神戸 鉄道 案内。 神戸高速鉄道

神戸高速鉄道

営業上の(対外的な)路線名も「東西線」「南北線」から各社の「神戸高速線」に改められ、駅員の制服や駅名表示も第二種鉄道事業者のものに改められた。 今日、神戸高速線と比較されることが多いは当時具体化した計画はなく、また当時の(現:の以西)は長距離輸送の色が強い路線であり(当時はまだ開業していなかった)、神戸市内輸送においては今ほどの存在感を示せていなかったので、当路線の開業は市街地輸送の改良に大いに貢献した。 前各号に附帯する事業および関連する一切の業務 代表者 代表取締役 久須勇介 資本金 1億円(2020年3月31日現在) 売上高 24億5500万円(2020年3月31日現在) 営業利益 6億3800万円(2020年3月期) 経常利益 3億5500万円(2020年3月期) 純利益 2億6500万円(2020年3月期) 総資産 450億7000万円 (2020年3月31日現在) 従業員数 7人(2018年7月1日現在) 決算期 3月31日 主要株主 の節を参照 関係する人物 (元社長) 外部リンク 特記事項:の 目次• 2017年3月24日閲覧。 和久田康雄『日本の地下鉄』〈岩波新書 黄版 392〉、1987年、p. 主要株主 [ ] 2018年7月1日現在 株主社名 所有株式数(株) 発行済株式総数に対する所有株式数の割合 株式会社 103,430 25. (平成27年)7月 - 財務内容改善のため、資本金を20億円から1億円へ減資。

もっと

神戸高速鉄道の時刻表/路線図/定期代

「」 阪神電気鉄道・神戸高速鉄道 2001年10月25日 - この資料に「改良工事は、神戸高速鉄道が事業主体となり実施するもので、工事の施行は神戸高速鉄道から委託を受け、阪神電気鉄道が行う」という記述が見られる。 「」 阪神電気鉄道・神戸高速鉄道 2003年6月30日 - この資料に「神戸高速鉄道から委託を受け、阪神電鉄が施工します。 attr 'data-ek-suggest-json' ; availableSuggestTimeTableStationList. ただし、神戸高速鉄道時代と異なり、駅窓口や券売機では第二種鉄道事業者の切符類を受託販売する形となり、運賃収入も第二種鉄道事業者のものとなる。 これにより同日以降、神戸高速鉄道はは定額の鉄道線路使用料を収受し、これにより鉄道資産の減価償却費、借入金の支払利息等の経費を賄い、借入金の償還等を行っている。 「」山陽電気鉄道 2001年9月14日 - この資料に「工事は神戸高速鉄道の委託を受けて山陽電気鉄道が行う」の表現が見られる。 」という記述が見られる。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

もっと

神戸高速鉄道

(昭和27年) - 東西連絡線敷設免許。 別途4社から神戸高速鉄道に支払われる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 地下街のは神戸高速興業が運営していたが、2017年4月1日に神戸高速興業と神戸高速鉄道が合併したため神戸高速鉄道の直営となっている。 (平成14年)4月1日 - からの鉄道施設を譲り受け、同線のとなる。 このとき、神戸高速鉄道は施設を保有し運行を行うとして認定されることを希望したが、当時の運輸省は同社が「車両及び乗務員をもっぱら借り受けている」ことを理由に第一種鉄道事業者として認定せず、新法が施行された1987年4月からは鉄道事業法附則第三条第六号に規定された「法律の施行の日から一年間、鉄道事業法第三条第一項の(第一種鉄道事業者の)免許を受けないで、当該事業及びその受託に係る運転の管理を従前の例により引き続き営むことができる」事業者として、従前と同じ営業形態で営業を行った。

もっと

神戸高速鉄道

(昭和63年)4月1日 - 営業開始。 駅などで案内するPiTaPaのブランドをKOBE PiTaPaから阪急阪神グループのに変更。 (ベビーカーは折りたたむことなくご乗車 いただけますが、他のお客様のご迷惑にならないよう、お客様の自己責任での下でご利用ください。 ek-form-timetable-stationname'. 出典 [ ] 2019年5月29日閲覧。 京阪神急行電鉄(現:)・・が東西線への乗り入れを通じて相互直通運転開始。

もっと

神戸高速鉄道

なお同社はこのとき策定した40年間の長期収支計画(国土交通省認可)に基づいて第二種鉄道事業者(阪急・阪神・神鉄)から定額の線路使用料を収受しており、同計画では支出の大部分を占める減価償却費及び支払利息の漸減に伴い、令和3年度(2021年度)には単年度収支がプラスに転じ、令和31年度(2049年度)には約29億円の繰越利益が見込まれている。 (11年) - とを導入。 (昭和40年) - 神戸電気鉄道(現:)からの南北線免許譲受許可。 神戸楠公前ビル(本社所在地) 略称 神戸高速、高速 本社所在地 〒650-0015 三丁目3番9号 : 設立 (33年) 事業内容 1. 神戸高速鉄道と乗り入れ4社が検討を行い、運輸省との交渉の結果、以下のスキームを採用することが認められ、1988年3月4日に鉄道事業免許の認可申請と「業務の管理の受委託申請書」を運輸省に提出、同年3月24日に認可された。

もっと

神戸高速鉄道

喫茶モネ:高速神戸駅西改札口前にある喫茶店(閉店)。 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。 特に後者の場合はから改良工事費用の補助(鉄道駅総合改善事業費補助や幹線鉄道等活性化事業費補助)を受けられるようにする狙いがあり、その動きは神戸市外のやにも及んでいる。 同法附則第3条第6 - 10項の経過規定に基づき「従前の例」のまま営業を継続。 運転業務は4社が直接行うが、「列車の運行管理」と「出改札等の駅業務」については神戸高速鉄道に委託し、4社が業務委託料を支払う。 (2年)6月1日 - 北神急行電鉄が北神線の第二種鉄道事業を、神戸高速鉄道が同線の第三種鉄道事業を神戸市に譲渡。 2020年(令和2年)6月1日に第三種鉄道事業を神戸市交通局に譲渡し(同時に北神急行電鉄も第二種鉄道事業を譲渡)、として運行。

もっと