ミスティック リバー。 ミスティック・リバー

ミスティック・リバー : 作品情報

こんな時間の使い方、僕はとっても大好きです(笑) 料金• ジミー、ショーン、デイブにそれぞれストーリーがあり、群像劇ではないのですが、ジミーとデイブのラスト以外は話をする程度であまり深く絡むことはありません。 翌朝、ケイティーが帰っていないことに気づくジミー。 しかし、彼自身が25年前のアレもあり、彼が取った行動や見せた素振りから考えて、悪い結果を招いてしまったことは確かでしょう。 ショーンの電話が鳴り、その妻からの無言電話に、俺が悪かった、戻ってきてほしい、と語りかけます。 ショーンは事件担当の刑事として、デイヴは事件当日の目撃者の一人として。 ショーンは、ジミーに語りかけます。

もっと

【感想】「ミスティック・リバー」後味の悪くない、あの結末

ケイティの恋人であり、容疑者でもあるブレンダンの弟レイです。 デイブは、ケイティを見た事は証言しますが、帰宅時刻を「1時15分」と偽り、手の怪我も「ゴミ処理機で怪我をした」と伝えます。 この台詞からは、酷い目に遭った娘への同情と共に、ジミーにとって、「あの時」車に乗らなかった者の証としてケイティの存在があったことが分かります。 レイの父はかつてジミーを警察に売った裏切者で、ジミーは出所後に復讐を果たしレイの父を殺した。

もっと

『ネタバレ』「ミスティック・リバー」を観ました。

セレステはデイブを探し、彷徨う。

もっと

映画『ミスティック・リバー』の解説(ネタバレ有)分裂した物語をつなぎとめた一つの「裏」|kurashicreate

もしデイヴが「あの時」死んでいたら、間違いなく犠牲者はデイヴだと誰もが思えたはずです。 ハッピーだけれども最後十字架にかけた罪は今後どうなるかはわかりません。 彼は娘の足取りや人間関係を調べていきます。 しかしのラスト、登場人物たちの結末から我々は「生きる」ということについて考えさせられます。 誰かが嘘をついているのかもしれないし、意外な人物が犯人だったりもする。 というぐらいしかしていません。 映画『ミスティック・リバー』のあらすじや解説、評価についてご紹介します。

もっと

ミスティック・リバー

なぜなら背中に十字架の刺青を背負い、十字架を背負いながら生きていく決意をし、何があっても支えてくれる良き妻、強い妻がいるからです。 幼馴染の関係を断ち切り、容疑者と捜査官となった、 2人の新たな関係を印象付けるラストシーンで、デイブが取ったリアクションは、 「悲劇の連鎖」から決して逃れられない、自分の宿命を感じた瞬間のようにも見えます。 受賞 - 主演男優賞(ショーン・ペン)、助演男優賞(ティム・ロビンス)• しかし、映画を見終わった後、我々が考え、何を思うか、それが人によって異なり、そして出口がないような思考のループに陥る。

もっと

『ミスティック・リバー』(2003年)について

レイは生まれつき身体上の障害により口がきけません。 3人でセメントに名前を刻まなければ、デイヴは誘拐されることはなかったかもしれない。 ちょうどジミーの娘が亡くなった日、デイブも彼女と同じバーに居合わせました。 不思議な清々しさすら。 しかしそれを省略、「裏」のシーンにする。

もっと

ミスティック・リバー|MOVIE WALKER PRESS

デイヴはそれから25年経った今も、傷を抱えたまま生きている。 また、料金はお一人様6000円のご利用でお願い致します。

もっと