 状態。 立憲民主党・安住氏「安倍首相は健康状態の説明を」野党の要求に与党は難色を示す

安倍首相が28日に記者会見、健康状態を説明へ

本日の辞任表明から、健康不安説は大筋で事実だったということになりますが、それはさておき、一部の報道やにおける心無い発信内容については医療従事者として甚だ不快感を覚えました。 直前には慶応大学病院で2度の受診をしていたが、「定期健診」と説明し、その行き帰りの様子も特別具合が悪そうには見えなかった。 総裁選に向け、より踏み込んだ発言をすることは避けた。 そして、「先月中旬から体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況となった。

もっと

安倍総理の健康状態に対する意見は大きく二分されている(鳥海不二夫)

けれども、今日の辞任会見までに、首相ご自身が公の場で 「いやぁ、最近体調がすぐれなくてね…」 などと発言したわけでもなく、要は「周りが勝手に騒いでいた」というのが実態です。 真相はやぶの中であるが、歴代の日本の首相がアメリカの尻尾を踏んでしまった時の悲劇的な結末に思いを致せば、安倍首相の突然の辞任劇にもアメリカ・ファーストの影が見え隠れするのである。 安倍晋三首相は28日午後5時から、首相官邸で記者会見に臨む。

もっと

【安倍晋三】安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か|日刊ゲンダイDIGITAL

それは自民党員、国民に対して果たすべき責任だ」と述べ、立候補に意欲を示した。 しっかり休んで健康を取り戻してもらいたい」と慰労する声が大半である。 実は安倍首相の自宅の電話が長年盗聴されていたことが発覚しても、日本政府の対応は「まさか」といった程度で、同様な事件が起きた際の欧州同盟諸国によるアメリカに対する厳重な抗議ぶりの違いは歴然としていた。 国のトップである総理は、心身ともに激務で、体調が万全でないと続けられない。

もっと

安倍首相、28日夕に会見 健康状態など説明する見通し:朝日新聞デジタル

これに対し、迎撃能力を向上させるだけで本当に国民の命と平和な暮らしを守り抜くことができるのか」と力を込めた。 首相は「これは国民の皆様がご判断いただけるのかなと。 少なくとも先進国で軍事機密を積極的に公表している国はないだろう。 元気ではあったが、いろんな政治判断、非常に重大な局面なので、辞任の意向を発表された」とも語った。 「ポスト安倍」候補として、岸田文雄・政調会長、石破茂・元幹事長らが有力視されています。 円高急進を抑止する重要な担い手となる。

もっと

安倍首相の健康状態「変わりはない様子だと思う」菅官房長官

ただ、「ポスト安倍」の人物像をめぐり「今はコロナ禍の緊急事態なので、切れ目なく政策を実行していける人が何よりも重要ではないか」と指摘した。 夏休みのタイミングが注目される中での慶応病院行きだ。 ともかく、今回の辞任表明は色々な意味で残念でなりません。 コロナ禍の影響を最も色濃く受け、国内の分裂に歯止めがかからないアメリカ。

もっと