第 三 次 補正 予算。 国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

戦略なき第3次補正予算

自民党の二階俊博幹事長は11月9日の記者会見で、3次補正の規模は「首相自身が決める」と述べた。 最大200万円の持続化給付金、また雇用調整助成金、最大4,000万円までの無利子・無担保融資の経済対策を必要な方々にお届けをします。 持続化給付金や雇用調整助成金、家賃支援給付金の支給期間の延長を選択肢に挙げた。 強まる一方の歳出膨張圧力に嘆息する向きもある。 政府は、自民・公明両党が11月中にもまとめる経済対策の提言を踏まえて予算編成を進め、来年の通常国会に提出することにしています。

もっと

【速報】2020年度第3次補正予算案を21年1月召集の通常国会に提出=日本経済新聞

平成23年度• 平成30年度省庁別財務書類• そちらの方が問題です。 この特別枠に関しては、11月11日にが、事業への応募件数が増加していること等の状況を勘案して、公募を前倒しで終了することを発表しています。 同日に開催された国債投資家懇談会でも、来年度の発行計画に関して、今年度の第三次補正の状況にもよるが、大きく増額しないのがベストだと考えるとの指摘があった。 医師会も「医療崩壊だ」と言うのですが、こういう話は、事前に予測ができて財源があれば、ほとんど対応可能なのですよ。

もっと

3次補正20兆円超、コロナ後見据え積み増しへ

「5ヵ年加速化対策(仮)」による更なる『国土強靭化』の促進 2018年から進められていた「防災・減災、国土強靭化のための3ヵ年緊急対策」が今年で終了することを踏まえ、新たな国土強靭化計画である「5ヵ年加速化対策」の取りまとめが進められています。 まとめ 今回発表される第三次補正予算を含めると、本年度に投入された予算は総額約180兆円にも達する見込みです。 具体的には「Go Toトラベル」を来年6月末までを基本に延長することや、「雇用調整助成金」の特例措置を来年2月末まで延長すること、それに業態転換に取り組む、中堅・中小企業を支援する補助金などを盛り込むことにしています。 飯田)「厚生労働省は何をやっている」ということになります。

もっと

コロナ第3波対応のための「2次補正予算の予備費」はどこへ

だが本年度は2度の補正による予算が残っている上、年末の21年度当初予算案の編成とも重なる。

もっと

予算・決算|内閣官房ホームページ

平成26年度• 20年度は当初予算と2度の補正を合わせて歳出総額が160兆円を突破し、財源を賄うための新規国債の発行は90兆円を上回る。 7月の豪雨被害からの復旧や復興など防災・減災、国土強靱化の実行も訴えた。 平成25年度省庁別財務書類• 2020年度の補正予算は2021年3月末までに執行しなければならない。

もっと

【速報】2020年度第3次補正予算案を21年1月召集の通常国会に提出=日本経済新聞

それだけの話ですよ。 このため、与党内からも「30兆円から40兆円ぐらいは必要だ」(自民党の世耕弘成参院幹事長)と大型補正を求める声が出ていた。 持続化給付金や雇用調整助成金の支給期間延長も? ところで、9月27日のは、自民党の下村博文政調会長が2020年度第3次補正予算案の編成に言及したと報じました。 一方、消費の喚起策では来年1月末までとしている観光業の支援事業「Go To トラベル」の期間延長へ調整しており、必要な費用を盛り込む方向だ。

もっと

戦略なき第3次補正予算

また、これとは別に、50年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにするとの目標達成に向け、15兆円規模の基金が必要との認識も示した。 桜の話をされても一部野党は盛り上がりますが、いまのこのコロナには関係ありません。 1日当たりの感染者数は2000人を突破、感染拡大防止が喫緊の課題に 国内では11月に始まった「第三波」となる新型コロナの感染再拡大が現在も続いており、一日当たりの新規陽性者は連日2000人を超えています。 この記事の目次 表示する• 平成21年度省庁別財務書類• 昨年10月の消費税増税の影響が尾を引く中、コロナ禍の打撃が加わった痛手は大きく、コロナ前の水準に戻るには2、3年かかるとの指摘もある。

もっと