温故知新 意味。 「温故知新」とは?意味や使い方の例文、英語・類義語をわかりやすくご紹介

「温故知新」とは?意味や使い方の例文、英語・類義語をわかりやすくご紹介

さて、まとめとして温故知新を簡単にまとめますね。 しかし、どういうわけか様々な辞書においては温故知新の意味の説明はこのようなものになっております。 「故」は「昔から・以前・古い」などの意味があります。 世界の偉人としてポピュラーな孔子の教えとなれば、言葉の重みが変わってきますね。 先人の教えを聞き、そこから自分のためになるものを見つけ出す。

もっと

「温故知新」とは?意味や使い方の例文、英語・類義語をわかりやすくご紹介

温故知新(おんこちしん)の例文• 一方、不易流行とは「 永遠に変わらないものやことを忘れずに、新しいものやこと、変化も同時に取り入れていくこと」という意味です。 温故知新は先にも説明したとおり『古きを学び、新しきを得る』という意味でしたね。 法隆寺は、1300年以上も前に建てられています。 温故知新の精神で忘れていた昔の商品のことを知り、今のヒット商品を生み出すことができた。 そんな孔子の教えの一つに 「子日温故而知新可以為師矣 」があります。 よく温故知新、引いては「故きを温ねて新しきを知る」の意味として「古いものや昔のものを見ることで新しい知識や見識を得る」というような説明がされておりますがこれはちょっと違います。

もっと

温故知新の本当の意味・由来・語源とは?故きをたずねて新しきを知る

それは本人にとっては新しいことかもしれませんが、社会全体としては新しさなどかけらもないはずです。 これが、短く省略されて「温故知新」になったのです。 中国の方と交流する機会があれば、この四字熟語を共通の話題にすることができますね。 きっとあなたの人生の羅針盤(らしんばん)になってくれます。

もっと

「温故知新」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

では、紹介しますね。 田口先生によれば、この温めて、にはスープを長時間とろとろになるまで煮込むように古典を繰り返し読みなさい、という意味が込められているそうで、ここで孔子が伝えたいことは、古典は繰り返し読みなさい ということだそうです。 温故知新は、仮名をあてると、「故きを温ねて新しきを知る(ふるきをたずねてあたらしきをしる)」もしくは、「故きを温めて新しきを知る(ふるきをあたためてあたらしきをしる)」と読みます。 温故知新の考え方で行こう! 「温故知新」は、あなたのそして私たちの生活を、社会をよりよくしていくためには、なくてはならない考え方なのかもしれませんね。 温故知新:古典を繰り返し読みなさい。 子日く、故きを温ねて新しきを知れば、以って師と為る可し。 そんなに多くの人たちが孔子の教えを学びたいと弟子になったわけですから、人としてとても尊敬できる人だったに違いありません。

もっと

温故知新【おんこちしん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

表面だけ取り繕うのではなく、根本から理解をしなさい、というのがこの温故知新の本当の意味というわけなんですね。 「温故知新」の考え方をわすれなければ、あなたもきっと未来のみんなへ言の葉の葉を残していくことができますよ。

もっと

温故知新の本当の意味・由来・語源とは?故きをたずねて新しきを知る

覧古考新 らんここうしん :古い事柄を振り返ってみて、新しい問題について考えること• また冷たくなったものを温める」という意味から「習ったことを復習する」ということを表しています。 歴史を探求して現代への認識を深めていく、これこそ師たる者の持つべき態度である。 その言葉とは「 子曰、温故而知新、可以為師矣」です。 テレビで「温故」を「ふるきをあたためて」と読んでいたのを、ある作家が批判したことがあります。 その孔子がたくさんの弟子たちとの語録をまとめたものが、中国大古典の四書「論語」になります。 観往知来 かんおうちらい は懐中電灯のように過去をてらして、未来に使えそうなものがないか探すことを示しています。 そして、社会で生きていくうえでどんな努力をすればいいのかを、わかりやすく説いているからなんです。

もっと

温故知新(おんこちしん)とは何? Weblio辞書

また、論語は、孔子とその弟子たちによって作られました。 今回は「温故知新」という四字熟語についてみていきます。 温故知新という言葉もあるように、古い情報の中にも新しい発見があるかもしれない。 どちらにしても 『温故知新』の反対の意味となると どういった意味になるかも予想しづらく また複雑な意味が予想されそうです。

もっと

四字熟語「温故知新(おんこちしん)」の意味と使い方:例文付き

彼の弟子たちが、彼と彼の弟子の言葉や行いを記録した書物を「論語」と言います。 彰往察来 彰往察来(しょうおうさつらい)には、「昔の出来事を明らかにして、これから先のことを予測する」という意味があります。

もっと

温故知新(おんこちしん)とは何? Weblio辞書

「温」は「研究する」とか「復習する」という意味を示していて、「故」は「古い」という意味を示しています。 温故知新の訓読みとは? 温故知新を「おんこちしん」と読むのは音読みです。 古いこと、昔のことを研究して、そこから新しい知識やを見つけ出すこと。 その運命的な分岐点の最も著しいものが、御前会議に集約されている[五味川純平*御前会議|1978] [解説] 「論語」にあることばです。

もっと