エクセル セル を 分割。 【Excel便利機能】1つのセル内容を分割する「区切り位置」の使い方と応用テクニック

エクセルのセル分割

この場合、A列にすべてのデータが格納されているので、A列まるごと全選択ですね。 区切り文字がある• 区切り文字を指定する画面。 ログファイルであれば解析ツールを使うのも筋だけど、ちょっとした解析であればExcelで開く方が簡単だったりするので、この方法は覚えておいて損はないはず。 これが区切り位置として、分割されるセルになるわけですね。 その他の日付の表示形式は適用されません。

もっと

エクセルのセル分割

行間のオプションをクリックします。

もっと

SPLIT関数で文字列を分割。データを「,」や「/」で区切って個別のセルに格納できる

「区切り位置」機能の応用的使い方 次に「区切り位置」機能の応用的使い方を紹介します。 関連項目. ここではA1セルをクリックして指定しました。 ホームタブをクリックし行と段落の間隔をクリックします。

もっと

SPLIT関数で文字列を分割。データを「,」や「/」で区切って個別のセルに格納できる

「区切り文字」を「スペース」にします。 デフォルトだと「タブ」にだけチェックが入った状態です。 5ポイントの文字を入力してしまうと文字がはみ出てしまいますので文字サイズを6ポイントに設定します。 [ 列のデータ形式] 領域で、新しい列のデータ形式を選択します。 なお、ここに入力されている氏名は姓と名が半角スペースで区切られています。

もっと

文字列を分割/結合する技:Excel関数の技

再び、[表示先]欄の右端のボタンをクリックすると、ダイアログボックスが元の大きさに戻ります。 例えば、以下のような形です。 結果は以下の通りです。 分割したい文字 苗字 をH1セルに入力して、[データ]タブの[フラッシュフィル]をクリックします。 指定した位置で分割されます。 また、逆に関数で文字列を結合する方法もいくつか説明しています。 日付部分を区切る場合に、そのまま日付データとしてExcelに認識させたい場合は「日付」などを選択して編集していくのが良いのだけど、ここではとりあえずそのままのデータで分割されればOKです。

もっと