クシャトリヤ リペアー ド。 祝ブログ開設二周年記念NZ

マリーダ・クルス、ここまでです!NZ

また、失った左腕には本来用の装備である・を直接装備する他、脚部仮設にを内蔵する。 相反するこれらの要求に対して、サナリィは独自に研究開発していた超小型熱核反応炉を搭載することで解決。 ビーム・マシンガン 本機専用の携行火器で、ギラ・ズールのものをベースとしているがセンサーはオミットされ、銃身に小型のセンサーらしきものが追加されており、マガジンも短い。 ハイパー・ビーム・サーベルはの同名兵装を元にしているが、ビーム・キャノン機能はオミットされている。 武装も、ファンネルのないバインダー1基と、メガ粒子砲2基のみである。

もっと

クシャトリヤ・ベッセルング/クシャトリヤ・リペアード

しかし、残る6基で八面体のフィールドを形成し、ユニコーンガンダムのデストロイモードを解除させ、一時的に拘束する。 プロポーションは弄る箇所が私には思い当たらずキットのバランスを継承しディテールアップに専念しました。 値段が高くて内心買うかどうかで随分と逡巡しましたが非常に満足度の高いキットです。 パイロットはマリーダ・クルス。

もっと

クシャトリヤ・リペアード

商品情報 [ ] リンク [ ]• ジオン残党軍でもなどが開発されており、これらによって蓄積されたデータや技術が本機の開発および完成に繋がったとされる。 「」を参照 ネオ・ジオン(袖付き) [ ] にて運用される機体。 本機の最大の特徴として、大型バックパック形態「バックウェポンモード」へと変形し、Gファーストまたはキャノンガンの背部へドッキングする機能を有しており、両機の戦闘能力を大幅に引き上げることが可能となる。

もっと

クシャトリヤ・リペアード (くしゃとりやりぺあーど)とは【ピクシブ百科事典】

腰部サイドアーマーの接続ポリキャップは腰部パーツと干渉してコリコリとしたクリック感が強く、サイドアーマーの取り付け軸が折れるのが怖かったのでポリキャップを少し削りました。 どれくらい巨大なのかは後ほどご紹介する比較画像をお楽しみに(笑) さて、ここからようやくアクションコーナーの開始であります。 それ以前のダカール襲撃で初陣を飾り、水中から上陸部隊の援護をおこない、練度の高いパイロットが搭乗するとアクア・ジムに苦戦しつつも作戦を成功に導く。 クシャトリヤは頭頂高が約40mに達していた(NZ-000)の大火力を、20mサイズの機体で実現するというコンセプトの下開発されており、コクピットブロック周辺へのの採用によるの小型化と、複数の機能及びジェネレーターを集約搭載したバインダーを四基装備する事によって、多数の難題を解決している。 ビーム・ガトリングガン 本機のオプション装備として開発された武装で、ファンネルやメガ粒子砲といったパイロットや機体に大きな負担がかかり、限定的な使い方しか出来ない武装を補助するために用意された。 ファンネルを現地改修した武装で、その先端部に小型シュツルム・ファウストの弾頭を加工した上で接合させており、これはのが提案したとされる。

もっと

クシャトリヤ・リペアード (くしゃとりやりぺあーど)とは【ピクシブ百科事典】

しかしながら、・タイプのシールドは・ビームバリア搭載の、ビーム防御に特化した防御兵装であったため、蛇行軌道とあわせて有効に機能し、 のアームド・アーマーDEを破砕し、更に右脚(共にによって構成)を爆砕する高い戦果を挙げた。 ゲーム中の機体の中で最大級の大きさを誇る。 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ 1』135頁より。 ビーム・ガン 腕部にビーム・サーベルをマウントした状態で使用可能となる。 映画『』に登場。

もっと