パズドラ デク。 【パズドラ】緑谷出久パーティーのテンプレサブ候補(ネロデクパ)

【パズドラ攻略】伊之助 × アルバート 最強テンプレ編成! おすすめのサブもチェック!!

リーダースキル セントルイススマッシュ 木属性のHPと攻撃力が2倍。 木を5個以上つなげて消すとダメージを軽減(25%)、固定50万ダメージ。 盤面に欠損したとき用に木ドロップを生成できるキャラがいると良い。

もっと

【パズドラ】デクのテンプレパーティ(デクパ/緑谷出久パ)

HP2倍軽減の高い耐久力と最大17倍の攻撃倍率、さらに固定50万ダメージと書いてある事全てが強いです。 パズドラの関連記事 新キャラ評価/テンプレ 新降臨モンスター. 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 スキル封印攻撃を無効化することがある ドロップ操作時間が延びる(1秒) 自分と同じ属性のドロップをL字型に消すと攻撃力がアップし、ロック状態を解除する(1. ダメージ無効貫通染めがおすすめ アルバートはダメージ無効貫通で高い火力を出せるモンスターです。 木を9個以上つなげて消すと、固定1ダメージ。 再使用まで時間がかからないので手軽に使用できますが、同時にHPが20%減ることも考慮して上手く活用しましょう。

もっと

【パズドラ】デク(緑谷出久)のテンプレパーティ(ネロデクパ/緑谷出久パ)

回復倍率を持つフレンドを選ぶという選択肢もある。 覚醒スキル 覚醒 効果 スキル封印を無効化することがある. 操作不可耐性を付与でき、スキルも2色陣で強力なのでおすすめです。 L字攻撃もあるので、火力を上乗せできるだけでなく、ロック対策としても機能する。 高い耐久力と攻撃倍率があり、 固定ダメージとコンボ加算で運用しやすいのが魅力です。 ドロップのロック状態を解除。 パズル条件だけでなく、2コンボ加算効果も嬉しい。 ドロップのロック状態を解除。

もっと

「僕のヒーローアカデミア×パズドラ」初コラボ決定! デク、爆豪、轟、そして死柄木... パズドラ世界に参戦

サブ評価 5ターンで使用できる陣スキル 緑谷出久 デク は、5ターンで使用できるロック解除4色陣スキルを持ちます。 HP20%自傷や4色陣はどこの何にも刺さりません。 のネロとリーダースキルの相性が良く、デクをリーダー起用する際の相方におすすめ。 07倍) 強化された木ドロップの出現率(20%)とダメージがアップする(1. デクの評価 【デクの評価】 変身したら強リーダー デクは変身キャラなので変身するまでは厳しい戦いを強いられますが、変身してからはかなり強力です。 ご了承ください。 スキルは効果が残念過ぎる デクのスキルは一言で言うと非常に残念です。 【4】スキルブーストも意識が必要 デクの変身スキルは15ターンなので、最低でも15個のスキルブーストを積んで初手から発動できるようにしたい。

もっと

【パズドラ攻略】伊之助 × アルバート 最強テンプレ編成! おすすめのサブもチェック!!

残りの11体は「究極進化」ではなく「進化」の対象だった。 アタッカーとしてサブで使うことも可能だが、スキルが微妙なので最優先で使うキャラではない。 4コンボ以上で攻撃力が上昇(8倍)、最大20倍(10コンボ)。 木を6個以上つなげて消すと攻撃力18倍、固定1ダメージ。 究極巻島裕介は雲耐性を持っており、スキブ要員にもなれるため、編成しています。

もっと

【パズドラ】見れば見るほどぶっ壊れ!!デク武器が強すぎるwwwwww【無駄無し!】 : パズドラ速報

リーダースキル セントルイススマッシュ LF289倍 木属性のHPと攻撃力が2倍、6コンボ以上で攻撃力が8. スキルターンの軽さは魅力だが… 4色陣スキルを5ターンで使える点は優秀だが、無効貫通のためのドロップは確保しづらい。 新難易度の絶壊滅級降臨! その他 攻略班のおすすめ パズドラデク 緑谷出久 のテンプレパーティやおすすめのサブを紹介しています。 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 他のモンスターにアシストすると自分の覚醒スキルが付与される チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる 強化された木ドロップの出現率(20%)とダメージがアップする(1. 6コンボ以上で攻撃力が8. 学園ヴァレリアはスキブ要員として編成しています。 5倍、攻撃力と回復力が2倍。 全ドロップを火、水、木、光ドロップに変化。

もっと

【パズドラ】デクのテンプレパーティ(デクパ/緑谷出久パ)

デクのフレンド候補 フレンドおすすめキャラ. デクの総合評価と使い道 リーダーとしてネロと合わせて使うのがおすすめ。 。 中でもジュロンドは変身キャラながらスキルブーストを4個持ち、さらに強力な陣スキルを持つためおすすめだ。 2体目以降は迷わずアシスト進化 デク装備もかなり強力なので確保しておきたい装備です。

もっと