前年 同月 比。 小売販売10月は前年比6.4%増、増税の反動で8カ月ぶりプラス=経産省

11月の自殺者1798人―警察庁速報 : 5カ月連続で前年比増

物価の変動を除いた実質で、前の年の同じ月より1. 自殺者数をめぐっては、経済状況悪化との関係も指摘されている。 9月下旬に女優の自殺が明らかになると、その後2週間、30~40歳代女性の自殺者が倍増したという。 男女別でみると、男性が1169人(昨年同月比83人増)、女性が629人(同99人増)だった。

もっと

11月の自殺者1798人、前年比11%増…女性は19%増 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

アルゼンチン国家統計センサス局(INDEC)は11月24日、9月の産業活動指数が前年同月比で6. 清水代表理事は「心が不安定な人が自殺報道に接し、実際に自殺にいたった可能性がある」と指摘する。 新型コロナウイルス禍の影響が懸念される自殺者数について、厚生労働省は10日、11月は1798人(速報値、前年同月比11・3%増)だったと発表した。 同社株価は2019年10月の高値5,570円を付けた後に下落し、2020年3月には安値4,290円に到達しました。 しかし反発後の上昇が続き、6月15日には高値6,270円に到達。

もっと

日本マクドナルドHD、売上高の対前年同月比プラス成長が連続4カ月に(2020年10月) 注目小売店月次実績シリーズ

職種別で最も多かったのは「販売(販売)」14万4898件(前年同月比52. 8%増だった。 過去1年の株価動向 最後に同社の株価動向を見ていきましょう。 現在の好調をいつまでキープできるのかが注目されます。 この結果、全体では4万7207トン(同11. 20年に入ってからも1~6月までは前年同月比マイナスで推移していたが、7月以降は5カ月連続で増加している。

もっと

外食市場規模は前年比80.5%、単価は2か月連続でプラス 10月の外食市場調査|ニュース|流通|JAcom 農業協同組合新聞

4ポイント回復。 去年の10月に消費税率が引き上げられ、支出が落ち込んだことの反動の影響が大きく、電子レンジは前の年の同じ月の5倍余り、冷蔵庫が2倍余りに増えたほか、洗濯用の洗剤が42. テイクアウトとデリバリー需要が堅調な洋風が同9. 外食単価が前年実績を上回ったことと、外食実施率・頻度のマイナス幅が縮小したことで市場規模の改善につながった。 既存店売上高は7月(対前年同月比102. 予めご了承ください。

もっと

外食市場の10月は前年比94.3%まで回復、デリバリーを利用する理由1位は「料理するのが面倒な時」:MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に

なお、下期は10月から2カ月続けてプラス成長を維持しています。 「」のページには、LINEなどのSNSや電話で悩み事を相談できる窓口や、自殺対策の取り組みなどの情報を分かりやすくまとめている。 1-11月、中国の貨物貿易輸出入総額は29兆400億元で、同1. 6%減)となった。 対外貿易輸出入額は11月に6カ月連続で前年同期比プラス成長を実現した。 8%増となった。 1~9月期では前年同期比11. 売上が堅調に推移したのはファーストフード業態で、前年同月比で1. ホームセンターでは除菌製品やペットの販売が伸びており「巣ごもり需要ではないか」(経産省幹部)とみられる。 一般社団法人 日本フードサービス協会は11月25日、「外食産業市場動向調査 令和2年10月度」の集計結果を発表した。

もっと

牛丼「すき家」のゼンショーHD、2カ月連続で対前年同月比プラス成長に(2020年11月) 注目小売店月次実績シリーズ

産業活動が緩やかに回復していることがうかがえる。 警察庁統計に基づく厚労省の発表によると、11月の男女別は、男性1169人(同7・6%増)、女性629人(同18・7%増)。 とくにプジョーは前年同月比147. 【職種別 求人広告掲載件数 上位5職種】 1位 販売(販売) 14万4898件(前年同月比52. LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。 全店(221社・3万7,939店)の売上高を見ると、10月はコロナの新規感染者数が落ち着いたことで自粛緩和ムードが出始めたほか、Go Toキャンペーンも追い風になって、前年同月比で5. 1%減)などが続いた。 デリバリーサービスの不満について聞くと、「不満に思ったことはない」が35. 同日付の現地紙「ラ・ナシオン」(電子版)は、10月は9月に比べてペソの対ドルレートの公定レートと非公式レートの乖離率が大きく、産業活動への影響を注視する必要があるとの識者の見方を紹介している。 不満に思ったことがある人にその理由を複数回答で聞くと、「時間通り届かなかった・届くのが遅かった」が26. 総務省の家計調査によりますと、ことし10月に2人以上の世帯が消費に使った金額は、1世帯当たり28万3508円でした。

もっと