右足 の しびれ。 医療生協さいたま:足の「しびれ」は病気のサインでしょうか

右足にしびれが続く

脊柱管狭窄など が主なものです。 強い痛みとして感じられるような時は視床痛という病名で呼ばれます。 しかし、自分でどの科にかかったらよいかはかならずしも簡単に判断できるわけではありません。

もっと

右足にしびれが続く

3 の頚椎症や椎間板ヘルニアなどは頚椎レベルで起こるしびれです。 神経性のしびれと血流傷害のしびれ 神経系に異常があり痺れを感じるものは、安静時にも痺れを感じます。 これは手首のところで神経(正中神経)が圧迫されて起こるもので、手首をよく使う人とくに女性に多く見られます。 首を後屈させたり、片腕を横に伸ばした状態で横に倒したりするとしびれが強くなり、しばしば肩から上腕、手指のほうにビ-ンと放散するような痛みが出現することがあります。 特徴は、突然発症すること、病変は片側であることです。

もっと

足のしびれは放置してよい?受診が必要かわかる全知識【医師が解説】

足の「しびれ」の原因もいろいろ考えられます。 末梢神経の病気が疑われる場合は、神経伝導検査や筋電図検査などを行い、末梢神経の機能を調べます。 内科的な薬物治療で効果がある場合もあれば、整形外科や脳神経外科などで手術的な方法が必要になる場合もあります。 それを明確にすることがしびれを取る1番の近道だと思います。 2-1.片側・・脳血管障害 突然、片側の足のしびれが出現した場合は、脳出血もしくは脳梗塞による脳血管障害を疑います。 これらは、一過性のものもありますが重篤でしかも急変する病態もありますので十分注意が必要です。 今回の記事では、 脳神経内科の専門医として多くの足のしびれ患者さんを診ている長谷川嘉哉が、足のしびれについての全知識をご紹介します。

もっと

足のしびれは放置してよい?受診が必要かわかる全知識【医師が解説】

下部腰椎の第4~5腰椎(L4~L5)椎間板に多く発症している症例が多いです。 手のしびれは片手に起こるのがふつうですが、両手に起こることもあります。 間欠性跛行とは、 しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のことをいいます。 特に、お尻や太ももの後ろに「しびれ」や「強い痛み」が起こるのが特徴です。 早い段階から治療を受けることで、神経への恒久的な深いダメージを防げます。

もっと