松尾 設計 室。 ラクジュ本橋さんと松尾設計室松尾和也さんとの対談を見て

松尾設計室の規格住宅が登場。HEAT20G2かつ耐震等級3の高性能住宅が全国で対応開始に!

使いづらい。 力技(断熱・気密・太陽光発電)で快適にするというイメージです。 それを養うために、たくさん家づくりの本が出版されていますよね。 」 松尾「そうですね。

もっと

ラクジュ本橋さんと松尾設計室松尾和也さんとの対談を見て

ただ二級建築士だからといって腕前が不十分なわけではなく、しっかりとした担当者ならば、安心して任せることができるでしょう。 高気密高断熱住宅へのパッシブ設計の適用については冬季の窓の日射取得と夏季の窓の日射遮蔽は最重要、外気の湿度が高い時期の窓開け換気については不必要であり窓を閉めての除湿が必要という立場です。 「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」がモットー。 消費者は、「より良い家つくり」に勉強が必要である事が痛感されます。 そこでこの業者が考えたのは、 一年中適温に近い温度にすることです。

もっと

【建築】近所の安藤忠雄住宅がわずか9年で解体されています・・・

今回は予告どおり、健やかな暮らしができる家と相性バツグン&超省エネな冷暖房機器である「」について教えていただきましょう。 また、その要望によって致命的な欠点が生じる場合、ご説明の上、その要望はあきらめていただくよう努力します。 卒業論文のテーマは「空気集熱式床暖房住宅の研究」です。

もっと

松尾設計室の規格住宅が登場。HEAT20G2かつ耐震等級3の高性能住宅が全国で対応開始に!

箕岡智子(以下智子)「松尾さん、第2話もよろしくお願いします。 」 松尾「そうですね。 そのためには「高断熱」「高気密」に加えて「冬の日射取得」「夏の日射遮蔽」「適切な冷暖房計画」が欠かせません。 また、その要望によって致命的な欠点が生じる場合、ご説明の上、その要望はあきらめていただくよう努力します。 智子「松尾さんは、どのように太陽に素直な設計をしていくのですか?」 松尾「まず隣家や敷地の状況を読み解いていくと、設計者として、こういう設計にしたらいいというのが見えてきますよね。

もっと

松尾設計室の規格住宅が登場。HEAT20G2かつ耐震等級3の高性能住宅が全国で対応開始に!

住宅メーカーが、住まい手の幸せを本気で考えているホワイト企業ばかりではないこと。 いつの日か、今まで教えていただいたような「健やかな暮らしができる家」に住んでみたいものです。 」 智子「うぅ、カビとダニ…想像しただけでイヤです。 が、お近くで施工できる工務店ができれば、申し込まない手はないかも。 」 智子「なるほど。

もっと

松尾設計室の規格住宅が登場。HEAT20G2かつ耐震等級3の高性能住宅が全国で対応開始に!

JIA(日本建築家協会)登録建築家。 そもそも利用する人のことなんか考えていない。 家族構成は、ご夫婦とお子さま 1人。 この点、建築設計事務所の松尾設計室の場合は、 住宅ローンの相談なども積極的に行っています。 そして、何より私のこれまでの家作りは人に恵まれました。 卒業論文のテーマは「空気集熱式床暖房住宅の研究」です。 ともこ 住宅ライターです。

もっと

松尾設計室・松尾和也先生の最新作「 エコハウス超入門 84の法則ですぐ分かる」 が発売。

これが、健やかな暮らしをする上で大切だということが分かりました。 第2回は、「太陽に素直な設計とは?」をテーマにお聞きしました。 でも、太陽に素直な設計を拠り所としておけば、悩まなくて済みますよね。 現在この手法を教えてほしいという工務店が全国にたくさんおられ、延べ数十社に指導させていただきました。 冷房に関しては1台のエアコンで家全体を上手に冷房すれば、消費電力の8倍前後もの熱を排出することができるので、超省エネです。 5倍程度になり、見た目も設備も段違いに良くなりました。 私から見て「彼にできないなら誰にも実現できない」 と思わせるほどの構造設計者です。

もっと

松尾設計室・松尾和也先生の最新作「 エコハウス超入門 84の法則ですぐ分かる」 が発売。

前回の繰り返しになりますが、これまでのお話を家づくりに役立てていただけると幸いです。 でも、よく考えれば、そこまでの面積はいらない。 一級建築士。

もっと

【建築】近所の安藤忠雄住宅がわずか9年で解体されています・・・

著書には「」「あたらしい家づくりの教科書」がある。 」 松尾「そうですね。 2009年パッシブハウスジャパンを立ち上げ、理事としてドイツの最先端省エネ建築の考え方を、日本の気候条件に合わせる形で普及促進活動を行う。 5倍の耐震性能)でなければ地震後に補修無しで住み続けることは困難です。 大半の住宅で築40年目くらいで維持費のトータルが工事費を超えてくるということはあまり知られていません。 建築のプロが担当するため安心できる 兵庫(芦屋・西宮・神戸)で住宅を建築する場合には、建築設計事務所の松尾設計室が良いと言われていますが、その理由の一つは 担当する人が一級建築士ないしは二級建築士なことです。

もっと