たま プラーザ やまぐち 眼科。 my3bees

たまプラーザ駅周辺のの口コミでおすすめの眼科を11選!土曜・日曜日対応の眼科や赤ちゃん・子ども対応の小児眼科はどこ?

特に、手術が必要な場合、『どういう事に困っているのか』『どんな見え方にしたいのか』などをお伺いして、治療方針を決めていきます。 大学病院勤務時代は、手術して、それ以上の状態の改善が見込めない患者さまには『もうこれ以上、できることはありません』と言ってしまい、お近くの開業医の先生にその後のフォローをお願いすることが多かったのですが、前勤務先の上白根病院では視力が不良ながらも生活をしていかなければならない患者さんがとても多くいらっしゃいました。 クリニックでの手術の場合、合併症が起きてしまうと、その後の処置は大きな施設にお願いしないといけないことが多いですが、当院では不測の事態でも責任を持って対応したいという思いから、万全の体制と設備を整えていますので、安心してお越しいただきたいと思っています。 例えば、手術の後、遠くがよく見えるようにした場合、近くを見る時には通常、眼鏡が必要になります。 当院では、一般眼科だけでなく、白内障や眼瞼下垂などの日帰り手術、レーザー治療なども行なっています。

もっと

たまプラーザやまぐち眼科(たまプラーザ駅・眼科)|横浜ドクターズ

・ハードコンタクトレンズを装用中の方で、新たに処方希望の場合は、事前に1週間前からコンタクトレンズの装用をやめて頂く必要があります。 眼瞼下垂の手術では、見え方だけでなく、見た目にも変化があるので、患者さまに喜んでもらえることがやりがいに繋がっています。 045-905-5777 カテゴリー• 中学生の時、祖父をすい臓がんで亡くしました。 例えば、白内障手術では、単に、矯正視力が良好であれば成功というわけではなく、『裸眼で遠くが見えるようにしたい』『読書が好きだから近くを楽に見えるようにしたい』『眼鏡が嫌いだからなるべく眼鏡を使わないようにしたい』など、患者さんのご希望をしっかり把握し、術後に思った通りの見え方を達成して初めて成功と思っています。

もっと

たまプラーザやまぐち眼科|横浜市青葉区・たまプラーザ駅3分|白内障手術

眼科の手術では、術後に患者さまご自身が変化に気づきやすく、『見やすくなった』『生活が楽になった』などのお声をいただくことが一番の励みになります。 手術もあっという間に手早く終わり 途中経過などを先生が話して下さり 不安を感じることなど一切なく、安心して受けることが 出来ました。 そんなの決められないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、 手術の後に、眼鏡を使うことに抵抗があるかないか、どんな見え方を望むか、趣味や好きなことは何かを教えていただければ、どちらのレンズがよいかアドバイスできますのでご相談ください。 少なくとも何か良い方法がないか一生懸命考え、できる限りの事はさせていただきます。 大切なのは、そのデメリットも知った上で、自分にとって単焦点と多焦点とどちらが合ったレンズかをよく考えて決めることだと思います。 当院では、白内障手術をするかは患者さまの意思が重要で、最終的には患者さまに決めていただきますが、その判断に必要な情報、現在の眼の状態と手術をすることのメリット、デメリットはしっかり話し、その上で、視力や白内障の状態からだけでなく、患者さまの訴えや生活の様子から、手術をした方がよいかどうかは一緒に考えたいと思っています。

もっと

たまプラーザ駅周辺のの口コミでおすすめの眼科を11選!土曜・日曜日対応の眼科や赤ちゃん・子ども対応の小児眼科はどこ?

土曜も診療。 また、お電話でもご予約承っております。 たまプラーザ駅徒歩3分の『たまプラーザやまぐち眼科』白内障等の手術実績5,000件以上。

もっと

my3bees

また、コントラスト低下は白内障以外の眼の病気がない元気な眼の方にはさほど問題にならなくても、緑内障や糖尿病網膜症など他の眼の病気をお持ちの方には、影響が大きく出てしまうことがあり、白内障の手術の後にかえって視力が下がってしまうなんてことにもなりかねません。 その多焦点眼内レンズのデメリットですが、大きく以下の3つがあります。 子供が幼少期から診て頂いており、10年近くになりますが 先生が開業されるとのことで、家族でお世話になっております。 白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。

もっと

山口 大輔 院長|たまプラーザやまぐち眼科(たまプラーザ駅・眼科)|横浜ドクターズ

単焦点眼内レンズは焦点、つまり、よく見える位置は1か所になります。 私は消化器外科を5年した後、横浜市青葉区の昭和大学藤が丘リハビリテーション病院、旭区の上白根病院を中心に眼科診療を行ってまいりました。 病気だけを診るだけでなく、患者様の大切にしていることを可能な限り尊重し、人と人として向き合い、会話をしながら、一緒に治療を行ってまいりたいと思います。 元々、手術をしたいという気持ちから外科を選びましたが、大きな手術よりも手先を使った細かい手術が得意だったこと、いずれは開業したいという気持ちが芽生え、大学病院や一般病院で培った手術経験を開業後にも活かせる眼科に魅力を感じ、眼科に転向しました。 お子さまの目のしこり(霰粒腫)などの処置も可能ですし、若い方のドライアイ、アレルギー疾患の治療も行なっています。 もちろん、このようなマイナス面を考慮しても、多焦点眼内レンズのメリットは大きく、とても便利なレンズです。

もっと

山口 大輔 院長|たまプラーザやまぐち眼科(たまプラーザ駅・眼科)|横浜ドクターズ

子供が幼少期から診て頂いており、10年近くになりますが 先生が開業されるとのことで、家族でお世話になっております。

もっと